2020-09-17

KUF - Re:Re:Re // 2020


 


人力ダンス・バンドKUFのライヴ映像いかがでしょうか。


新作『Re: Re: Re:』からの楽曲です。


今回のアルバムは全曲カバー。


KiNKやrRoxymore、Santiago Salazarなどなど。


ディスコの大御所パトリック・カウリーも。



2020-09-16

【リリース情報】 MOMBASA: Shango Over Devil's Moor - Live At Stagge's Hotel 1976




ニコ・ゴメスやワンネス・オブ・ジュジュと並ぶアフロ・レアグルーヴの人気バンド、モンバサが名作『African Rhythms & Blues』直後の76年に残したレアなライヴ盤。


乱れ飛ぶパーカッション、火を噴くホーン、揺らぐファンクとソリッドなグルーヴ…モンスター級のド迫力パフォーマンスを追体験できるあまりにも貴重なリリース。


これは生で観たかった!


モンバサ/シャンゴ・オーバー・デヴィルズ・ムーア ― ライヴ・アット・シュタゲズ・ホテル 1976

MOMBASA: Shango Over Devil's Moor - Live At Stagge's Hotel 1976
Sireena Records ‎(RTMCD-1446)

1 Soletho Part I
2 Soletho Part II
3 Soletho Part III
4 Soletho Part IV
5 Introduction
6 Makishi
7 Shango
8 African Hustle
9 Kenia
10 Serengeti
11 Lopalop

2020-09-15

I​:​Cube - Cubo Live Sessions Volume One




90年代から長いキャリアを持つフランスのエレクトロニック・プロデューサー、アイキューブ(I:Cube)のライヴ音源が蔵出しに。


ライヴ・セットならではの独特のテクスチャやムードをパッケージ化した貴重なリリース。ヴァイナルもカットされるようです。


ここ数年はシングルやリミックスを中心にマイペースな活動が続いておりますが『"M" MEGAMIX』(2012年)以来の久々のアルバムも期待したいです。
 

2020-09-14

【リリース情報】 Gewürztraminer: A bissl übertrieben




オーストリアはウィーンの人気ミクスチャー・バンド Gewürztraminer(ゲヴュルツトラミネール)の最新アルバム。


ジプシー・スウィング、ロックやパンク、スカ、タンゴ、シャンソン、アラブ、ラテンなど、さまざまなエレメントをゴッタ煮した、陽気だけれどもどこか独特の陰影がある表情豊かなライヴ・サウンドを武器にローカル・シーンで頭角を現した新進バンドです。


ご注目ください。


ゲヴュルツトラミネール/A bissl übertrieben

Gewürztraminer: A bissl übertrieben
Gewürz Records / Wordandsound (RTMCD-1458)

1. Sweet Sweet Gypsy Jazz
2. Ode ans Verlieben
3. Interlude 1
4. Tschü amoi
5. Gewinner
6. A night in Dinovski
7. Zwefendi
8. Things are not always what they seem
9. Am Sand
10. Bessarabiata
11. Ich liebe dich wegen meines Körpers

2020-09-13

Giorgia Angiuli Live set - Awesome Soundwave II | @Beatport Live




ジョルジア・アンギウリさんのライヴ・セットいかがでしょうか。


BPitch Controlからもアルバムを出していた二人組We Loveのひとりです。


2018年に『In a Pink Bubble』でソロとしてアルバム・デビュー。
 


2020-09-12

『HHV MAG』のレーベル特集にMelody As Truth




ジョニー・ナッシュ主宰「Melody As Truth」がドイツのショップ<HHV>のレーベル特集に。


https://www.hhv-mag.com/en/feature/11269/melody-as-truth-on-the-threshold-of-sound-and-silence


ミックスもいい感じです。


ぜひ記事チェックいただけましたらと。
 

現在のところの唯一のCDリリース『Framed Space: Selected Works 2014 -2017』もこの機会に改めましてご注目いただけましたら幸いです。


ジョニー・ナッシュがスザンヌ・クラフトと出会い交流を深めていくレーベル初期の軌跡をまとめた企画盤。ジジ・マシンとのコラボも。国内仕様盤のみ未発表3曲を収めたボーナスCDRを追加で添付。
 

2020-09-09

【リリース情報】 SAN IGNACIO: La Identidad es una Trampa




2019年に伝説的フォルクローレ蒐集家であるレダ・バジャダーレスのトリビュート企画を仕掛け急浮上したアルゼンチンの新進レーベルFertil Discos。


その主宰のひとり、サン・イグナシオのセカンド・アルバムが日本盤で登場。


二コラ・クルースやチャンチャ・ビア・シルクイート、バリオ・リンドらと共に南米の現行エレクトロニック・シーンの一角を形成、しかしながらとことん寸止めな唯一無二のスタイルで孤高の独自路線を突き進む異才です。今回もユル過ぎてトロけます。


サン・イグナシオ/ラ・イデンティダ・エス・ウナ・トランパ

SAN IGNACIO: La Identidad es una Trampa
Fertil Discos (CLTCD-2091)

1. Esto No Es Un Poema
2. Déjenme Gozar (ft.Lola Bhajan)
3. O Bem (ft. Projeto Mujique)
4. Y Pobre de mi
5. Antes del gobierno popular, un sólo dueño; después del gobierno popular, muchos dueños (ft. Rumbo Tumba)
6. Perrear en tu casa tranqui no es la revolución, pero podría predisponerte a ella (ft. Mr. Island)
7. Yo tambien quiero, como vos, canchas de fútbol abandonadas en donde paste el ganado, y patrulleros abandonados en la playa, a punto de ser integrados por la arena y el sol (ft. El Remolón)
8. Cerrar los ojos y ver casitas
9. Esto no es un poema (ft Arnaldo Antunes)

2020-09-08

ARP FRIQUE - Minina Bem Li




オランダのトロピカル・ディスコ・ユニット ARP FRIQUE (アープ・フリーク)の新しいEPが10月にリリースとなるようです。


https://arpfrique.bandcamp.com/album/minina-bem-li
https://www.rushhour.nl/record/vinyl/minina-bem-li


アープ・フリークは、ジョヴァンカのプロデュースやノース・シー・ジャズ・フェスティバルのキュレーションなども手掛けるオランダ人プロデューサー、「ネルソン」ことニルス・ニューボルグが率いるライヴ・バンドで、2018年に『Welcome To The Colorful World Of Arp Frique』でアルバム・デビュー。


アルバムにはエヂ・モッタやオーランド・ジュリアスも参加。シングル曲がジャイルズ・ピーターソンのワールドワイド・アウォードにノミネートされたり、レインボウ・ディスコ・クラブのプロモ・ビデオでも使われたりと、話題を呼びました。


2019年にはアルバムでコラボしたカーボベルデのミュージシャン、アメリコ・ブリトーと共にカーボベルデの知られざるファンク&ブギー音源を紹介する企画盤『Radio Verde: Cape Verdean Dancefloor Music』をコンパイル。
 

2020-09-07

トム・オブ・フィンランドの個展と映画






DJヘルが2017年のアルバム『Zukunftsmusik』でコラボしていたフィンランドのアーティスト、トム・オブ・フィンランド。


2020年はゲイカルチャーに革命を起こした先駆者の生誕100年アニバーサリー。


日本で初めての個展と、伝記映画の上映がまもなく。


9月18日から渋谷パルコのGALLERY Xで開かれる個展については


https://art.parco.jp/galleryx/detail/?id=396


映画については


https://www.magichour.co.jp/tomoffinland/


 

