2013-09-23

DANIEL AVERY: Drone Logic





2015.9.11追記: 初来日決まりました!

http://calentitomusic.blogspot.jp/2015/09/daniel-avery.html



ホラーズやプライマル・スクリームのリミックス、
ジャスティン・ロバートソンとのコラボやオプティモ・レーベルからの
リリース、ファブリックのミックスCDリリースなど飛ぶ鳥を落とす勢いで
急速にそのプロップスを高めつつあるUKの新鋭ダニエル・エイヴリー
による待望のデビュー・アルバムが、エロル・アルカン主宰
<Phantasy Sound>から登場!


ヒプノティックなシンセのドレープと飛び散るアシッド、
フロアを根こそぎさらい上げるようなヘヴィーなビートと
ウェザオール直結のゴスいヤサぐれテック・サウンドが炸裂した強力盤。

















ダニエル・エイヴリー/ドローン・ロジック
DANIEL AVERY: Drone Logic
Phantasy Sound | ritmo calentito (RTMCD-1068)


AMAZON


1. WATER JUMP
2. FREE FLOATING
3. DRONE LOGIC
4.THESE NIGHTS NEVER END
5.  NAÏVE RESPONSE
6. PLATFORM ZERO
7. NEED ELECTRIC 
8. ALL I NEED
9. SPRING 27  
10. SIMULREC
11. NEW ENERGY (LIVE THROUGH IT) 
12. KNOWING WE’LL BE HERE


◆ DJとして、プロデューサーとして瞬く間に頭角を現し、いまイギリスのアンダーグラウンドなクラブ・シーンで最もその将来が嘱望されている期待のニューカマー、ダニエル・エイヴリー。


◆ 2012年の初頭にアンディ・ウェザオールが『Time Out』誌で「いま最も注目すべき新しいDJ」としてダニエルの名前を挙げると、彼に注がれる視線は一気にヒートアップ、ザ・ホラーズやジャンゴ・ジャンゴ、メトロノミー、2ベアーズ、アスフォデルス、デッドストック33s(ライオンロック/ジャスティン・ロバートソン)などから次々とリミックスのオファーが舞い込む事態に。プライマル・スクリームは2013年の新作『モア・ライト』からのニュー・シングル『Invisible City』のリード・トラックとしてダニエルのリミックスをフックアップ、シングル発売に先駆け7月アタマから彼のリミックス・バージョンを特大プッシュ中。


◆ そんなダニエル・エイヴリーによる、昨秋の『Fabriclive 66』に続く二枚目のオフィシャルCD作品にして、初めてのアーティスト・アルバム。Bang Gang 12inches、Tigersushi、RelishやOptimo Music、Throne Of Bloodなど数々の名門/老舗レーベルからのシングル・リリースを経て、アルバムは、現在進行形UKクラブ・シーンのフィクサーとしてもおなじみのエロル・アルカン主宰<Phantasy Sound>から。


◆ もともと、ウェザオールとのB2Bやティガ、ダミアン・ラザルス、イヴァン・スマッグ(KILL THE DJ)、Secret Sundazed(Giles Smith & James Priestley)らとの共演を通じてパーティー・フリークスたちのあいだでDJとして圧倒的な現場支持を獲得していたダニエルですが、そのプロダクションのフリークアウト加減もハンパない!


◆ UKらしいファンキーなブレイクビートを基調としたM①「Water Jump」や重く引き摺るような4つ打ちのアルバム・タイトル曲「Drone Logic」(M③)、Phantasyからの記念すべきデビューEPのトップを飾った「Need Electric」(M⑦)などなど、趣向を凝らした表情豊かな太いビートの上で、アシッド&サイケデリックなウワモノのトバシが極悪な渦を巻き、トランシーなシンセが音の洪水のように降り注ぐ。


◆ ダーク/ゴシックで塗り固めながらも、音の端々にどこかほんのりとした光を帯びた、ユニークなコントラストを有したセンシティヴなサウンドスケープは、唯一無二かつ圧倒的。一曲たりともハズレは無しで、カール・クレイグ『More Songs About Food And Revolutionary Art』やプラスティックマン『Consumed』、或いは近年のフォー・テット諸作のように、単なるシングル曲の寄せ集めではない、アルバムとしてトータルでの鑑賞に堪えうる、突出したダンス・ミュージック作品となっています。


◆ アンディ・ウェザオール、ティガ、イヴァン・スマッグ、ダミアン・ラザルス、ニーナ・クラヴィッツ、ダブファイヤー、レディオ・スレイヴ、ポール・ウールフォード、ギ・ボラット、ジョシュ・ウィンクなどのファンにオススメ。クラブ・ファン全方位にレコメンドできる秀作です。


◆ 全曲ダニエル自身のプロデュース。ボーカルはKelly Lee Owens(③⑤⑫)、Scarlett Etienne(⑧⑪)、Rebekah Rah(①)。



是非ともご注目ください。