2014-01-06

Starry-Eyed Serenaders - Dreamy Doo Wop, Romantic R&B, Passionate Pop




ジェフ・ベックのナイスな裏仕事『クレイジー・レッグス』の
プロデューサーで、BBCラジオや『メロディ・メーカー』などで
パーソナリティーや評論家としても活躍、


大のアメリカ音楽オタクとしても有名なイギリスのベテラン音楽家、
スチュアート・コールマン(元フライング・マシーン)の監修・選曲による、
50年代から60年代初頭のドゥワップ、リズム&ブルースやロックンロールの
スウィートなキラー・チューンやバラードを集めたロマンティック企画!


Starry-Eyed Serenaders - Dreamy Doo Wop, Romantic R&B, Passionate Pop
スターリー・アイド・セレナーデ – 夢見るドゥワップ、ロマンティックなR&Bと情熱的なポップ音楽

CD One

1. Just Like The Bluebird (The Genies)
2. I Do (The Crests)
3. A Second Helping Of Cherry Pie (Marvin and Johnny)
4. Can I Come Over Tonight (The Velours)
5. Father Time (The Turks)
6. This Little Light Of Mine (Robert Peebles)
7. Your Tender Lips (The Clovers)
8. A Fallen Tear (The El Dorados)
9. Teenage Vows Of Love (The Dreamers)
10. My Own True Love (The Duprees)
11. Two Timing Lover (The Lions)
12. Dorothy (The Hi-Fives)
13. The Voice (Fred Parris and The Scarlets)
14. Angel (The Lavenders)
15. Gee How I Wish You Were Here (Curtis Lee)
16. My Steady Girl (The Rays)
17. Two People In The World (Little Anthony and The Imperials)
18. You Know (The Electras)
19. The Castle Of Love (The Raiders)
20. The Girl I Love (The Glowtones)
21. Life Is But A Dream (The Harptones)
22. Two Hearts Make One Love (The Wisdoms)
23. I’m In The Mood For Love (The Chimes)
24. Spring Fever (The Velvets)
25. I Wonder (If Your Love Will Ever Belong To Me) (The Pentagons)

CD Two

1. This I Swear (The Skyliners)
2. Down In Cuba (The Royal Holidays)
3. I’m Sorry (Bo Diddley)
4. Crying For You (The Cineramas)
5. Glad To Be Here (Lee Andrews and The Hearts)
6. Oh What A Feeling (The Five Fleets) [NB: not featured on promo copies]
7. I Laughed (The Jesters)
8. Florence (The Paragons)
9. I’ll Stop Wanting You (The Moonglows)
10. Lovers Never Say Goodbye (The Flamingos)
11. I Remember (The Five Discs)
12. Spiral (The Elegants)
13. On My Word Of Honor (The Platters)
14. I Don’t Want To Cry (Big Maybelle)
15. Just Like A Fool (The Robins)
16. I’m So Happy (Tra-la-la-la-la-la) (Lewis Lymon and The Teenchords)
17. Comin’ Home (The Nutmegs)
18. Oh My Love (The Drifters)
19. Be My Boy (The Paris Sisters)
20. You Mean Everything To Me (Neil Sedaka)
21. I’ll Be Around (The Castaleers)
22. Teenage Love (Frankie Lymon and The Teenagers)
23. Castle In The Sky (The Bop-Chords)
24. Camera (Jimmy Beaumont)
25. Does My Love Stand A Chance (The Del-Satins)



◆ 1950年代半ばから60年代初頭にかけてのリズム&ブルースやドゥワップ、ロックンロールなどオールディーズ楽曲を、スウィートでロマンティックなムードを持ったバラードを中心にセレクトした好企画盤『スターリー・アイド・セレナーデ』。


◆ クローヴァーズ、デュプリーズ、クレスツやハープトーンズなどオールディーズ・ファンにもおなじみのグループを中心に、ロバート・ナイトが「Everlasting Love」のヒットでブレイクする前にレコーディングしていたロバート・ピーブルス名義でのレア楽曲や、ジェリー・ロスがプロデュースした、ギャンブル&ハフのテリー・ハフもメンバーとして在籍していたラヴェンダーズなるボーカル・グループのマニア好みな一曲など、驚きの新発見や発掘モノも織り交ぜながら、多彩なラインナップで、ポップ・ミュージック黄金時代のエバーグリーンな魅力をぎゅっと濃縮。


◆ コースターズの前身グループで、リーバー&ストーラーの初期仕事としてもコレクターに人気のロビンス「Just Like A Fool」、ブルース、ソウルから初期のラップまで、まさにブラック・ミュージックの歴史そのものといってもいい名士ボビー・ロビンスンのペンによるルイス・ライモン「I’m So Happy」、「A Story Untold」のヒットで知られるナツメグス驚きの青春ジャイヴ「Comin’ Home」、流れるようなストリングスも美しいベン・E・キング在籍時のドリフターズによる麗しのバラード「Oh My Love」、フィル・スぺクター初期のイイ仕事としてファンにはおなじみのパリス・シスターズ「Be My Boy」あたりの流れもスバラシイ!


◆ 天にも昇るような心地よいハーモニー、シンプルでストレートに心を打つ甘いメロディと洗練されたアレンジに彩られた珠玉のポップ・ソングの数々。当時を知るオールディーズやドゥワップのファンはもちろんですが、ネオ・ヴィンテージや現行アーバンのルーツのひとつを垣間見るようなセレクトは、リリースから半世紀以上の長い時間を経ていまなおフレッシュ!ふだんはあまりこのジャンルになじみのないリスナーにも是非チェックしてもらいたいです。バレンタインのお供にどうぞ。


◆ シングル盤のカタログ番号を含む解説(対訳付き)も45コレクターにはありがたし!