2020-09-01

【リリース情報】 SOU SI-TAI: China - The Fisherman and the Woodcutter - The qin, ziter of the literati




ジュネーヴ民族学博物館の音楽レーベル「MEG-AIMP」が手掛けた、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている中国の伝統楽器「古琴」の貴重な演奏コレクションが待望の再発に。


とことん簡潔で素朴な、しかしながら悠久の歴史がジワリにじみ出た、情緒あふれる音色とメロディを堪能できる至高の逸品です。


SOU SI-TAI: China - The Fisherman and the Woodcutter - The qin, ziter of the literati


1. Je m’en retourne
2. Elégie pour les Anciens
3. En pensant à un ami
4. Tristesse sur la rivière Xiang
5. L’incantation du moine Pu’an
6. L’immortel des eaux
7. Trois variations sur les fleurs de prunier
8. Dialogue du pêcheur et du bûcheron
9. L’adieu à Yangguan
10. Le chant du vieillard ivre

2020-08-31

【リリース情報】 BAD STREAM: Sonic Healing




ジャーマン・エレクトロ&インダストリアルの至宝バッド・ストリームによる待望の新作。


ポスト・クラシカルとニューエイジ、スピリチュアル・ジャズの狭間に桃源郷をはるかに超越した無重力な音の極楽浄土を構築した新機軸の傑作。


バッド・ストリーム/ソニック・ヒーリング

BAD STREAM: Sonic Healing
Antime / Wordandsound

1 I
2 II
3 III
4 IV
5 V

2020-08-30

SILICE. Un compilado de productores mujeres cis, trans y no binaries.




レダ・バジャダーレスのトリビュートに続くFertil Discosの新しいコンピ『SILICE』


Numa Gamaも楽曲提供してます。


ぜひ!
 

2020-08-29

【VIDEO】 Bananarama - Movin' On




バナナラマ「Movin' On」


1992年の本日UKチャートに初登場。


ロンドン・レコードでのラスト・アルバム『Please Yourself』からのファースト・シングルです。ストック・エイトキン・ウォーターマンのストックとウォーターマンがプロデュース。

 

2020-08-28

Botanas: Numa Gama




Numa GamaがShika Shikaレーベルの「Botanas」シリーズに登場!


Barrio Lindoのリミックスも!


最新アルバム『Me Redesenho』も引き続き宜しくお願い致します。
 

2020-08-25

Fact mix 772: Deena Abdelwahed (Aug '20)



ディーナ・アブデルワヘードの新しいミックスが。


新曲を提供しているコンピ『Alterity』が今週リリースですね。


アルバム『Khonnar』も引き続きよろしくお願い致します。
 

2020-08-24

DJ Raff w/ Dengue Dengue Dengue - August 2020



DJ Raffがホストをつとめるロンドンのウェブ・ラジオ「Balamii」にDengue Dengue Dengueがゲスト出演。


別名義「DNGDNGDNG」でのシングルに新レーベルKebrada Recordsの設立(コンピのリリースもまもなく)と、アルバム『Zenit & Nadir』以降も活発な活動が続いております。引き続きご注目ください。

 

2020-08-21

Barulinho - Siesta EP




エル・ブオとのコラボ「ヒストリー・オブ・カラー」でもアルバムが出たばかりのバリオ・リンドがまたまた新曲を届けてくれました。


今回はアンビエントな新プロジェクト「Barulinho」。


https://barriolindo.bandcamp.com/album/siesta-ep


ご注目ください!
 

2020-08-15

【リリース情報】 Chill Pill II




ドイツのミュンヘンを拠点とするレーベル「パブリック・ポセッション」からの3枚目のCDリリース。


昨年好評だったチルアウト・コンピ『Chill Pill』の続編をアンドラスのノンストップ・ミックスで。


ヤング・マルコ、オプティモのトゥイッチやソフィーも収録。各曲セパレートのフル尺データをダウンロードできるコード封入。ブックレットにはトウィッチによる解説も。


V.A.: Chill Pill II
Public Possession / Wordandsound (RTMCD-1457)

1) Popp – Amina
2) Vanessa Worm - Orion No.3
3) DJ Batman - Hello Darkness My Old Friend
4) Nice Girl & Michael – Conjunct
5) Laura Groves – M6 North
6) Occupanther – 4D Lemmings
7) Bell Towers – Precious Gem
8) Secret Circuit – Under Mi Yard
9) Obalski – Platinum Phrases
10) DJ Crysalis – Cushion
11) Eden Burns – Organ Torque
12) Young Marco – Encarta
13) Sui Zhen – Another Time
14) RIP Swirl – Whacked
15) Dj City - Pretend It’s Forever
16) JD Twitch – Jimi
17) Apiento – 5AM Swim
18) Andras – Revegetation Area 2002
19) Sofie – In The Park

2020-08-14

【リリース情報】 JEAN-JACQUES BIRGÉ: Perspectives for the 22nd Century




フランスの前衛音楽家ジャン・ジャック・ビルジェによるジュネーヴ民族学博物館との歴史を未来へと運ぶ未知のコラボ。


博物館所蔵の貴重なヴィンテージ楽器や民族音楽のフィールド録音音源も交えながら、タイトルどおり「22世紀への展望」を紡ぎだしたユニークな企画。


前衛ヴァイオリン奏者のジャン=フランソワ・ブロやエックス・エックスもサンプリングした「Song Of Songs」プロジェクトのシルヴァン・ルメートルらがゲスト参加。


ジャン・ジャック・ビルジェ/22世紀への展望

JEAN-JACQUES BIRGÉ: Perspectives for the 22nd Century
MEG-AIMP (RTMCD-1442)

01 Éternelle
02 L’Indésir
03 MEG 2152
04 Renaissance
05 Les Jambes
06 Hibakusha
07 Aksak tripalium
08 Tirage au sort
09 Larmes de crocodile
10 Variationstrieb
11 Gwerz de l’âme juste
12 Au loup
13 Les champs les plus beaux
14 De vallées en vallées
15 Berceuse ionique
16 Ensemble ratatam

2020-08-13

【リリース情報】 JAPON / JAPAN - Teruhisa Fukuda, shakuhachi master. Musical offering




ジュネーヴ民族学博物館による世界音楽アーカイヴ・シリーズ「MEG-AIMP」に日本の尺八奏者、‎福田輝久の楽曲集が登場。


古くは17世紀にまでさかのぼることができるという歴史ある楽曲、雅な和の音色、独奏が生み出す音の隙間や緊張感が何気にいまどきのアンビエント耳にもフィット、これからの季節に重宝すること間違いなしの涼音を満載したナイス・リリース!


