2020-11-20

【リリース情報】 Outro Tempo II - Electronic And Contemporary Music From Brazil 1984-1996

 


ベッドルーム、ダンスフロアやアンビエントなどをまたいだ10年代以降の新たな流れ。そこにリイシュー側から切り込み未知の領域を切り開いたオランダのレーベル、ミュージック・フロム・メモリー。その名声を決定づけたブラジル企画の第2弾。


電子音楽、シンセ、生音、パーカッション、ジャズ、ニューウェイヴ、現代音楽、もちろんブラジル独自のサウダージやスピリチュアル要素も。今回もまたいい具合に多くの要素が入り混じった稀有なミクスチャ・サウンドのオンパレードでただただ驚き。


V.A./アウトロ・テンポ II ― エレクトロニック&コンテンポラリー・ミュージック・フロム・ブラジル 1984 - 1996

Outro Tempo II - Electronic And 
Contemporary Music From Brazil 1984-1996
Music From Memory (RTMCD-1454)

CD1
1 MAY EAST–MARAKA 
2 DEQUINHA E ZABA–PREPOSIÇÕES
3 OHARASKA–A FÁBULA 
4 FAUSTO FAWCETT–SHOPPING DE VOODOOS 
5 R. H. JACKSON–O GATO DE SCHRÖDINGER 
6 EDSON NATALE–NINA MAIKA 
7 AKIRA S–TOKEI 
8 LOW KEY HACKERS–EMOTIONLESS 
9 BRUHAHÁ BABÉLICO–BRUHAHÁ II *** bonus track 
10 CHANCE–SAMBA DO MORRO 
11 JORGE DEGAS & MARCELO SALAZAR–ILHA GRANDE 

CD2
1 PRISCILLA ERMEL–AMERICUA 
2 VOLUNTÁRIOS DA PÁTRIA–MARCHA 
3 ANGEL’S BREATH–VELVET
4 FAUSTO FAWCETT–IMPÉRIO DOS SENTIDOS
5 INDIVIDUAL INDUSTRY–EYES *** bonus track 
6 CHANCE–INTRO-AMAZÔNIA
7 TETÊ ESPÍNDOLA–QUERO-QUERO 
8 NELSON ANGELO–HARMONÍA DE ÁGUA 
9 JORGE MELLO–A NATUREZA REZA 
10 JÚLIO PIMENTEL–GERSAL 
11 TIÃO NETO–CARROUSEL 

2020-11-18

【VIDEO】 Arp Frique - Voyage feat Mariseya

 



ARP FRIQUEの新曲「Voyage」のビデオが。


Rushhourから先日カットされた12"シングル『Minina Bem Li』の一曲です。

2020-11-17

Arandel - InBach remixed

 



Arandelのバッハ電化リメイク作『InBach』がToh Imago、King Britt、La Foudre、Eris Drew、BUMBYにリミックスされ生まれ変わりました。


バッハのさらなる輪廻転生をご堪能いただけましたらと。



2020-11-16

【リリース情報】 PASCAL COMELADE: Le Cut-Up Populaire




ロバート・ワイアットやPJハーヴェイ、ヤキ・リーベツァイトらともコラボ、トイポップのパイオニアとして世界中の音楽ファンに愛されてきたフランスの奇才パスカル・コムラードの2020年最新アルバム。


リシャール・ピナスやベル・カント・オルケストラのメンバーら、旧くからの盟友たちを交えながら、相変わらずのヒネリと毒とユーモアと哀しみの絶妙に入り混じった、しかしながらいつも以上にストロングで濃密な、キャリア屈指の傑作に。


パスカル・コムラード/カットアップ・ポピュレール

PASCAL COMELADE: Le Cut-Up Populaire
Because Music (RTMCD-1464)

1 LE GRAND NÉON À ROULETTES
2 DEVIATIONIST MUZAK (version 2) 
3 DANCING LE MÔMO 
4 UNICAZZZ 
5 L ‘HORIZON PERDU DU CORNET À GIDOUILLE
6 LES RADIS CONTIENNENT DU RADIUM 
7 ROLL OVER FUZMANCHU 
8 STIGMATES DE LA LIGNE CR DE 
9 FLIP SIDE OF SOPHISM
10 LAST GHOST TRAIN TO NOTHING 
11 SARDANA DELS DESEMPARATS (version 7) edit. Why Not 
12 CAN I GO TO CANIGÓ ? 
13 COUCHER DE SOLEIL SUR L’ADRIATIQUE 
14 DES RAILS EN MOU DE VEAU 
15 DESPINTURA FÒNICA
16 EVAPORISME SONOR
17 PATAFISISKAL POLSKA (live) edit. BMG
18 ÉLÉVATION DE MARIE MADELEINE 
19 LEVIENS VENDLEDI 
20 DON’T TOUCH MY BLUE OYSTER SHOES (version 2) edit. Why Not
21 ZE ORTHOPEDIC DOO-WOP 
22 (MC) 5 PIANOS IN DETROIT 
23 LE ROI DU RALENTI 
24 NO SYMPATHY FOR SYMPHONY 
25 THIRD 
26 LE CUT-UP POPULAIRE 
27 ALZINA MUNTANERA 
28 HA PASSAT UN ANGEL (version 3)

2020-11-15

【リリース情報】 FINE YOUNG CANNIBALS: The Raw and The Cooked

 


ホンダのCMにも使われ日本でもヒットを記録、米ビルボード・チャートでもNo.1を獲得した名曲「She Drives Me Crazy」を含むファイン・ヤング・カニバルズのセカンド・アルバム『The Raw and The Cooked』が初のリマスター再発。


リミックス、デモ音源やシングルB面曲などを多数追加収録した豪華2枚組仕様!


