2019-08-15

【リリース情報】 TRENTEMOLLER: Obverse




デンマークのトップ・プロデューサー、トレントモラーの2019年最新アルバム(通算第5作)が完成。


ウォーペイントやスロウダイヴのメンバーもゲスト参加、近年のアトモスフェリックなシューゲイズ路線をさらに推し進めエレクトロニックやインディの壁を軽やかにまたいだ意欲作に。


トレントモラー/オブヴァース

TRENTEMOLLER: Obverse
In My Room (RTMCD-1404)

A1 / 01. Cold Comfort
A2 / 02. Church Of Trees
B1 / 03. In The Garden
B2 / 04. Foggy Figures
B3 / 05. Blue September
C1 / 06. Trnt
C2 / 07. One Last Kiss To Remember
D1 / 08. Sleeper
D2 / 09. Try A Little
D3 /10. Giants




◆ トレントモラーは2006年にアルバム・デビューしたデンマークのプロデューサー。フランツ・フェルディナンド「No You Girls」のリミックスでグラミーにもノミネート。


◆ 初期のテック/エレクトロニック路線から一転、ここ数作は、ドラムス、ロウ、ブロンド・レッドヘッド、レヴォネッツにサヴェージズと、インディ/ロック畑のアーティストとのコラボで新機軸を開拓している。


◆ 本作もその路線を継承しさらに推し進めた意欲作に。M①「Cold Comfort」ではスロウダイヴのレイチェル・ゴスウェルが、M⑨「Try A Little」ではウォーペイントのジェニー・リーが、ボーカルでゲスト参加。


◆ シューゲイズ、クラウトロック、ミニマル、アンビエント、コズミックやインダストリアルなどなど、新旧のさなざなエレメントが溶融し独自スタイルへと昇華。北国ならではの不機嫌な重苦しさと得も言われぬメランコリックなムードの対比も実に精妙。ジャンルの磁場から解き放たれたトレントモラーならではのエキサイティングな音宇宙を堪能いただける、キャリア史上最高傑作に!


◆ 2016年作『Fixion』に続く通算第5作。


https://www.trentemoller.com/
https://trentemoller.bandcamp.com/
https://www.facebook.com/trentemoller