福田輝久/日本

JAPON / JAPAN - Teruhisa Fukuda, shakuhachi master. Musical offering
VDE-Gallo / MEG-AIMP (RTMCD-1434)

1 Ajikan (阿字観)
2 Echigo-sanya (越後三谷)
3 Kokû (虚空)
4 Reibo (霊慕)
5 Tamuke (手向)
6 Saji (薩慈)
7 Takiotoshi (滝落)

2020-08-12

【リリース情報】 MR. FREAK SKA: Ska de Vells




フェルミン・ムグルサやバスクのシーンとも深い交流を持つスペインのミクスチャー・スカ・バンド「ミスター・フリーク・スカ」による5年ぶりのニュー・アルバムが完成。


オーセンティックなスカやロックステディ、カリプソ、グルーヴィーなオルガン・サウンド、センチメンタルな哀愁メロやアコースティックなムードをミックスしながら独自のクロスオーバーな地平を目指した意欲作。


ミスター・フリーク・スカ/スカ・デ・ヴェイス

MR. FREAK SKA: Ska de Vells
Buenritmo / Guerssen (RTMCD-1456)

1. Ska de vells
2. Seu Blai seu
3. Amagar-m'hi a dins
4. No pots passar
5. Menja bé, caga fort i enriu-te'n de la mort 
6. Amic postís
7. Diga'm perquè 
8. Príncep fantasma 
9. De Sidamon a Ultramort
10. Benet
11. Tot el que m'agrada és dolent 
12. L'ornitorrinc
13. Onada de calor
14. Missatge enviat
15. Tàctel, pana i velcro 

2020-08-05

【VIDEO】 GOLDIE - Inner City Life (Official Remastered HD Video)




ゴールディーによるドラムンベースの金字塔アルバム『タイムレス』がリリースから25年。アニバーサリーを祝してダイアン・シャルルマーニュ(R.I.P.)をボーカルで起用した同作からの最大のヒット・シングル「Inner City Life」のビデオ&音源がリマスター。


https://goldietimeless.com/


『Saturnz Return』のリマスター再発も改めましてこの機会にぜひ再度ご注目いただけましたらと。


宜しくお願い致します。

2020-08-04

【VIDEO】 Ezéchiel Pailhès - J'aimerais tant




Ezechiel Pailhès(エゼキエル・パイウ)の新しいビデオが仏Radio Novaのサイトで公開となっております。ぜひチェックいただけましたらと。新作『Oh!』も引き続きよろしくお願い致します。


https://www.nova.fr/jaimerais-tant-ezechiel-pailhes-et-les-premiers-instants-de-lamour-fou

2020-08-01

Brigitte Barbu - Remixes pour ascenseurs en panne




ブリジット・バルブのアルバム『Muzak pour ascenceurs en panne』のリミックスEPがリリースに。


デジタル・バージョンの曲目は


1. Dae-Boj DeMoya (Roman Flügel ‘kraut' Remix) 
2. Dae-Boj DeMoya (Roman Flügel 'synth’ Remix)
3. Couvre chef en peau de taupe (Wajatta Remix)
4. Trou vert (Matthew Herbert’s Butter Dub)
5. Dae-Boj Demoya (Roman Flügel 'minimal' Remix)
6. Trou vert (Matthew Herbert's Hackapella Mix)
7. Couvre chef en peau de taupe (Wajatta Instrumental Remix)


ブリジット・バルブはフランスのエレクトロニック音楽プロデューサー、ペペ・ブラドックの別名義プロジェクト。


カシアスやダフトパンクらとほぼ同じ時期から活動している大ベテランながらも20年のキャリアでアルバムのリリースがわずか2枚、何気にその素性がいまだ謎のヴェールに包まれたままのアンダーグラウンド・レジェンドです。


アルバム本編はフロアから著しく脱線した異色作でしたがこちらは果たして…


ロマン・フリューゲルのクラウトとシンセとミニマル、ハーバートのダブと声、いずれもエクスペリメンタルで意外性に富んだリミックス。レジー・ワッツ×ジョン・テハダ=ワジャッタのタイトなフロア・モードもナイスです。



2020-07-31

【リリース情報】 HYENAH: Watergate 27




ベルリンの人気クラブ「ウォーターゲート」のミックス・シリーズに新世代アフロ・ハウスの旗手ハイエナが登場。


徹底的な抑制、音の隙間からにじみ出るドープネス、大地を揺るがす圧倒的なグルーヴ…。


ブラック・コーヒーの後押しで浮上しさらなる躍進が期待される南アフリカのネクストブレイク期待株、その濃密な音世界を初めて銀盤へと落とし込んだ、ファン待望のミックス作。


ハイエナ/ウォーターゲート 27

HYENAH: Watergate 27
Watergate Records / Wordandsound

01. Hyenah - Warm Drum
02. Lemon & Herb - iFuh
03. Pablo Fierro - Reincarnation
04. Fka Mash - Hazel
05. Sascha Braemer - No Way
06. Sabb & Black Circle - Vega
07. AMEME - Bangala
08. Adana Twins - Jupiter (Kollektiv Turmstrasse Remix)
09. Da Capo - Dark Knight
10. Hyenah - Not Enough feat. Lazarusman
11. JAMIIE & Niko Schwind - Suwedi
12. Kerri Chandler - Think of Something (Floyd Lavine Remix)
13. Hyenah & Floyd Lavine - Soul Rise
14. Super Flu - Effretikon
15. Manoo - De’s Lullaby
16. FNX Omar - Minuit
17. Emanuel Satie & Nanghiti - Forever More
18. Hyenah - The Message feat. Bajka (Henrik Schwarz Remix)

2020-07-30

『Tokyo Experiment』にてジョニー・ナッシュのコンピご紹介いただきました




『Tokyo Experiment』にてジョニー・ナッシュ主宰「Melody As Truth」レーベルのコンピ『Framed Space: Selected Works 2014​-​2017』をご紹介いただいておりました。


http://matyu.jugem.jp/?eid=4843


詳細なレビューどうもありがとうございます!


ぜひご一読いただきまして作品のほうもチェックいただけましたら幸いです。


これからの季節に映えそうな涼しい音を多めに含んでおります。

2020-07-29

【VIDEO】 Bruce Brubaker & Max Cooper - The Poet Acts [Philip Glass]





ビデオ出来。


仏InFinéからのニュー・リリースはBruce Brubaker & Max Cooperによるコラボ『Glassforms


フィリップ・グラスをクラシカルなピアノ&エレクトロニクスでカバー。


宜しくお願い致します!
 

2020-07-27

【VIDEO】 Constantine - My Dear Alice




自主制作のシングルやLPがドノヴァンやインクレディブル・ストリングス・バンドなどと比べられヨーロッパを中心に好評を博しルーツ筋で注目を集めていた米国シカゴのシンガー/ソングライター、コンスタンティンによる、数々のレア盤ディグを手掛けてきたスペインの再発レーベルGuerssenレーベルからのアルバム『In Memory Of A Summer Day』がいよいよリリースに。


ご注目ください。


 

2020-07-25

Le Couleur - Désert




カナダのシンセポップ・バンド「ル・クルール」の『P.O.P』に続く新作がリリースになるようですね。



2020-07-20

Branko Presents: Enchufada Na Zona Vol​.​2




ブラカ・ソム・システマのプロデューサーのBrankoが手掛けたEnchufadaレーベルの新しいコンピレーション。


Dengue Dengue Dengueも新曲を提供しております。


最新アルバム『Zenit & Nadir』も引き続きよろしくお願い致します。

 


2020-07-17

【余談】 BAHAMA SOUL CLUB - Bohemia After Dawn




バハマ・ソウル・クラブの、『Cuban Tapes』(2013年)と『Havana '58』(2016年)に続く新作が完成した模様です。


すでにシングル・カットされているビリー・ホリデーやジョン・リー・フッカーのカバーも収録。


ダンサブルなジャズ・グルーヴの詰まった快作です。
 

2020-07-11

V.A. - Alterity(Deena Abdelwahed参加コンピ)




Deena Abdelwahed参加!