ファイン・ヤング・カニバルズ/ザ・ロー&ザ・クックト

FINE YOUNG CANNIBALS: The Raw and The Cooked
London Records

CD1

01 She Drives Me Crazy 
02 Good Thing 
03 I'm Not The Man I Used To Be
04 I'm Not Satisfied 
05 Tell Me What 
06 Don't Look Back
07 It's OK (It's Alright) 
08 Don't Let It Get You Down
09 As Hard As It Is 
10 Ever Fallen In Love?
11 You Never Know ("Don't Look Back" B-Side) 
12 Social Security ("Good Thing" B-Side)
13 She Me Crazy (David Z 12" Remix) 
14 Good Thing (Nothing Like The Single Mix)
15 Ever Fallen In Love (Extended Version) 
16 I’m Not The Man I Used To Be (12” Version)
17 Don't Look Back (12" Version) 
18 It's Ok (It's Alright) (Ploeg Club Mix)

CD2

01 She Drives Me Crazy (Dimitri From Paris Remix) 
02 I'm Not Satisfied (New York Singing Mix II)
03 She Drives Me Crazy (Seth Troxler Remix) 
04 Ever Fallen In Love? (The Rare Groove Bootleg)
05 Good Thing (Prince Paul Vocal Percussapella) 
06 She Drives Me Crazy (Percusapella)
07 I’m Not The Man I Used To Be (Demo Version) 
08 Don't Look Back (Youth Remix)
09 As Hard As It Is (Demo Version) 
10 Tell Me What (Demo Version)
11 Hold Me (Demo) 
12 I'm Not Satisfied (Demo Version)
13 Ever Fallen In Love? (Club Senseless Arthur Baker Remix) 
14 Race Track Instrumental

2020-11-14

【リリース情報】 FINE YOUNG CANNIBALS: Fine Young Cannibals




ビルボードNo.1ヒット「She Drives Me Crazy」でおなじみのイギリスのダンス・ポップ・ユニット、ファイン・ヤング・カニバルズの記念すべきデビュー・アルバムが初のリマスター&レア曲多数をボーナストラックとして追加収録した2枚組で再発に。


ファイン・ヤング・カニバルズ/ファイン・ヤング・カニバルズ

FINE YOUNG CANNIBALS: Fine Young Cannibals
London Records

CD1

01 Johnny Come Home 
02 Couldn't Care More
03 Don't Ask Me To Choose 
04 Funny How Love Is
05 Suspicious Minds 
06 Blue
07 Move To Work 
08 On A Promise
09 Time Isn't Kind 
10 Like A Stranger
11 Johnny Come Home (Extended Mix)
12 Suspicious Minds (Extended Mix)
13 Blue (Dance Version) 
14 Wade In The Water ("Blue" B-Side)
15 Love For Sale ("Johnny Come Home" B-Side)
16 Motherless Child ("Funny How Love Is" B-Side)
17 Prick Up Your Ears 
18 Couldn't Care More (Annes Mix)
19 Blue (Slow Version) 
20 Suspicious Minds (Caught In A Dub)
21 Johnny Come Home (Mousse T Cocktail Mix)

CD2

01 Johnny Come Home (Derrick Carter Remix) 
02 Suspicious Minds (US Remix)
03 Funny How Love Is (Radio Mix) 
04 Johnny Come Home (Mark Moore 12" Remix)
05 Blue (Live at Town & Country Club BBC Session) 
06 Johnny Come Home (Live)
07 Suspicious Minds (Suspicious Mix) 
08 Johnny Come Home (John Peel BBC Session)
09 Blue (John Peel BBC Session) 
10 Time Isn't Kind (John Peel BBC Session)
11 Good Times And Bad (Extended Mix) 
12 Suspicious Minds (Shakedown Mix)
13 Couldn't Care More (Janice Long BBC Session) 
14 Move To Work (Janice Long BBC Session)
15 Don´t Ask Me To Choose (Janice Long BBC Session)
16 Funny How Love (Janice Long BBC Session)
17 Blue (Demo Long Version 
18 Johnny Come Home Mousse T (Extended Mix)

2020-11-10

【リリース情報】 NICOLÁS JAAR: Cenizas

 


リディア・ランチやFKAツイッグスとのコラボでも注目を浴びたニコラス・ジャーの本人名義での2020年最新作。


モノトーンな音世界、しかしながらほのかにエモーショナルで、音楽的にもとても豊か。アゲインスト・オール・ロジックのダンス・モードとは真逆ながらもスロウモーな得も言われぬ推進力もあり。


超常的なムードはいよいよ無双の域へ…。


ニコラス・ジャー/セニサス

NICOLÁS JAAR: Cenizas
Other People / Wordandsound (OP055CDJ)

1 Vanish
2 Menysid
3 Cenizas
4 Agosto
5 Gocce
6 Mud
7 Vacíar
8 Sunder
9 Hello, Chain
10 Rubble
11 Garden
12 Xerox
13 Faith Made of Silk

2020-11-09

Botanas: DJ Raff

 



Barrio LindoとEl BuhoのレーベルShika ShikaのBotanasシリーズにDJ Raffが登場。Dengue Dengue DengueやEl Buhoともつながりのあるロンドン在住のチリ人プロデューサーです。


2020-11-02

【リリース情報】 Christoph de Babalon: Recurring Horrors

 


アレック・エンパイア主宰DHR(Digital Hardcore Recordings)からのリリースで90年代テクノ黎明期にその名をはせた奇才Christoph de Babalonの未発表音源発掘集。


ラフでパンチのきいたジャングルやブレイクコアから不穏なムードのインダストリアル・アンビエントまで、90年代テクノのヤバさがめいっぱいに詰まった、まさに今こそ発掘されるべき楽曲群。


