2013-08-26

Goush Bedey




レアグルーヴ・シーンのヴァスコ・ダ・ガマとも噂される
驚異の新興レーベル<ファラウェイ・サウンズ>から、
イスラム革命前イランのヴィンテージ音源をしゃぶり尽くす
好シリーズ「革命前イランのファンク&ポップ・サイケデリア」の
最新にして最終章が到着!


ファインダーズ・キーパーズやサブライム・フリークエンシーズなど
とも共振しながら、独自の視点でアジアの更なるニッチを掘り起こす
世界音楽探検隊の集大成を目撃せよ!


Goush Bedey (グーシュ・ベデー)
Pharaway Sounds | ritmo calentito (RTMCD-1066)

Tracklist:

01. Soli – Sadaf
02. Shohreh - To Ke Nisti
03. Nooshafarin - Goriz
04. Sattar - Kashki
05. Shahrokh - Goush Bedey
06. Shohreh- To Bemoon
07 .Zia - Kermani (Instrumental)
08. Azita -Elahi
09. Sattar - Bot Shekkan
10. Neli -Do Parandeh
11. Azita -Bi To
12. Mahasti -Aziz-e Rafteh
13. Habib Mohebian -Yarane Man
14. Mahasti -Delam Tangeh
15. Maziar – Bot
16. Nooshafarin - Gharibeha










◆ 多くのレコード・マニアたちがアツい視線を送るディガー空白地帯イラン、その70年代のヴィンテージ音源をレアグルーヴ的な視点から掘り起こし纏め上げた好シリーズ「革命前イランのファンク&ポップ・サイケデリア」の最新第五弾が到着。

◆ 燃え盛るホーンとタイトなパーカッション、物悲しいフルートの三つ巴によるソリーの変拍子キラー「Sadaf」(M①)を筆頭に、今回も快調に飛ばしてくれます!

◆ トラディショナルな佇まいの中に唐突にズブリと射し込まれる穴ログ・シンセの響きに面食らうアジィタの「Elahi」(M⑧)や流麗なストリングスのオープニング後にサラリと強力なブレイクが牙をむく歌姫マハスティーの「Delam Tangeh」(M⑫)、ジュディ・オング風ストリングスに魅せられるヌーシャファリンのグルーヴィー歌謡「Goriz」(M③)などなど、お宝ザクザク!

◆ 1979年のイスラム革命以降、ポップスの演奏や音源出版が厳しく統制されているイラン。本シリーズは、イランのポップ音楽がまだ自由を謳歌していた古き良き時代の貴重なドキュメンタリー。ペルシャのルーツと、ファンクやロックなどの欧米マナーのポップ音楽の文化的クラッシュ、その奥深くバライエティー豊かな多層性をディガー感覚で巧みに切り取りパッケージ化した好企画。

◆ ファインダーズ・キーパーズやサブライム・フリークエンシーズ、ヴァンピ・ソウルなどとも共振しながら、独自の視点でアジアの更なるニッチを掘り起こす世界音楽探検隊の集大成(本シリーズは今回が最終章)、是非とも更なるサポートを、お願い致します!