英FabricのレーベルHoundstoothのコンピ企画です。


https://hth.lnk.to/alterity
 

2020-07-10

Ezechiel Pailhès - Oh ! Remixes




エゼキエル・パイウの新作『Oh!』をdOPやBrandt Brauer Frickらがリミックス。


デジタル・リリースとなっております。


https://ezechielpailhes.bandcamp.com/album/oh-remixes

2020-07-06

【リリース情報】 LOS MAMBO JAMBO: Los Mambo Jambo Arkestra




バルセロナ・ジプシー・クレズマー・オーケストラのベーシストであるイヴァン・コヴァセヴィッチをメンバーに含むバルセロナの4人組バンド=ロス・マンボ・ジャンボが10周年を記念してビッグ・バンド編成で待望のニュー・アルバムをドロップ!


リズム&ブルース、ロックンロールやロカビリー、ジャイヴにスウィングをごった煮した最高にゴキゲンなインスト・サウンドでまたもファンをノックアウト!


しかも今回はビッグ・バンドだからいつも以上にどかんとマッシヴ!


ロス・マンボ・ジャンボ/ロス・マンボ・ジャンボ・アーケストラ

LOS MAMBO JAMBO: Los Mambo Jambo Arkestra
Buenritmo / Guerssen (RTMCD-1453)

1. El Timo
2. Gallo De Pelea
3. La Caza
4. Blue Iguana
5. Experiment In Honk
6. Promenade
7. Lago Salado
8. Los Ases Del Baile
9. Carrera De Ratas
10. G String Murders
11. Poderosa
12. La Maldición De Los Rockers

2020-07-05

【リリース情報】 ATENEA CARTER & THE MIGHTY MIGHT: Together And Free




モータウン直結のヴィンテージ・スタイルで10年代の初頭から半ば頃にかけて旋風を巻き起こし日本やヨーロッパのソウル好きを魅了したスペインのバンド、ペッパー・ポッツ。


そのメンバーたちによるペッパー・ポッツ休止後の幻のプロジェクトのレアな唯一作をディグ!


アテネア・カルテル&ザ・マイティ・マイト/トゥゲザー・アンド・フリー

ATENEA CARTER & THE MIGHTY MIGHT: Together And Free
Buenritmo / Guerssen (RTMCD-1452)

1 Use Me Up
2 I'm a Mess
3 You and I Are Done
4 Revenge
5 Lottery Ticket
6 Nobody Second Choice
7 I Live in You
8 I Want You Faster
9 No Means No
10 I Wanna Be Free

2020-07-04

2020-07-03

【リリース情報】 FUNDACIÓN TONY MANERO: Disco Para Adultos




バルセロナのローカル・シーンで生音のディスコやファンク、アシッドジャズなどのミクスチャに取り組み90年代から長く支持を集めていたベテラン・バンド「フンダシオン・トニー・マネーロ」の2020年最新アルバム。


セクシーなメロウ・グルーヴやイマドキのディスコ&ブギーにスペイン語詞独特のセンティミエントを注入、バラエティに富んだまさに「大人のためのディスコ」をお楽しみいただける快心作!


ジョエル・サラクラやシマフンクもゲスト参加。


フンダシオン・トニー・マネーロ/ディスコ・パラ・アドゥルトス

FUNDACIÓN TONY MANERO: Disco Para Adultos
Buenritmo / Guerssen (RTMCD-1450)

1 Femme Fatale
2 Muñeco Analógico
3 Break Romántico
4 Nos Une el Boogie
5 Se Acabó Lo Que Se Daba
6 Words
7 No Hemos Cambiado Tanto
8 Momentos
9 Presentimiento
10 Musicofilia

2020-07-02

『Cologne Curiosities』がバンドキャンプのクラウトロック特集に




バンドキャンプのクラウトロックのレア盤特集


Mental Experienceレーベルが再発したCozmic Corridorsとコンピ『Cologne Curiosities』も取り上げられております。


ぜひいまいちど!


https://daily.bandcamp.com/lists/krautrock-rarities-list


2020-06-26

【リリース情報】 BOMIS PRENDIN: Clear Memory




実験音楽発掘専科「メンタル・エクスペリエンス」がナース・ウィズ・ウーンドの「リスト」にも名を連ねたアヴァンギャルド裏レジェンドの80年代カセット音源をCD化。


レジデンツを思わせるシンセとノイズ、初期アリエル・ピンク的なDIYマナー、でもどこか脱力ホッコリ得も言われぬ絶妙なムードがユニークで病みつきになる!


ボミス・プレンディン/クリア・メモリー

BOMIS PRENDIN: Clear Memory
Mental Experience (RTMCD-1447)

01. First Light
02. French Passport
03. Respect The Road
04. Street Without Lunch
05. Why Blondes Eat
06. I Don't Want
07. Hell's Little Ransom
08. Forced Delight / Debris Factory
09. Jumpstart
10. Robop
11. Keep The Letters
12. Busy
13. I Walk The Lawn
14. The Big Horizon
15. Integers
16. Endocircumventual

2020-06-25

Deena AbdelwahedやArnaud Rebotiniのライヴ映像が




Deena Abdelwahedのライヴいかがでしょうか。


長い映像ですが2時間半くらいのところからになります。


次のArnaud Rebotiniもシンセに贅沢に囲まれながらいい感じです。
 

2020-06-24

Erkin Koray - Öksürük




6月24日はエルキン・コライさんバースデーだったようです。


Uzelli Psychedelic Anadolu』コンピも引き続きよろしくお願い致します。

 

2020-06-21

エル・ブオが『ビルボード』の記事に




エル・ブオのことが『ビルボード』に取り上げられております。


https://www.billboard.com/articles/columns/latin/9401633/first-stream-latin-chocquibtown-myke-towers-paty-cantu


Wonderwheelレーベルから出るチャンチャ・ビア・シルクイートとのコラボEPの話です。


https://wonderwheelrecordings.bandcamp.com/album/pleamar


エル・ブオはバリオ・リンドとの共作アルバムも予定されております。


https://historyofcolour.bandcamp.com/album/antumbra


デジタルは発売中、アナログとCDは7月予定です。


こちらもぜひご注目いただけましたらと。

2020-06-20

【リリース情報】 BOILLAT THÉRACE QUINTET: My Greatest Love




福井良の再発で注目を浴びたWe Release Jazzレーベルがスイスのローカル・シーンの至宝ボワイヤ・テラース・カンテトの70年代レア盤2作を同時リイシュー。


こちらはクラーク・ボラン・ビッグ・バンドにも名を連ねた名士ベニー・ベイリーをフィーチャリング。フレディ・ハバード「Gibraltar」やケニー・ドーハム「Blue Bossa」ほかカバーのチョイスもキラー。


とにかく極上の内容ながらこれがまさかの初復刻。ヨーロピアン・ジャズが最も輝いていた時代の名演をとくとご堪能あれ!


ボワイヤ・テラース・カンテト/マイ・グレイテスト・ラヴ

BOILLAT THÉRACE QUINTET: My Greatest Love
We Release Jazz (RTMCD-1449)

01. Prompt
02. Gibraltar
03. Blue Bossa
04. Le Colin
05. My Greatest Love
06. Gemini

2020-06-19

【リリース情報】 BOILLAT THÉRACE QUINTET: Boillat Thérace Quintet




福井良の再発で注目を浴びたWe Release Jazzレーベルがスイスのローカル・シーンの至宝ボワイヤ・テラース・カンテトの70年代レア盤2作を同時リイシュー。


ローランド・カークやフレディ・ハバードのカバーもグルーヴィーで最高、オリジナルもスリリングで悶絶、とにかく極上の内容ながらこれがまさかの初復刻。


ヨーロピアン・ジャズが最も輝いていた時代の名演をとくとご堪能あれ!