クリストフ・ド・ババロン/リカーリング・ホラーズ

Christoph de Babalon: Recurring Horrors
A Colourful Storm / Wordandsound (RTMCD-1463)

1. Combine
2. Delinquent Dreams
3. Toteninsel
4. Recurring Horrors
5. Frost
6. No Man’s Land
7. Blue Hours
8. Day By Day (Life Fades Away)

2020-11-01

【リリース情報】 Richard Band: Ghoulies

 


ジョン・カーペンターの『Dark Star』などこれまでにもマニアをうならせる映画音楽の再発を手掛けてきた(日本の80年代ニューエイジ復刻でもおなじみの)WRWTFWWレーベルが、カルト映画の魔窟「エンパイア・ムーヴィー」で奇才リチャード・バンドがスコアを担当した80年代サントラ3作を同時再発。


リチャード・バンド/グーリーズ

Richard Band: Ghoulies
WRWTFWW Records (RTMCD-1462)

01. Prologue
02. Main Titles
03. Basement Discovery
04. First Incantation
05. First Ghoulie & Clown Room
06. Jonathan Prepares
07. Bring Forth The Ghoulies
08. In Bed With…Ghoulies
09. Becky is Leaving
10. The Master Returns
11. Bracelet Kill
12. Mr. Dick’s Tongue Lashing
13. Short Dudes
14. The Ghoulie Attacks
15. Ghoulies Attack Becky
16. Father & Son Battle & Finale
17. End Titles
18. Organ Track (CD only bonus)
19. Fela Johnson - Dancing with a Monster
20. Fela Johnson - Surrender

2020-10-31

【リリース情報】 Richard Band: Troll (Original Soundtrack)

 


ジョン・カーペンターの『Dark Star』などこれまでにもマニアをうならせる映画音楽の再発を手掛けてきた(日本の80年代ニューエイジ復刻でもおなじみの)WRWTFWWレーベルが、カルト映画の魔窟「エンパイア・ムーヴィー」で奇才リチャード・バンドがスコアを担当した80年代サントラ3作を同時再発。


リチャード・バンド/トロル

Richard Band: Troll (Original Soundtrack)
WRWTFWW Records (RTMCD-1461)

01. Cantos I
02. Cantos II
03. Cantos Profanae
04. Cantos IV
05. Cantos V

2020-10-30

【リリース情報】 Richard Band: TerrorVision




ジョン・カーペンターの『Dark Star』などこれまでにもマニアをうならせる映画音楽の再発を手掛けてきた(日本の80年代ニューエイジ復刻でもおなじみの)WRWTFWWレーベルが、カルト映画の魔窟「エンパイア・ムーヴィー」で奇才リチャード・バンドがスコアを担当した80年代サントラ3作を同時再発。


リチャード・バンド/テラー・ビジョン

Richard Band: TerrorVision
WRWTFWW Records (WRWTFWW046)

A1. Prelude
A2. Satellite to Medusa
A3. God Dang Burglar
A4. Bye Gramps & TV
A5. Locked in to Medusa
A6. Medusa & Bye Bye Spiro
A7. Gramps in Bed & OD Chased
A8. Sherman Fights Back
B1. Pluthar Arrives
B2. Pluthar Dies &…Good Morning
B3. The Fibonaccis - TerrorVision
B4. The Fibonaccis - The Friends of Crime
B5. The Fibonaccis - Sack of Suet Suite
B6. The Fibonaccis - Advice to a Mutant
B7. The Fibonaccis - He Can’t Stop Laughing

2020-10-29

バナナラマの自伝本が発売に

 


ストック・エイトキン・ウォーターマンがプロデュースした「ヴィーナス」の世界的ヒットでおなじみ、イギリスでもっとも大きな成功を収めた女性グループである「バナナラマ」の自伝本『Really Saying Something』が発売に。




日本語化にも期待したいです。


読書のお供には『The Greatest Hits Collection』をぜひ。


本のタイトルにもなったファン・ボーイ・スリーとの「Really Saying Something」も、もちろん収録しております。おなじみのヒット曲ばかりからなる究極ベスト。





2020-10-28

【本日発売】 SAN IGNACIO - La Identidad es Una Trampa (Fertil Discos)





2019年にアルゼンチンの伝説的フォルクローレ蒐集家レダ・バジャダーレスのトリビュート企画を手掛け急浮上した新進レーベルFertil Discos、その主宰のひとり、サン・イグナシオのセカンド・アルバム『La Identidad es una Trampa』が日本盤で登場。


二コラ・クルースやチャンチャ・ビア・シルクイート、バリオ・リンドらと共に南米の現行エレクトロニック・シーンの一角を形成、しかしながら徹頭徹尾ダウナーかつ寸止めで弛緩しまくり唯一無二なスタイルで未踏の領域を開拓。


ぜひ!



2020-10-27

ルスミラ・カルピオの新作とドキュメンタリー作品のクラウドファンディング

 




ZZKレーベルがルスミラ・カルピオの約20年ぶりのアルバムとドキュメンタリー映像作品を制作、2021年にリリース予定。そのためのクラウドファンディングをキックスターターで実施。


ルスミラ・カルピオは南米ボリビアの、標高4000メートルを超えるアンデスの山岳地帯に暮らすケチュア族の音楽家。60年代のなかごろに歌手活動を開始、ケチュアの歴史や文化、母なる大地パチャママのことを歌にしてきた。「アンデスの声」とも言われるその唯一無二の歌声はかのメルセデス・ソーサをも魅了、後継アーティストへの影響も絶大である。ルスミラは80年代にパリへと拠点を移し以降はヨーロッパを中心に活動している。2006年から2010年まで駐仏ボリビア大使もつとめた。ZZKは2015年にニコラ・クルースやチャンチャ・ビア・シルクイート、キング・コヤらと共に、彼女の代表曲をリミックスした企画盤『Luzmila Carpio meets ZZK』をリリースしている。


クラウドファンディングの詳細はこちらを >>>


 

2020-10-23

Quiroga - Re:Passages EP





Really Swiing主宰、イタリアはナポリのベテラン・プロデューサーQuiroga(キローガ)による、昨年のアルバム『Passages』の続編的な、でもガラリとムードを変えた快心のEP。


めちゃくちゃよいです!


