2021-10-27

【リリース情報】 COMMUNARDS: Communards (35 Year Anniversary Edition)

 


ブロンスキ・ビートのジミー・ソマーヴィルが率いたシンセ・ポップ・ユニット、コミュナーズのデビュー作が35周年を記念してリマスター復刻。


シングル1位にも輝いたハロルド・メルヴィンのカバー「Don't Leave Me This Way」を筆頭に「イギリスでもっとも美しいファルセット」が全曲で炸裂!


貴重なラジオ・セッションやデモ、リミックス、シングル曲などからなるボーナス・ディスク付きの2枚組拡大盤。


コミュナーズ/コミュナーズ(35周年記念盤)

COMMUNARDS: Communards (35 Year Anniversary Edition)
London Records


CD 1

1. Don’t Leave Me This Way
2. La Dolarosa
3. Disenchanted
4. Reprise
5. So Cold The Night
6. You Are My World
7. Lover Man
8. Don’t Slip Away
9. Heavens Above
10. Forbidden Love
11. Don’t Leave Me This Way (Gotham City mix part two)
12. Disenchanted (Dance)
13. Sentimental Journey
14. When The Walls Come Tumbling Down

CD 2

1. So Cold The Night (Janice Long 23rd October 1985)
2. Don’t Slip Away (Janice Long 23rd October 1985)
3. America (Janice Long 23rd October 1985)
4. Forbidden Love (Janice Long 23rd October 1985)
5. La Dolarosa (Janice Long 23rd October 1985)
6. You Are My World (Extended 12” Version)
7. Don’t Leave Me This Way ("RUFF" Mix)
8. Heavens Above ("RUFF" Mix)
9. Summertime (DEMO)
10. Lover Man (Alternative Version)
11. Forbidden Love (Alternative Version)
12. Breadline Britain
13. Never No More
14. So Cold The Night (Remix)
15. Judgement Day
16. Don’t Leave Me This Way (7th Heaven Club Mix)

2021-10-18

【VIDEO】 Trentemøller: All Too Soon

 



Lisbet FritzeのボーカルをフィーチャーしたTrentemøllerのニュー・シングル「All Too Soon」リリースとなりました。アルバムは来年2月予定です。



 

2021-10-15

NTO & Monolink - Beyond Control

 



新作『Under Darkening Skies』をリリースしたばかりのモノリンクがフランスのエレクトロニック・プロデューサーNTOとコラボ。NTOのデビュー・アルバム『Apnea』に収録されております。

2021-10-14

【リリース情報】 VITALIC: Dissidænce (Episode 1)

 


フランスを代表するエレクトロニック・プロデューサー、ヴィタリック4年ぶりの新作。


シングルではキディ・スマイルをフィーチャーするなど新たな展開を見せつつ、ノスタルジックなディスコ・モードへと回帰した前作から一転、疾走感と推進力、ささくれだったラフな出音が多めで、『OK Cowboy』がフラッシュバックしそうな、原初のパワーが炸裂した快心作に。


エレクトロ・ロックのひな形を作ったパイオニアの貫禄に脱帽!


ヴィタリック/ディシダンス(エピソード 1)

VITALIC: Dissidænce (Episode 1)
Clivage Music (RTMCD-1510)

1. Haute Definition
2. Rave Against the System (feat Kiddy Smile)
3. Lost Time
4. Danse avec moi
5. Cosmic Renegade
6. 14 AM
7. Boomer OK
8. Carbonized

2021-10-13

PP Chill Pill III 80000 Takeover (SOFIE)

 

ソフィーさんのミックスいかがでしょうか。


パブリック・ポセッション・レーベルのコンピ『Chill Pill』第3弾のリリースを記念して作られたもの。

2021-10-12

【リリース情報】 ENTHUSIASMS Issue #2 (Efficient Space)

 


ワクワクジュンジジョー・トッシーニなどをリリースしているオーストラリアのレーベル、エフィシエント・スペースによる雑誌の第2号。リチャード・H・カーク、ロス・バント、CS + Kreme、ブレイザー・サウンドシステム、ワクワクジュンジ、キシ・ヤマモト(ON-U SOUND)、ローランド・P・ヤングなどの記事やインタビューを掲載。88頁。


Issue #02 of ENTHUSIASMS, Efficient Space’s annual publication, further maps the label’s extended universe of contributors and influences across 88 full-colour pages of offline content, featuring extensive conversations with like-minded duos CS + Kreme and Blazer Sound System, Melbourne minimal composer Ros Bandt, the master of paranoia-inducing electronics Richard H Kirk and Tel Aviv-based Isophonic musician Roland P. Young. Rarely seen pictorial spreads find Yolngu cultural warrior and Waak Waak Djungi songman Bobby Bununggurr sharing stories behind his traditional paintings and On-U Sound’s dream team of misfits viewed through the lens of label co-founder and in-house photographer Kishi Yamamoto, alongside the collaborative art of Joshua Petherick and Midnite/3AM Spares compiler Lewis Fidock. The publication’s fantasy mixtapes also continue with playlists from YL Hooi, Julien Dechery and David Pinhas, Time Is Away, Grace Ferguson and Ivan Liechti. Perfect bound and designed, as always, by Steele Bonus.







2021-10-11

【リリース情報】 ALEX BEAUPAIN: Love On The beat

 


『愛のあしあと』などクリストフ・オノレ監督映画のサントラ仕事でもおなじみのフランスのコンポーザー、シンガー/ソングライター、アレックス・ボーパン新作は何とゲンズブール名作『Love On The beat』を丸ごとカバー!


しかもフレンチ次世代最注目アクトの一角Saint DXのプロデュースで心地よいメロウ・グルーヴが全曲で炸裂!


アレックス・ボーパン/ラヴ・オン・ザ・ビート

ALEX BEAUPAIN: Love On The beat
Because Music (RTMCD-1508)

1. love on the beat 
2. sorry angel 
3. hmm hmm hmm 
4. kiss me hardy 
5. no comment 
6. I’m the boy 
7. harley david son of a bitch 
8. lemon incest