ボワイヤ・テラース・カンテト/ボワイヤ・テラース・カンテト


BOILLAT THÉRACE QUINTET: Boillat Thérace Quintet
We Release Jazz (RTMCD-1448)

01. 1224
02. Sweet Fire
03. Rahsaan Rahsaan
04. Cenovis
05. In Your Quiet Place
06. Straight Life
07. Dolphin Dance
08. Adam’s Apple
09. 5th of July, Dulong Street

2020-06-17

【リリース情報】 History of Colour: Antumbra




エル・ブオ X バリオ・リンド = ヒストリー・オブ・カラー


エレクトロニックや世界音楽の垣根を超えた真にボーダーレスなリリースで躍進を続ける「Shika Shika」レーベルの主宰者ふたりによる夢のジョイント・プロジェクト=ヒストリー・オブ・カラーの初アルバムが完成。


バリオ・リンドの南米フォルクローレとエル・ブオの夢見チルアウト、両者のセンスが見事に融合し内省的であるのに多幸感あふれた、見たことのない新しい音の景色を作り出すことに成功。


ヒストリー・オブ・カラー/アンタンブラ
History of Colour: Antumbra
Shika Shika (CLTCD-2092)

1. Cerro Abajo
2. Nachtwanderung (feat. M.RUX)
3. Viva la Convolución!
4. Sugarcane
5. Taifu
6. Trip Trup
7. Cinco y Cuatro (feat. MaguPi)
8. Apu Punchau
9. Cinder ***
10. In the Hold (History of Colour Remix) ***

*** 日本盤CDボーナストラック

2020-06-12

【VIDEO】 JODI - Altered Termites in my Room




パラグアイのサイケデリック・バンド「JODI」の未発表発掘企画『Pop Espontaneo』より。
 

2020-06-10

BBCのリストにダニエル・エイヴリー




英BBCのリスト「30 tracks that shaped dance music」にダニエル・エイヴリーも。


https://www.bbc.co.uk/programmes/articles/5ZF19S8FTX9WJcnr5j9JF3x/30-tracks-that-shaped-dance-music


ダンス・ミュージックをかたちづくった30曲。


ア・ガイ・コールド・ジェラルドの「Voodoo Ray」からはじまり、名だたるクラシックスばかりが並ぶ中に。


Drone Logic』いまいちどご注目いただけますと幸いでございます。

 

2020-06-09

Waak Waak Djungi 1998 Japanese Tour Documentary




オーストラリアの先住民アボリジニーのシンガーと同国の電子音楽パイオニアのコラボ・プロジェクト=Waak Waak Djungi。


日本ツアーの貴重な映像が。


90年代のアルバムが一昨年シドニーのオブスキュア再発レーベル「Efficient Space」から復刻されております。作品もぜひチェックいただけましたらと。
 

2020-06-08

Kasper Bjørke - Nothing Gold Can Stay Remixes (Part B)



デンマークのエレクトロニック・プロデューサーKasper Bjørke(キャスパー・ビヨーケ)の昨秋の新作『Nothing Gold Can Stay』のリミックスEP


第一弾に続きまして第二弾が早くも到着。


Panthera Krause、Kasper Marrot、Cooper Saver、PerelにBawrut。


それぞれに趣向を凝らしたナイスな再構築仕事をご堪能いただけます。


https://kasperbjorke.lnk.to/NGCSremixesB
 

2020-06-06

Noid Recordingsがバンドキャンプに




イジャット・ボーイズ主宰<Noid Recordings>がバンドキャンプに登場!



2020-06-05

The Garifuna Collective - Black Catbird




Shika Shikaの次のリリースは中米やカリブ地域の絶滅危惧種の鳥類チャリティ企画『A Guide to the Birdsong of Mexico, Central America & the Caribbean』(6月26日デジタル発売/国内盤CD化の予定はいまのところございません)

https://shikashika.bandcamp.com/album/a-guide-to-the-birdsong-of-mexico-central-america-the-caribbean

The Garifuna Collectiveによるファースト・シングルのビデオが完成しました。

エル・ブオの声掛けで10組のアーティストが鳥たちの鳴き声やフィールド録音をサンプリングしたりモチーフにしたりしながら楽曲を制作。


収益はBirds CaribbeanLa Asociación Ornitológica de Costa RicaFundación Ornitológica Txoriといった団体に寄付されるとのことです。

2015年の南米編『A Guide to the Birdsong of South America』に続く第二弾リリース。

2020-06-04

【リリース情報】 BON VOYAGE ORGANISATION: La Course




フランスの新進ディスコ・バンド、ボン・ボヤージュ・オルガニザシオン待望のセカンド・アルバム。


前作のストレートなディスコ・マナーから一転、アジムスを思わせるメロウネスやグルーヴとクラウトロック的な浮世離れしたメディテーション・ムードを兼ね備えたユニークなフュージョン路線へとドラスティックに舵を切った新機軸作に。


ボン・ボヤージュ・オルガニザシオン/ラ・コルス

BON VOYAGE ORGANISATION: La Course
L'Invitation Musicale (RTMCD-1437)

1 Nocturne 305
2 La Course
3 Chanson
4 Le Chant des Radars
5 Un Américain à Tanger
6 Un Américain en Danger
7 Prière pour le Voyageur Partie I
8 Prière pour le Voyageur Partie II

2020-06-02

【VIDEO】 Federico Estévez / Agujeros Blancos




フェデリコ・エステベスから新しいビデオが届きました。


この春リリースしたデビュー・アルバム『De aqui hasta aqui』からの一曲。


チャンチャ・ビア・シルクイートのライヴ・バンドのパーカッション奏者で、ニコラ・クルースの新作『Siku』にもゲスト参加しているアルゼンチンの新鋭です。


引き続きご注目ください。
 

2020-06-01

Shakarchi & Stranéus - Musiqaa International 031 EP2



スウェーデンのエレクトロニック・デュオ Shakarchi & Stranéus の世界音楽ミックスいかがでしょうか。


ストックホルムの『Tukio』というネット・ラジオに寄せたものだそうです。

2020-05-27

Music Activists 2020 (From Home)




InFinéレーベルの34曲入りデジタル・コンピ『Music Activists 2020 (From Home)』リリースとなっております。


新作出たばかりのAārpやRone、ArandelDeena AbdelwahedLabelleVanessa Wagner


KaitoさんやCarl Craigも。

 

2020-05-23

Kasper Bjørke - Nothing Gold Can Stay Remixes (Part A)




デンマークのエレクトロニック・プロデューサーKasper Bjørke(キャスパー・ビヨーケ)の昨秋の新作『Nothing Gold Can Stay』のリミックスEP第一弾。


Tensnake、Justin Strauss & Max Pask、Marcello Giordani、Bostro Pesopeoが参加。


「Seabird」はA&Mレーベルに多くのAOR名作を残した兄弟デュオ「アレッシー」のカバー。


Tensnakeが、Kasperの軽やかなシンセ・バージョンとはガラリと趣を異にしたフロア直結のディスコ・モードへとリコンストラクト。


https://kasperbjorke.lnk.to/NGCSremixesA


2020-05-20

英『Songlines』誌の「Top Of The World」に『Uzelli Elektro Saz』が




イギリスのワールドミュージック専門誌『Songlines』5月の「Top Of The World」に『Uzelli Elektro Saz』が。


ババズーラのメンバーが選曲したトルコのエレキサズ使いヴィンテージ音源の発掘コンピです。


https://www.songlines.co.uk/explore/guides-and-lists/top-of-the-world/top-of-the-world-may-2020