アルバム本編もこの機会に再度ご注目いただけましたらと。
 

2020-10-15

ERKIN KORAY - "Halimem" compilation LP on Pharaway Sounds

 


ファラウェイ・サウンズからエルキン・コライのベストがヴァイナルで。限定のカラー・バージョンもあるようです。ぜひチェックいただけましたらと。


コライ収録コンピ『ウゼリ・サイケデリック・アナドル』もまたこの機会にいま一度ご注目いただけましたらと。

2020-10-14

【リリース情報】 GUELEWAR: Touki Ba Banjul : Acid Trip From Banjul To Dakar



 
テランガ・ビートからの発掘で10年代に入ってからレアグルーヴやアフリカ音楽愛好家たちの間でその名が知られるようになった西アフリカはガンビアの伝説的バンド「ゲレワル」の70年代後半から80年代初頭にかけてのベスト・セレクション。オランダのキンドレッド・スピリッツ企画による決定盤が久々の再発に。


ゲレワル/アシッド・トリップ・フロム・バンジュール・トゥ・ダカール

GUELEWAR: Touki Ba Banjul : Acid Trip From Banjul To Dakar
Kindred Spirits (RTMCD-1460)

1 Ya Mom Samaray
2 Sunu Makaan
3 Warteef Jigeen
4 Jilanna
5 Sama Yaye Denna N'darr
6 Tasito
7 Wollou
8 N.T.C. The Gambia
9 Njarama
10 Kele Fasane

2020-10-13

Barrio Lindo - Futuro Incierto

 



バリオ・リンドの新曲が。


ジャケット写真はご本人でしょうか…。


エル・ブオとのジョイント・プロジェクト=ヒストリー・オブ・カラーのアルバム『Antumbra』も引き続きよろしくお願い致します。

 

2020-10-12

EL BUHO - Aguas Profundas (Inspired by 'The Outlaw Ocean' a book by Ian Urbina)

 



エル・ブオの新作EPいかがでしょうか。


『ニューヨーク・タイムズ』などにも寄稿するジャーナリストIan Urbina氏の書籍『Outlaw Ocean』から得たインスピレーションをエル・ブオのフィルターを通して音でアウトプットしたもの。


5曲とそれぞれのインストを合わせ計10トラック。


そのうち2曲は、近年ブラジルやガイアナの湾岸で発見された「アマゾン・リーフ」と呼ばれるユニークな生態系にまつわる曲。アマゾンの大河がもたらしたさまざまな堆積物、そこに育まれた目を見張るような生物多様性、それがいま原油の採掘作業により危機に直面している、とのこと。


ご興味ありましたらぜひこちらの記事もご一読いただけましたらと。


https://www.greenpeace.org/international/press-release/24381/first-deep-divers-in-the-amazon-reef/


Outlaw Oceanについては


https://www.theoutlawocean.com/the-outlaw-ocean/

https://youtu.be/q_W756mErlc


エル・ブオ以外にも多くの音楽家がこの書籍をもとに作品を。

 

2020-09-30

【リリース情報】 Paul Brändle: Solo




ドイツのミュンヘンを拠点とするクラブジャズ・バンド<フェイザー>のギタリスト、ポール・ブランドルによるソロ・アルバム。


ギター一本で、ジャズやフォーク、ブルースの狭間に、スロウモーションのような、しかしながら緊迫感のある、唯一無二の静謐な音世界を構築。


ポール・ブランドル/ソロ

Paul Brändle: Solo
Squama / Wordandsound (RTMCD-1459)

1 Brainwave
2 Sail
3 Nowish
4 Mito
5 Barry
6 Matches
7 Danny Boy
8 Lina
9 Verano

2020-09-28

El Búho - Swifts

 



エル・ブオがEarthly Measuresレーベルの企画『Earthly Tapes vol. 2』に新曲を提供。


10月9日リリースとのことです。


ご期待ください!


https://www.juno.co.uk/products/earthly-tapes-02/790766-01/

 

2020-09-22

PANGAR - 1



マロヤ企画『Digital Kabar』にも曲提供していたKwaludとBetnwaarというふたりのレユニオンのプロデューサーによる新ユニット<PAGAR>のデビューEPが出来。


アルバムも期待したいです。

2020-09-17

KUF - Re:Re:Re // 2020


 


人力ダンス・バンドKUFのライヴ映像いかがでしょうか。


新作『Re: Re: Re:』からの楽曲です。


今回のアルバムは全曲カバー。


KiNKやrRoxymore、Santiago Salazarなどなど。


ディスコの大御所パトリック・カウリーも。



2020-09-16

【リリース情報】 MOMBASA: Shango Over Devil's Moor - Live At Stagge's Hotel 1976




ニコ・ゴメスやワンネス・オブ・ジュジュと並ぶアフロ・レアグルーヴの人気バンド、モンバサが名作『African Rhythms & Blues』直後の76年に残したレアなライヴ盤。


乱れ飛ぶパーカッション、火を噴くホーン、揺らぐファンクとソリッドなグルーヴ…モンスター級のド迫力パフォーマンスを追体験できるあまりにも貴重なリリース。


これは生で観たかった!


