2021-11-09

【リリース情報】 MAGI: Win or Lose

 


米中西部が生んだハード&ヘヴィー・サイケ至宝マージの唯一作が、クリスタローガーの再発を手掛けたディガーのジェレミー・カーギルが主宰する発掘レーベル「ゴット・カインダ・ロスト」から初のオフィシャル・リイシュー。


マージ/ウィン・オア・ルーズ

MAGI: Win or Lose 
Got Kinda Lost (RTMCD-1509)

1. Win or Lose
2. Undecided Man
3. I Didn’t Ask You
4. Steve’s Jam
5. Fryin’ Away Time
6. Snow Bound
7. Runnin’ Low
8. Everytime I’m With You





◆ マージはラストベルトの最果て、米インディアナ州ゴーシェン出身のヘヴィサイケ&ハードロック・バンド。オルタナ・カントリーの人気バンド、ロング・ライダーズのトム・スティーヴンスがキャリア初期に所属していたことでも知られている。


◆ その唯一のアルバム『Win Or Lose』は、名門チェスのエンジニアだったブライス・ロバーソンが立ち上げたスタジオ&レーベル「サウンド・マシーン」から1976年に発売された。

◆ ラフでありながらも太く固く、かつ繊細なニュアンスに富んだ突出したサウンドは、エアロスミスや初期のキス、アリス・クーパーを引き合いに出して語られるなど、ヴィンテージ・ロック愛好家たちのあいだではかねてより評判だった。

◆ 80年代から幾度か非公式再発はあったが、オフィシャルではこれが初めてのリイシュー。クリスタローガーの再発を手掛けたことで注目を集めたディガーのジェレミー・カーギルが主宰する発掘レーベル「ゴット・カインダ・ロスト」からのリリース。ブックレット日本語対訳付き。