2020-05-19

【リリース情報】 CONSTANTINE: In Memory Of A Summer Day




自主制作したシングルやLPがドノヴァンやインクレディブル・ストリングス・バンドなどと比べられヨーロッパを中心に好評を博し、かねてからルーツ筋で注目を集めていたシカゴのシンガー/ソングライターのプロフェッショナル・デビュー盤が、多くの再発リリースでおなじみゲルセン・レーベルから登場。


室内楽を思わせるメロトロンやハープの音色、酩酊を誘うシタールやタブラのスパイス、アシッドなフルート、柔らかなホーン、タイムレスな美メロと内省的なムードを巧みに重ね合わせながら、得も言われぬ桃源郷的音世界を作り出しております。


再発盤かと錯覚してしまいそうなルーツ&クラシックスな佇まいにただただ驚嘆。


コンスタンティン/イン・メモリー・オブ・ア・サマー・デイ

CONSTANTINE: In Memory Of A Summer Day
Guerssen Records (RTMCD-1445)

1. Upon Your Rise
2. Morning / The Meandering Path
3. Spring
4. My Dear Alice
5. Slaying Of The Dragon
6. Far, Far, Far Away
7. Matilda Of The Meadow
8. Afternoon / In Memory Of A Summer Day
9. Along The Castle Wall
10. Upon A Dream
11. Rivers
12. The Kingdom Must Fall

2020-05-14

A History of Synth-Pop in 50 Essential Tracks




必須50曲と共に綴るシンセポップの歴史。


https://www.treblezine.com/50-essential-synth-pop-tracks-history/


ブロンスキ・ビートの「Smalltown Boy」も取り上げられております。


『The Age Of Consent』の35周年リマスター拡大盤もリリースとなっております。


この機会に今一度ご注目いただけましたら幸いです。
 

2020-05-13

Shakespears Sister - Stay (Top Of The Pops 1992)




シェイクスピアズ・シスターの『トップ・オブ・ザ・ポップス』出演時の映像いかがでしょうか。


披露しているのはグループ最大のヒット曲「Stay」です。


同曲はこの直後に全英シングル・チャート1位に。


シボーンにとっては実はバナナラマでも成し遂げられなかった、キャリア初のナンバーワン。


その「Stay」のリマスターを含む『Singles Party』、新録EP『Ride Again』も引き続きよろしくお願いいたします。







2020-05-12

【リリース情報】 Bruce Brubaker & Max Cooper: Glassforms




アメリカの現代音楽/クラシック界を代表するアーティストで、メレディス・モンクやフィリップ・グラスのフレッシュなリワーク仕事も多方面から注目を集めたブルース・ブルベイカーと、ダンスフロアとエクスペリメンタルを股に掛けた唯一無二のプロダクションで独自のポジションを確立しているイギリスのエレクトロニック・プロデューサー、マックス・クーパーのコラボ・アルバム。


フィリップ・グラスの名曲の数々をピアノ&エレクトロニクスで鮮やかに再構築。


ブルース・ブルベイカー&マックス・クーパー/グラスフォームズ

Bruce Brubaker & Max Cooper: Glassforms
InFiné / Wordandsound (RTMCD-1441)

1 Prelude 1
2 Metamorphosis
3 Prelude 2
4 The Poet Acts
5 Prelude 3
6 Two Pages
7 Prelude 4
8 Mad Rush
9 Tirol Concerto
10 Prelude 5
11 Opening

2020-05-08

Arandel - Switched-on InBach by Headphone Commute




Arandelの新ミックスいかがでしょうか。2018年にパリで開催されたイベント「バッハ・マラソン」でのセットに手を入れた「完成版」だそうです。アルバム『InBach』への最初の一歩。

https://headphonecommute.com/2020/04/28/arandel-switched-on-inbach/

2020-04-26

【リリース情報】 Harbour Boat Trips: 01 Copenhagen by Trentemøller




デンマークを代表するエレクトロニック・プロデューサー、トレントモラーが2009年に制作した記念すべき初ミックス作品。


グルーパー、ビーチハウス、スーサイド、カリブーからトゥー・ローン・スウォーズメンまで、ジャンルの垣根を越えた折衷セレクションでフロアを逸脱。


トレントモラー/ハーバー・ボート・トリップス 01

Harbour Boat Trips: 01 Copenhagen by Trentemøller
hfn music

1 Grouper - Heavy Water / I'd Rather Be Sleeping
2 Gravenhurst - I Turn My Face To The Forest Floor
3 Emiliana Torrini - Lifesaver
4 I Got You On Tape - Somersault
5 Beach House - Gila
6 The Brian Jonestown Massacre - Anenome
7 The Raveonettes - Aly, Walk With Me (Nic Endo Remix)
8 The Hypothetical Prophets (Proroky) - Back To The Burner
9 Suicide - Cheree
10 Muscleheads - Phosphorescence
11 David Garcet - Confidence (Ghetto Mix)
12 Rennie Foster - Devil's Water
13 Caribou - Melody Day (Four Tet Remix Feat. Luke Lalonde Adem And One Little Plane)
14 The Raveonettes - She's Lost Control (Trentemøller Edit)
15 A Place To Bury Strangers - I Know I'll See You
16 Suicide - Ghost Rider
17 Khan - Fantômes
18 Trentemøller - Vamp (Live Edit)
19 Two Lone Swordsmen - Kamanda's Response
20 Copenhagen Collective - The Copenhagen Experience #1 (Trentemøller Edit)
21 Soft Cell - Tainted Love

2020-04-20

【リリース情報】 BRIGITTE BARBU: Muzak pour ascenceurs en panne




フレンチ・クラブ・シーンの重鎮ペペ・ブラドックがブリジット・バルブ名義で初めてのアルバムをリリース。


初期の電子音楽やミュージック・コンクレート、クラウトロック、サイケ、ティモシー・リアリーなどからの影響を編み込みつつ、トリッピーでビザールかつコズミックな、エレクトロニック音楽の新たなフロンティア開拓に挑んだ野心作。


BRIGITTE BARBU: Muzak pour ascenceurs en panne
Circus Company

01. Dae-Boj DeMoya
02. Trou vert 1
03. Beau Zoo
04. Trou vert 2
05. Sainte Amante
06. Trou vert 3
07. Couvre chef en peau de taupe
08. Trou vert 4
09. Ray Z
10. Trou vert 5
11. Mistori

2020-04-18

BEAMS RECORDSさん「家でのリラックスタイムにおすすめの音楽」




BEAMS RECORDSさんによる


「家でのリラックスタイムにおすすめの音楽」


という企画の中でパブリック・ポセッション・レーベルのチルアウト・コンピ『Chill Pill』もピックいただいておりました。


ジャンル、国、時代の垣根を越えた良音が集結。新しい出会いあるかと思います。ぜひチェックいただけましたらと。


https://www.beams.co.jp/tag/ltop_200417_beams_records_1/

2020-04-17

Melomantica w/ Gama, Chronic Preview, Errortica @ TESTFM — 26/10/2019




Voodoohopからアルバム・デビューしましたNuma Gamaのプレイリストいかがでしょうか。


岡林信康さんからはじまる涅槃すれすれ唯一無二な音の旅。


英語ではありますがもしよろしければこちらのインタビューも。


https://www.chillmusic.co/2020/04/exclusive-interview-with-musician-numa.html?fbclid=IwAR3Kv9NuvDbk_5wfCA4XOR8hMSjSgfAMKH9DtHYIKgLM4DsQOhLihBUUkfo