モンバサ/シャンゴ・オーバー・デヴィルズ・ムーア ― ライヴ・アット・シュタゲズ・ホテル 1976

MOMBASA: Shango Over Devil's Moor - Live At Stagge's Hotel 1976
Sireena Records ‎(RTMCD-1446)

1 Soletho Part I
2 Soletho Part II
3 Soletho Part III
4 Soletho Part IV
5 Introduction
6 Makishi
7 Shango
8 African Hustle
9 Kenia
10 Serengeti
11 Lopalop

2020-09-15

I​:​Cube - Cubo Live Sessions Volume One




90年代から長いキャリアを持つフランスのエレクトロニック・プロデューサー、アイキューブ(I:Cube)のライヴ音源が蔵出しに。


ライヴ・セットならではの独特のテクスチャやムードをパッケージ化した貴重なリリース。ヴァイナルもカットされるようです。


ここ数年はシングルやリミックスを中心にマイペースな活動が続いておりますが『"M" MEGAMIX』(2012年)以来の久々のアルバムも期待したいです。
 

2020-09-14

【リリース情報】 Gewürztraminer: A bissl übertrieben




オーストリアはウィーンの人気ミクスチャー・バンド Gewürztraminer(ゲヴュルツトラミネール)の最新アルバム。


ジプシー・スウィング、ロックやパンク、スカ、タンゴ、シャンソン、アラブ、ラテンなど、さまざまなエレメントをゴッタ煮した、陽気だけれどもどこか独特の陰影がある表情豊かなライヴ・サウンドを武器にローカル・シーンで頭角を現した新進バンドです。


ご注目ください。


ゲヴュルツトラミネール/A bissl übertrieben

Gewürztraminer: A bissl übertrieben
Gewürz Records / Wordandsound (RTMCD-1458)

1. Sweet Sweet Gypsy Jazz
2. Ode ans Verlieben
3. Interlude 1
4. Tschü amoi
5. Gewinner
6. A night in Dinovski
7. Zwefendi
8. Things are not always what they seem
9. Am Sand
10. Bessarabiata
11. Ich liebe dich wegen meines Körpers

2020-09-13

Giorgia Angiuli Live set - Awesome Soundwave II | @Beatport Live




ジョルジア・アンギウリさんのライヴ・セットいかがでしょうか。


BPitch Controlからもアルバムを出していた二人組We Loveのひとりです。


2018年に『In a Pink Bubble』でソロとしてアルバム・デビュー。
 


2020-09-12

『HHV MAG』のレーベル特集にMelody As Truth




ジョニー・ナッシュ主宰「Melody As Truth」がドイツのショップ<HHV>のレーベル特集に。


https://www.hhv-mag.com/en/feature/11269/melody-as-truth-on-the-threshold-of-sound-and-silence


ミックスもいい感じです。


ぜひ記事チェックいただけましたらと。
 

現在のところの唯一のCDリリース『Framed Space: Selected Works 2014 -2017』もこの機会に改めましてご注目いただけましたら幸いです。


ジョニー・ナッシュがスザンヌ・クラフトと出会い交流を深めていくレーベル初期の軌跡をまとめた企画盤。ジジ・マシンとのコラボも。国内仕様盤のみ未発表3曲を収めたボーナスCDRを追加で添付。
 

2020-09-09

【リリース情報】 SAN IGNACIO: La Identidad es una Trampa




2019年に伝説的フォルクローレ蒐集家であるレダ・バジャダーレスのトリビュート企画を仕掛け急浮上したアルゼンチンの新進レーベルFertil Discos。


その主宰のひとり、サン・イグナシオのセカンド・アルバムが日本盤で登場。


二コラ・クルースやチャンチャ・ビア・シルクイート、バリオ・リンドらと共に南米の現行エレクトロニック・シーンの一角を形成、しかしながらとことん寸止めな唯一無二のスタイルで孤高の独自路線を突き進む異才です。今回もユル過ぎてトロけます。


サン・イグナシオ/ラ・イデンティダ・エス・ウナ・トランパ

SAN IGNACIO: La Identidad es una Trampa
Fertil Discos (CLTCD-2091)

1. Esto No Es Un Poema
2. Déjenme Gozar (ft.Lola Bhajan)
3. O Bem (ft. Projeto Mujique)
4. Y Pobre de mi
5. Antes del gobierno popular, un sólo dueño; después del gobierno popular, muchos dueños (ft. Rumbo Tumba)
6. Perrear en tu casa tranqui no es la revolución, pero podría predisponerte a ella (ft. Mr. Island)
7. Yo tambien quiero, como vos, canchas de fútbol abandonadas en donde paste el ganado, y patrulleros abandonados en la playa, a punto de ser integrados por la arena y el sol (ft. El Remolón)
8. Cerrar los ojos y ver casitas
9. Esto no es un poema (ft Arnaldo Antunes)

2020-09-08

ARP FRIQUE - Minina Bem Li




オランダのトロピカル・ディスコ・ユニット ARP FRIQUE (アープ・フリーク)の新しいEPが10月にリリースとなるようです。


https://arpfrique.bandcamp.com/album/minina-bem-li
https://www.rushhour.nl/record/vinyl/minina-bem-li


アープ・フリークは、ジョヴァンカのプロデュースやノース・シー・ジャズ・フェスティバルのキュレーションなども手掛けるオランダ人プロデューサー、「ネルソン」ことニルス・ニューボルグが率いるライヴ・バンドで、2018年に『Welcome To The Colorful World Of Arp Frique』でアルバム・デビュー。


