2019-04-04

【リリース情報】 BANANARAMA: The Greatest Hits Collection




「Venus」のヒットでおなじみのイギリスを代表する女性グループ、バナナラマのベストがボーナス・ディスク付きの拡大版で再発に。


「Venus」「Love in the First Degree」「Shy Boy」など懐かしのヒット曲を網羅したファン必携の決定版。


バナナラマ/グレイテスト・ヒッツ

BANANARAMA: The Greatest Hits Collection
London Records / Wordandsound (RTMCD-1397)

Disc 1

1. Venus
2. I Heard a Rumour
3. Love in the First Degree
4. I Can’t Help It
5. I Want You Back
6. Love, Truth & Honesty
7. Nathan Jones
8. Really Saying Something (feat. Fun Boy Three)
9. Shy Boy
10. Robert De Niro’s Waiting…
11. Cruel Summer
12. It Ain’t What You Do It’s the Way That You Do It
13. Na Na Hey Hey (Kiss Him Goodbye)
14. Rough Justice
15. A Trick of the Night
16. Aie A Mwana
17. More Than Physical
18. Do Not Disturb
19. Hot Line to Heaven
20. The Wild Life
21. Cheers Then

Disc 2

1. Really Saying Something [U.S. Extended Version]
2. Shy Boy [U.S. Extended Version]
3. Na Na Hey Hey (Kiss Him Goodbye) [Extended Version]
4. Robert De Niro’s Waiting… [Extended Version]
5. Venus [Hellfire Mix]
6. More Than Physical [Garage Mix]
7. I Heard a Rumour [Miami Mix]
8. Love in the First Degree [Eurobeat Style]
9. I Can’t Help It [The Hammond Version Excursion]
10. Nathan Jones [Psycho Mix]
11. Cruel Summer [’89 Swing Beat Dub]


◆ バナナラマは、カレン・ウッドワード、サラ・ダリン、シボーン・ファーイの3人からなるイギリスの女性グループで1981年に活動をスタート。ストック・エイトキン・ウォーターマンがプロデュースした「Venus」がUSでもNO. 1ヒットとなり80年代半ばに大ブレイク。シボーンは80年代末に脱退するもグループは90年代以降も定期的にアルバムをリリース、現在に至るまで活動を継続している。


◆ 本作『The Greatest Hits Collection』はグループにとって初めてのベスト盤で、シボーンが脱退した1988年にロンドン・レコードからリリースされた。それまでの4枚のアルバムからの楽曲を中心に、未発表「Love, Truth & Honesty」やファン・ボーイ・スリーとのコラボなども収録。ジャスティスやメトロノミーでおなじみの仏ビコーズ・ミュージックがロンドン・レコードのカタログを取得したことを受けての再発。リミックスなど11トラックを収めたボーナス・ディスク付きの拡大版。


◆ 「Love in the First Degree」や「I Want You Back」を含む87年作『Wow!』は、英『Classic Pop Magazine』による「ストック・エイトキン・ウォーターマンのイイ仕事15選」企画の第2位に選出。いまだ色褪せぬディスコ~ユーロビートの金字塔。


◆ 2017年にはシボーンが期間限定ながらも奇跡の復帰を果たし3人揃い踏みでツアーを行い大きな話題を振りまいた。2019年にはシボーン未参加ながら久々に新作もリリース。シボーンはバナナラマ脱退後にはじめたシェイクスピアズ・シスターをリユニオン、新曲を出しツアーも行うなど活動を活発化させている。