Me Redesenho』も引き続きよろしくお願い致します。



2020-04-15

Jay-Jay Johanson & Robin Guthrie - Laura - Red Bull




昨年新作『Kings Cross』をリリースしたジェイ・ジェイ・ヨハンソンのロビン・ガスリーとのコラボ・セッション。バット・フォー・ラッシェズの曲のカバーです。


https://www.redbull.com/tr-tr/videos/jay-jay-johanson-and-robin-guthrie-laura

2020-04-11

【VIDEO】 JODI - ¨I will wait for you¨, Taken from POP ESPONTANEO (Outsider Music - Spain)




南米パラグアイのサイケデリック・バンド「ジョディ」からビデオが届きました。


2019年リリースの未発表集『Pop Espontaneo』からの一曲です。

 

2020-04-10

Brainwaltzera - Royal Wavetable Mellodies & Old TDKs




Brainwaltzeraの初期音源集がデジタル・リリースに。


https://brainwaltzera.bandcamp.com/album/royal-wavetable-mellodies-old-tdks


2020-04-09

【リリース情報】 MOTOHIKO HAMASE: Anecdote




これまでにもさまざまな邦人アンビエント~環境音楽系アクトの復刻を手掛けてきたWRWTFWWレーベルが今度は濱瀬元彦に白羽の矢を立てた。


87年に録音され93年にセルフ・リリースされていた、ジャパニーズ・フュージョン/シンセ・ミュージックの、今こそ「発見」されるべきニュー・クラシックス=『Anecdote』。


濱瀬元彦/アネクドート

MOTOHIKO HAMASE: Anecdote
WRWTFWW Records (WRWTFWW036CDJ)

01. Anecdote 8:47
02. Aborigine 4:36
03. Lung 6:34
04. Intermezzo 5:33
05. Symptom 4:56
06. Circlet 5:35
07. Reminiscence 5:35
08. Élan Vital 6:05
09. Pascal variant 6:35
10. Intaglio 7:31
11. Duplicated Scene 4:52
12. Plateau 4:49

【リリース情報】 MOTOHIKO HAMASE: Technodrome




これまでにもさまざまな邦人アンビエント~環境音楽系アクトの復刻を手掛けてきたWRWTFWWレーベルが今度は濱瀬元彦に白羽の矢を立てた。


ジョン・ケージやジョン・ハッセル、ブライアン・イーノ、さらには当時まだ生まれて間もなかったハウス・ミュージックやテクノからインスピレーションを得て1993年に作られた、アンビエントとクラブ・ミュージックをクロスした、今こそ聞かれるべき名作『Technodrome』。


濱瀬元彦/テクノドローム

MOTOHIKO HAMASE: Technodrome
WRWTFWW Records (WRWTFWW035CDJ)

01. Invisible city
02. Technodrome
03. Imagery
04. Opaque
05. End of legal fiction
06. Chirico
07. Moriana
08. Lattice (for saxophone quartet)

【リリース情報】 MOTOHIKO HAMASE: #Notes of Forestry




これまでにもさまざまな邦人アンビエント~環境音楽系アクトの復刻を手掛けてきたWRWTFWWレーベルが今度は濱瀬元彦に白羽の矢を立てた。


88年にワコール・アート・センターのレーベルから出ていたマスターピース『#Notes of Forestry』。


80年代ならではのクリスタル感とシンセやピアノ、躍動するベース・ラインにミニマルなムード、音のパズルが複雑に組み合わせられ出来上がった無二の傑作。


濱瀬元彦/樹木の音階

MOTOHIKO HAMASE: #Notes of Forestry
WRWTFWW Records (WRWTFWW034CDJ)

01. #Notes Of Forestry 6:13
02. Pascal 7:44
03. Spiral For Multipul Instruments 8:04
04. Nude 17:14

2020-04-07

Bahama Soul Club & Billie Holiday "Ain't Nobody's Business"




本日4月7日はビリー・ホリデーさんのバースデイ。


1920年代に作られたこの曲をビリーは1949年にカバー。


今度はそれをドイツのクラブジャズ・バンド、バハマ・ソウル・クラブがモダン・アップデート。
 

2020-04-03

【VIDEO】 Jacob Bellens: Summer Sadness




デンマークのシンガー/ソングライターJacob Bellensの、『Polyester Skin』(2016)~『Trail Of Intuition』(2018)に続く待望の最新アルバム『My Heart Is Hungry And The Days Go By So Quickly』がリリースとなりました。


https://jacobbellens.lnk.to/MyHeartIsHungry
 

2020-04-02

【リリース情報】 LES LAMES DU VENT: Déjeuner sur l’herbe




ジュネーヴ民族学博物館の世界音楽アーカイヴ・シリーズでもおなじみのスイスの老舗レーベル「VDE Gallo」からの新録新作。


オルケストル・トゥ・ピュイサン・マルセル・デュシャンなどでも活躍するスイス人パーカッション奏者のアイーダ・ディオップとジャズ・ミュージシャンのジョエル・ムジーのデュオ・ユニットによるコラボ・アルバム。


マリンバとサックスのみのシンプルな編成ながらもオーガニックで涼し気で、奥行きのあるカラフルな音世界を構築しております。


レ・ラム・デュ・ヴァン/デジュネ・シュール・エルブ

LES LAMES DU VENT: Déjeuner sur l’herbe
VDE-Gallo / ritmo calentito (RTMCD-1433)

1. Srpska Igra
2. Déjeuner sur l’herbe
3. The Tambourine Man
4. La danse des Mocassins
5. Barge 3.6.11.17h
6. Rain Forest
7. Pieces of wood
8. Le dos du do
9. Zinoudenuit
10. Nature Boy

2020-03-25

【リリース情報】 Federico Estévez: De aqui hasta aqui




チャンチャ・ビア・シルクイートのバンドのパーカッション奏者で、ニコラ・クルースやバリオ・リンドの新作にもフィーチャーされていたアルゼンチンの新鋭フェデリコ・エステベスのデビュー・アルバムがShika Shikaレーベルからリリースに。


クンビア、アンビエント、フォルクローレ、トランシーなパーカッシヴ・グルーヴ、めくるめくさまざまな音世界をぎゅっと一枚に詰め込んだ濃密作。


マタンザのロドリゴ・ガジャルド、フェミナのクララ・トルッコ、パブロ・パス、クリック&フリックにチャンチャ・ビア・シルクイートほか、南米シーンの重要人物も大挙ゲスト参加。


近年のエレクトリック・フォルクローレ興隆の隠れた立役者がいよいよ表舞台に。


フェデリコ・エステベス/デ・アキ・アスタ・アキ

Federico Estévez: De aqui hasta aqui
Shika Shika / calentito (CLTCD-2090)

2020年4月29日発売

01 Descanso
02 El Gauchito (feat. Rodrigo Gallardo)
03 Falsa Coral
04  Amuletos (feat. Pablo Paz)
05 Lazos (feat. Wen)
06 ColanzulÍ (feat. Klik & Frik)
07 Rios del cuerpo (feat. Manu Quintans)
08 El Quemado (feat. Chancha Via Circuito)
09 Agujeros Blancos