アルバムにはエヂ・モッタやオーランド・ジュリアスも参加。シングル曲がジャイルズ・ピーターソンのワールドワイド・アウォードにノミネートされたり、レインボウ・ディスコ・クラブのプロモ・ビデオでも使われたりと、話題を呼びました。


2019年にはアルバムでコラボしたカーボベルデのミュージシャン、アメリコ・ブリトーと共にカーボベルデの知られざるファンク&ブギー音源を紹介する企画盤『Radio Verde: Cape Verdean Dancefloor Music』をコンパイル。
 

2020-09-07

トム・オブ・フィンランドの個展と映画






DJヘルが2017年のアルバム『Zukunftsmusik』でコラボしていたフィンランドのアーティスト、トム・オブ・フィンランド。


2020年はゲイカルチャーに革命を起こした先駆者の生誕100年アニバーサリー。


日本で初めての個展と、伝記映画の上映がまもなく。


9月18日から渋谷パルコのGALLERY Xで開かれる個展については


https://art.parco.jp/galleryx/detail/?id=396


映画については


https://www.magichour.co.jp/tomoffinland/


 

2020-09-01

【リリース情報】 SOU SI-TAI: China - The Fisherman and the Woodcutter - The qin, ziter of the literati




ジュネーヴ民族学博物館の音楽レーベル「MEG-AIMP」が手掛けた、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている中国の伝統楽器「古琴」の貴重な演奏コレクションが待望の再発に。


とことん簡潔で素朴な、しかしながら悠久の歴史がジワリにじみ出た、情緒あふれる音色とメロディを堪能できる至高の逸品です。


SOU SI-TAI: China - The Fisherman and the Woodcutter - The qin, ziter of the literati


1. Je m’en retourne
2. Elégie pour les Anciens
3. En pensant à un ami
4. Tristesse sur la rivière Xiang
5. L’incantation du moine Pu’an
6. L’immortel des eaux
7. Trois variations sur les fleurs de prunier
8. Dialogue du pêcheur et du bûcheron
9. L’adieu à Yangguan
10. Le chant du vieillard ivre

2020-08-31

【リリース情報】 BAD STREAM: Sonic Healing




ジャーマン・エレクトロ&インダストリアルの至宝バッド・ストリームによる待望の新作。


ポスト・クラシカルとニューエイジ、スピリチュアル・ジャズの狭間に桃源郷をはるかに超越した無重力な音の極楽浄土を構築した新機軸の傑作。


バッド・ストリーム/ソニック・ヒーリング

BAD STREAM: Sonic Healing
Antime / Wordandsound

1 I
2 II
3 III
4 IV
5 V

2020-08-30

SILICE. Un compilado de productores mujeres cis, trans y no binaries.




レダ・バジャダーレスのトリビュートに続くFertil Discosの新しいコンピ『SILICE』


Numa Gamaも楽曲提供してます。


ぜひ!
 

2020-08-29

【VIDEO】 Bananarama - Movin' On




バナナラマ「Movin' On」


1992年の本日UKチャートに初登場。


ロンドン・レコードでのラスト・アルバム『Please Yourself』からのファースト・シングルです。ストック・エイトキン・ウォーターマンのストックとウォーターマンがプロデュース。

 

2020-08-28

Botanas: Numa Gama




Numa GamaがShika Shikaレーベルの「Botanas」シリーズに登場!


Barrio Lindoのリミックスも!


最新アルバム『Me Redesenho』も引き続き宜しくお願い致します。
 

2020-08-25

Fact mix 772: Deena Abdelwahed (Aug '20)



ディーナ・アブデルワヘードの新しいミックスが。


新曲を提供しているコンピ『Alterity』が今週リリースですね。


アルバム『Khonnar』も引き続きよろしくお願い致します。
 

2020-08-24

DJ Raff w/ Dengue Dengue Dengue - August 2020



DJ Raffがホストをつとめるロンドンのウェブ・ラジオ「Balamii」にDengue Dengue Dengueがゲスト出演。


別名義「DNGDNGDNG」でのシングルに新レーベルKebrada Recordsの設立(コンピのリリースもまもなく)と、アルバム『Zenit & Nadir』以降も活発な活動が続いております。引き続きご注目ください。

 

2020-08-21

Barulinho - Siesta EP




エル・ブオとのコラボ「ヒストリー・オブ・カラー」でもアルバムが出たばかりのバリオ・リンドがまたまた新曲を届けてくれました。


今回はアンビエントな新プロジェクト「Barulinho」。


https://barriolindo.bandcamp.com/album/siesta-ep


ご注目ください!
 

2020-08-15

【リリース情報】 Chill Pill II




ドイツのミュンヘンを拠点とするレーベル「パブリック・ポセッション」からの3枚目のCDリリース。


昨年好評だったチルアウト・コンピ『Chill Pill』の続編をアンドラスのノンストップ・ミックスで。


ヤング・マルコ、オプティモのトゥイッチやソフィーも収録。各曲セパレートのフル尺データをダウンロードできるコード封入。ブックレットにはトウィッチによる解説も。


V.A.: Chill Pill II
Public Possession / Wordandsound (RTMCD-1457)

1) Popp – Amina
2) Vanessa Worm - Orion No.3
3) DJ Batman - Hello Darkness My Old Friend
4) Nice Girl & Michael – Conjunct
5) Laura Groves – M6 North
6) Occupanther – 4D Lemmings
7) Bell Towers – Precious Gem
8) Secret Circuit – Under Mi Yard
9) Obalski – Platinum Phrases
10) DJ Crysalis – Cushion
11) Eden Burns – Organ Torque
12) Young Marco – Encarta
13) Sui Zhen – Another Time
14) RIP Swirl – Whacked
15) Dj City - Pretend It’s Forever
16) JD Twitch – Jimi
17) Apiento – 5AM Swim
18) Andras – Revegetation Area 2002
19) Sofie – In The Park

