2022-05-20

独 hfn music が13周年


 


トレントモラーやキャスパー・ビヨーケらを手掛けるドイツの hfn music が13周年とのこと。


グルーパー、ビーチ・ハウス、ブライアン・ジョーンズタウン・マサカーにカリブーらをフィーチャーしたトレントモラーのこちらのミックス『Harbour Boat Trips』からスタートし。




トレントモラー、昨今のシューゲイズなロック・モードへの傾倒も、このミックスを聴いていると納得です。
 

2022-05-16

【リリース情報】 WhoMadeWho: UUUU

 


エレクトロ、ロック、ミニマル・テクノやハウスなどジャンルの垣根を越え00年代後半から広く人気を博し、ソウルワックスやLCDサウンドシステムに対する北欧からの回答ともいわれたデンマークの3人組ダンス・バンド、フーメイドフーの2022年最新アルバム。


ベルリン新鋭Rampaとコラボしたメロディックなタイトル曲をはじめ、ソリッドなグルーヴをキープしつつディープでアトモスフェリックなエレクトロニック・モードへのシフトを一気に加速した新機軸作。


フーメイドフー/UUUU

WhoMadeWho: UUUU 
Embassy One (RTMCD-1537)

1. WhoMadeWho - The Fall
2. WhoMadeWho & Rampa - UUUU
3. WhoMadeWho – Silence & Secrets
4. WhoMadeWho – Moon After Moon
5. WhoMadeWho feat. Kat Frankie – Elsewhere
6. WhoMadeWho – Ojo De Agua
7. WhoMadeWho – LIFE
8. WhoMadeWho & Rampa – Everyday
9. WhoMadeWho – Never Alone
10. WhoMadeWho – Summer (Album Edit)
11. WhoMadeWho – Hera
12. WhoMadeWho – Mermaids
13. WhoMadeWho feat. AVA4K - 11-11

2022-05-14

MOJO Time Machine: Bronski Beat

 


イギリスの音楽メディア『MOJO』にブロンスキ・ビートによる「It Ain’t Necessarily So」のカバーにまつわる記事が。




オペラ『ポーギーとベス』の劇中歌で、のちに多くのカバーを生んだガーシュウィンのスタンダード・ナンバー。ブロンスキ・ビートのバージョンは先日再発されたアルバム『The Age Of Consent』からのサード・シングル。1984年12月にシングル・カットされ、85年1月に全英チャートでトップ20入りしました。

2022-05-02

【リリース情報】 JAN DUINDAM: Thoughts

 


オランダのSSWヤン・ドゥインダムの70年代ソロ初作をスペインの発掘レーベル<Guerssen>が復刻。


アメリカのインディ・バンド、ミッドレイクのお気に入りとしても知られる「Happiness And Tears」ほか、色あせることない珠玉のフォーキィ・サウンドを満載した隠れた名作。


歌、ムード、アンサンブル、いずれも同時代の英国フォーク勢と比べても遜色ないクオリティを有しております。


ヤン・ドゥインダム/ソーツ

JAN DUINDAM: Thoughts
Guerssen (RTMCD-1532)

1 Happiness and Tears
2 A Dream
3 Jonas Duyadans favourite
4 Birds
5 A Nightmare
6 The Loner
7 The Point Of Life
8 The Flowers Of Alienation
9 Words (Are Like Leaves)
10 Comp
11 What Did You Feel
12 Litany

2022-04-28

【リリース情報】 Andergraun Vibrations! Spanish Hard Psych And Beyond 1970-1978

 


70年代スペインのアンダーグラウンドなワイルド・サウンドを集めたコンピレーション。


ローカル・シーンのダイヤの原石、一発屋や不発弾が大集結、とにかくどのバンドも熱量が突出。


タイトルは「ハード・サイケ」を謳っておりますがファンキー&ダンサブルなレアグルーヴ寄りの曲も多数でロックやファンクの垣根を越えオススメ。


アンデルグラウン・バイブレイションズ! スパニッシュ・ハード・サイケ・アンド・ビヨンド 1970-1978

Andergraun Vibrations! Spanish Hard Psych And Beyond 1970-1978
Hundergrum Records (RTMCD-1533)

1. EXPRESION: La luz del fin del mundo 
2. MADERA DE CIPRÉS: Lejos de aquí 
3. GALAXIA: La noticia 
4. XETXU: Xohana Parte 2. 
5. SKORPIS: No hay tiempo para creer 
6. IBIZA SOUND: Ad–Lib Parte 2. 
7. MODIFICACION: Across the time 
8. THE MATCHES: Eo Santana 
9. UNIDADES: Much more 
10. SHOCK: No se puede ser Superman 
11. ALL & NOTHING: Underground Vibrations nº2 
12. CICLON: Mr Mague 
13. ALBERT BAND: Ella tiene el cabello rubio 
14. RUDY VENTURA: Soy un soñador 
15. SKORPIS: The somnambulist 
16. PIÑONATE: Anídame

2022-04-25

ブレインワルツェラのインタビュー

 



新作『ITSAME』をリリースしたばかりのブレインワルツェラのインタビューがResonance FMに。デビュー以来ライブはせず取材もあまり応じず、ということでいまなおあまり素性の知れぬアクトの貴重な肉声が。ぜひお聞きください。





2022-04-21

ブロンスキ・ビートの「トップ・オブ・ザ・ポップス」映像

 



ブロンスキ・ビート(マーク・アーモンド入り)、「トップ・オブ・ザ・ポップス」で「I Feel Love」を披露。




この曲を含む『The Age Of Consent』の再発盤がリリースとなっております。


当時を知る方もそうでない方も、ぜひこの機会に改めまして…