CD Bonus Track

10 Hologramas

2020-03-24

『Uzelli Elektro Saz』が『WIRE』誌に




70年代トルコの電化サズを使ったレアグルーヴを集めた企画盤『Uzelli Elektro Saz』(選曲はババズーラ)がイギリスの音楽雑誌『WIRE』に。


https://twitter.com/UzelliKaset/status/1240613594502500359


サンダーキャットが表紙の現在発売中の最新434号です。日本のCDショップなどでも取り扱いあるところあるかと。ぜひチェックいただけましたらと。


オンラインの四半期サブスクリプションもなにげにオススメです。3か月7.99ポンドで過去のアーカイヴすべてが見放題になります。創刊号からすべてご覧いただけます。


https://shop.exacteditions.com/gb/the-wire

2020-03-14

【リリース情報】 STEVE PICCOLO: Domestic Exile




ラウンジ・リザーズのメンバーのスティーヴ・ピッコロが80年代初頭に制作しイタリアだけでリリースしていた希少作品が初再発。


ブロンディのデボラ・ハリーもお気に入りだったニューヨーク・ノーウェイヴのカルト・ヒーローの知られざる逸品。


スティーヴ・ピッコロ/ドメスティック・エグザイル

STEVE PICCOLO: Domestic Exile
MENTAL EXPERIENCE (RTMCD-1438)

1. The Bell
2. Young And Ambitious
3. Fast Life
4. Modern Man
5. Businessman's Lament
6. Bleecker Street
7. My Face
8. Stray Man
9. Superior Genes
10. Talk To Me
11. I Don't Want To Join A Cult
12. Apologia

2020-03-13

【リリース情報】 MISTY HUSH REVIVAL: Your Heart Is Broken




ニューヨークのサイケ・バンド「ミスティ・ハッシュ・リバイバル」が1972年に残した唯一作『Your Heart Is Broken』の再発企画。


甘く夢見なハーモニーと淡いサイケデリア、レイドバックしたムードをミックスして、古くも新しくもなく、ただただ時代を超越した唯一無二の世界を作り上げております。


ミスティ・ハッシュ・リバイバル/ユア・ハート・イズ・ブロークン

MISTY HUSH REVIVAL: Your Heart Is Broken
Guerssen (RTMCD-1429)

1. Singer to singer
2. Summer means new love
3. Your heart is broken
4. Tell me baby
5. Look my way
6. Gone away
7. Danny’s home made jam
8. Now I need you
9. Till I get back home
10. 3 AM
11. Summer means new love (instrumental flashback)
12. Tell me baby (alternate version)
13. Don’t let the sun get you crying

2020-03-12

【リリース情報】 FUTURO PELO: A Bigger Splash




ポップなブレイクビーツにのせてボッサ、ラテン、ファンク、レゲエ、ネオアコからスイングまでとにかく賑やかマッシュアップ!


フレンチ人気アクト「スポルト・カンテ」のバンジャマンによるソロ・プロジェクト「フトゥーロ・ペロ」がアルバム・デビュー。


エールとファットボーイ・スリムとセニョール・ココナッツをイイトコどりしたような、ユーモラスでキャッチーだけどソフトでオッシャレなグルーヴィー・サウンドがクセになる!


フトゥーロ・ペロ/ア・ビガー・スプラッシュ

FUTURO PELO: A Bigger Splash
Pain Surprises (RTMCD-1436)

1. FIRST OF MAY
2. SWAMP
3. NEFERTITI (FEAT NEYSA MAY)
4. TERROR (FEAT LA FLACA)
5. COME DOWN (FEAT LA FLACA)
6. GALA (FEAT MILA STANLY)
7. DON (FEAT LA FLACA)
8. URT
9. GREY
10. SAMBA
11. BURRITO (FEAT ANNA MAJIDSON)
12. DEAL (FEAT NEYSA MAY)
13. YARD
14. MUPPET

2020-03-06

【リリース情報】 Uzelli Psychedelic Anadolu




70年代トルコのサイケデリック・ムーヴメント=アナドル・ロックの知られざるカセット音源をコンピ化したインパクト特大のナイス企画が新興レーベル「ウゼリ」からリリースに。


欧米ロックの影響とトルコの伝統を巧みにミックスした、サイケ&ファンキーかつオリエンタルなユニークなサウンドの連続。世界音楽としてもレアグルーヴとしても実に聞き応えアリ!


ウゼリ・サイケデリック・アナドル

V.A.: Uzelli Psychedelic Anadolu
Uzelli / Rushhour Distribution (RTMCD-1435)

1. Zor Beyler – Intro
2. Zor Beyler - Gözündeki Yaşlarına
3. Erkin Koray - Öksürük
4. Kerem Güney - Sıcak Bir Sevda
5. Aşık Emrah - Bu Ellerden Göçüp
6. Elvan Sevil - Yar Senin İçin
7. Akbaba İkilisi - Şeker Oğlan
8. Ünol Büyükgönenç/ Kardaşlar - Deniz Üstü Köpürür
9. Neşe Alkan - Kaçma Güzel
10. Ali Ayhan - Bana Göre Kızlar Çok

2020-03-05

【リリース情報】 KUF: RE:RE:RE




クラブ・ミュージック~ファンク~ジャズ~ジャム・バンドなどの垣根を越え幅広く支持を集めるドイツのインスト・バンドKUFによるキラーなカバー・アルバム。


KiNKやrRoxymoreをはじめとした人気の現行アクトから大御所パトリック・カウリーまで、新旧バラエティに富んだダンス・ミュージックをタイトなバンド・サウンドで甦らせた好企画。


KUF: RE:RE:RE
Macro / Wordandsound

1. An Ardent Heart (Stefan Goldmann)
2. Arcade (Santiago Salazar)
3. Furniture (Raudive)
4. Soon (Patrick Cowley & Jorge Socarras)
5. Feral (Raudive)
6. Memory Fails Me (Patrick Cowley)
7. Vodolaz (KiNK)
8. Law Of Return (Peter Kruder)
9. Stammophorm (Anno Stamm)
10. Darksun (rRoxymore)
11. Hollow Sound (Stefan Goldmann)

2020-02-25

【リリース情報】 NUMA GAMA: Me Redesenho




ブラジル新世代のアーティスト・コレクティヴ<ヴードゥーホップ>からヌマ・ガマがアルバム・デビュー。


ウェイトレスなベクトルと沈み込むようなダウナー感、緩やかなダンス・グルーヴ、トロピカリア、サイケ、ニューエイジ・シンセやエレクトロ・アコースティックなど、さまざまなエレメントを巧みにミックスしながら、妖しくも美しい唯一無二の音世界を創出しております。


世界音楽、クラブやロックの垣根を越えた規格外のニューカマー。ご注目ください。


NUMA GAMA: Me Redesenho
Voodoohop / calentito (CLTCD-2089)

1. Entre Final
2. Harmonização
3. Chapeu
4. Meio caminho andado
5. Twig People (seres de madeira)
6. Sinking Ship
7. Message
8. Brega estrelar
9. Umbigo
10. Entre Parte 2
11. escute bem as aguas
12. Descanso (outro)

2020-02-21

【リリース情報】 Jacob Bellens - My Heart Is Hungry And The Days Go By So Quickly




フーメイドフーやキャスパー・ビヨーケの作品にもゲスト参加、ダンス系アクトのフィーチャリング・シンガーとしても引く手あまたのデンマークを代表するシンガー/ソングライターJacob Bellensの2020年最新アルバムが完成。


Jacob Bellens - My Heart Is Hungry And The Days Go By So Quickly
hfn music (hfn 111lp)

A1. Enterprise
A2. Summer Sadness
A3. Bread and Butter
A4. I Want You
A5. Daylight
B1. Sun Has Gone
B2. Heavy Duty
B3. Till The Walls Come Down Around Us
B4. Electric Tension