2020-08-14

【リリース情報】 JEAN-JACQUES BIRGÉ: Perspectives for the 22nd Century




フランスの前衛音楽家ジャン・ジャック・ビルジェによるジュネーヴ民族学博物館との歴史を未来へと運ぶ未知のコラボ。


博物館所蔵の貴重なヴィンテージ楽器や民族音楽のフィールド録音音源も交えながら、タイトルどおり「22世紀への展望」を紡ぎだしたユニークな企画。


前衛ヴァイオリン奏者のジャン=フランソワ・ブロやエックス・エックスもサンプリングした「Song Of Songs」プロジェクトのシルヴァン・ルメートルらがゲスト参加。


ジャン・ジャック・ビルジェ/22世紀への展望

JEAN-JACQUES BIRGÉ: Perspectives for the 22nd Century
MEG-AIMP (RTMCD-1442)

01 Éternelle
02 L’Indésir
03 MEG 2152
04 Renaissance
05 Les Jambes
06 Hibakusha
07 Aksak tripalium
08 Tirage au sort
09 Larmes de crocodile
10 Variationstrieb
11 Gwerz de l’âme juste
12 Au loup
13 Les champs les plus beaux
14 De vallées en vallées
15 Berceuse ionique
16 Ensemble ratatam

2020-08-13

【リリース情報】 JAPON / JAPAN - Teruhisa Fukuda, shakuhachi master. Musical offering




ジュネーヴ民族学博物館による世界音楽アーカイヴ・シリーズ「MEG-AIMP」に日本の尺八奏者、‎福田輝久の楽曲集が登場。


古くは17世紀にまでさかのぼることができるという歴史ある楽曲、雅な和の音色、独奏が生み出す音の隙間や緊張感が何気にいまどきのアンビエント耳にもフィット、これからの季節に重宝すること間違いなしの涼音を満載したナイス・リリース!


福田輝久/日本

JAPON / JAPAN - Teruhisa Fukuda, shakuhachi master. Musical offering
VDE-Gallo / MEG-AIMP (RTMCD-1434)

1 Ajikan (阿字観)
2 Echigo-sanya (越後三谷)
3 Kokû (虚空)
4 Reibo (霊慕)
5 Tamuke (手向)
6 Saji (薩慈)
7 Takiotoshi (滝落)

2020-08-12

【リリース情報】 MR. FREAK SKA: Ska de Vells




フェルミン・ムグルサやバスクのシーンとも深い交流を持つスペインのミクスチャー・スカ・バンド「ミスター・フリーク・スカ」による5年ぶりのニュー・アルバムが完成。


オーセンティックなスカやロックステディ、カリプソ、グルーヴィーなオルガン・サウンド、センチメンタルな哀愁メロやアコースティックなムードをミックスしながら独自のクロスオーバーな地平を目指した意欲作。


ミスター・フリーク・スカ/スカ・デ・ヴェイス

MR. FREAK SKA: Ska de Vells
Buenritmo / Guerssen (RTMCD-1456)

1. Ska de vells
2. Seu Blai seu
3. Amagar-m'hi a dins
4. No pots passar
5. Menja bé, caga fort i enriu-te'n de la mort 
6. Amic postís
7. Diga'm perquè 
8. Príncep fantasma 
9. De Sidamon a Ultramort
10. Benet
11. Tot el que m'agrada és dolent 
12. L'ornitorrinc
13. Onada de calor
14. Missatge enviat
15. Tàctel, pana i velcro 

2020-08-05

【VIDEO】 GOLDIE - Inner City Life (Official Remastered HD Video)




ゴールディーによるドラムンベースの金字塔アルバム『タイムレス』がリリースから25年。アニバーサリーを祝してダイアン・シャルルマーニュ(R.I.P.)をボーカルで起用した同作からの最大のヒット・シングル「Inner City Life」のビデオ&音源がリマスター。


https://goldietimeless.com/


『Saturnz Return』のリマスター再発も改めましてこの機会にぜひ再度ご注目いただけましたらと。


宜しくお願い致します。

2020-08-04

【VIDEO】 Ezéchiel Pailhès - J'aimerais tant




Ezechiel Pailhès(エゼキエル・パイウ)の新しいビデオが仏Radio Novaのサイトで公開となっております。ぜひチェックいただけましたらと。新作『Oh!』も引き続きよろしくお願い致します。


https://www.nova.fr/jaimerais-tant-ezechiel-pailhes-et-les-premiers-instants-de-lamour-fou

2020-08-01

Brigitte Barbu - Remixes pour ascenseurs en panne




ブリジット・バルブのアルバム『Muzak pour ascenceurs en panne』のリミックスEPがリリースに。


デジタル・バージョンの曲目は


1. Dae-Boj DeMoya (Roman Flügel ‘kraut' Remix) 
2. Dae-Boj DeMoya (Roman Flügel 'synth’ Remix)
3. Couvre chef en peau de taupe (Wajatta Remix)
4. Trou vert (Matthew Herbert’s Butter Dub)
5. Dae-Boj Demoya (Roman Flügel 'minimal' Remix)
6. Trou vert (Matthew Herbert's Hackapella Mix)
7. Couvre chef en peau de taupe (Wajatta Instrumental Remix)


ブリジット・バルブはフランスのエレクトロニック音楽プロデューサー、ペペ・ブラドックの別名義プロジェクト。


カシアスやダフトパンクらとほぼ同じ時期から活動している大ベテランながらも20年のキャリアでアルバムのリリースがわずか2枚、何気にその素性がいまだ謎のヴェールに包まれたままのアンダーグラウンド・レジェンドです。


アルバム本編はフロアから著しく脱線した異色作でしたがこちらは果たして…


ロマン・フリューゲルのクラウトとシンセとミニマル、ハーバートのダブと声、いずれもエクスペリメンタルで意外性に富んだリミックス。レジー・ワッツ×ジョン・テハダ=ワジャッタのタイトなフロア・モードもナイスです。



2020-07-31

【リリース情報】 HYENAH: Watergate 27




ベルリンの人気クラブ「ウォーターゲート」のミックス・シリーズに新世代アフロ・ハウスの旗手ハイエナが登場。


徹底的な抑制、音の隙間からにじみ出るドープネス、大地を揺るがす圧倒的なグルーヴ…。


ブラック・コーヒーの後押しで浮上しさらなる躍進が期待される南アフリカのネクストブレイク期待株、その濃密な音世界を初めて銀盤へと落とし込んだ、ファン待望のミックス作。


ハイエナ/ウォーターゲート 27

HYENAH: Watergate 27
Watergate Records / Wordandsound

01. Hyenah - Warm Drum
02. Lemon & Herb - iFuh
03. Pablo Fierro - Reincarnation
04. Fka Mash - Hazel
05. Sascha Braemer - No Way
06. Sabb & Black Circle - Vega
07. AMEME - Bangala
08. Adana Twins - Jupiter (Kollektiv Turmstrasse Remix)
09. Da Capo - Dark Knight
10. Hyenah - Not Enough feat. Lazarusman
11. JAMIIE & Niko Schwind - Suwedi
12. Kerri Chandler - Think of Something (Floyd Lavine Remix)
13. Hyenah & Floyd Lavine - Soul Rise
14. Super Flu - Effretikon
15. Manoo - De’s Lullaby
16. FNX Omar - Minuit
17. Emanuel Satie & Nanghiti - Forever More
18. Hyenah - The Message feat. Bajka (Henrik Schwarz Remix)

2020-07-30

『Tokyo Experiment』にてジョニー・ナッシュのコンピご紹介いただきました




『Tokyo Experiment』にてジョニー・ナッシュ主宰「Melody As Truth」レーベルのコンピ『Framed Space: Selected Works 2014​-​2017』をご紹介いただいておりました。


http://matyu.jugem.jp/?eid=4843


詳細なレビューどうもありがとうございます!


ぜひご一読いただきまして作品のほうもチェックいただけましたら幸いです。


これからの季節に映えそうな涼しい音を多めに含んでおります。

2020-07-29

【VIDEO】 Bruce Brubaker & Max Cooper - The Poet Acts [Philip Glass]





ビデオ出来。


仏InFinéからのニュー・リリースはBruce Brubaker & Max Cooperによるコラボ『Glassforms


フィリップ・グラスをクラシカルなピアノ&エレクトロニクスでカバー。


宜しくお願い致します!
 

2020-07-27

【VIDEO】 Constantine - My Dear Alice




自主制作のシングルやLPがドノヴァンやインクレディブル・ストリングス・バンドなどと比べられヨーロッパを中心に好評を博しルーツ筋で注目を集めていた米国シカゴのシンガー/ソングライター、コンスタンティンによる、数々のレア盤ディグを手掛けてきたスペインの再発レーベルGuerssenレーベルからのアルバム『In Memory Of A Summer Day』がいよいよリリースに。


ご注目ください。


 

2020-07-25

Le Couleur - Désert




カナダのシンセポップ・バンド「ル・クルール」の『P.O.P』に続く新作がリリースになるようですね。



2020-07-20

Branko Presents: Enchufada Na Zona Vol​.​2




ブラカ・ソム・システマのプロデューサーのBrankoが手掛けたEnchufadaレーベルの新しいコンピレーション。


Dengue Dengue Dengueも新曲を提供しております。


最新アルバム『Zenit & Nadir』も引き続きよろしくお願い致します。

 


2020-07-17

【余談】 BAHAMA SOUL CLUB - Bohemia After Dawn




バハマ・ソウル・クラブの、『Cuban Tapes』(2013年)と『Havana '58』(2016年)に続く新作が完成した模様です。


すでにシングル・カットされているビリー・ホリデーやジョン・リー・フッカーのカバーも収録。


ダンサブルなジャズ・グルーヴの詰まった快作です。
 

2020-07-11

V.A. - Alterity(Deena Abdelwahed参加コンピ)




Deena Abdelwahed参加!


英FabricのレーベルHoundstoothのコンピ企画です。


https://hth.lnk.to/alterity
 

2020-07-10

Ezechiel Pailhès - Oh ! Remixes




エゼキエル・パイウの新作『Oh!』をdOPやBrandt Brauer Frickらがリミックス。


デジタル・リリースとなっております。


https://ezechielpailhes.bandcamp.com/album/oh-remixes

2020-07-06

【リリース情報】 LOS MAMBO JAMBO: Los Mambo Jambo Arkestra




バルセロナ・ジプシー・クレズマー・オーケストラのベーシストであるイヴァン・コヴァセヴィッチをメンバーに含むバルセロナの4人組バンド=ロス・マンボ・ジャンボが10周年を記念してビッグ・バンド編成で待望のニュー・アルバムをドロップ!


リズム&ブルース、ロックンロールやロカビリー、ジャイヴにスウィングをごった煮した最高にゴキゲンなインスト・サウンドでまたもファンをノックアウト!


しかも今回はビッグ・バンドだからいつも以上にどかんとマッシヴ!


ロス・マンボ・ジャンボ/ロス・マンボ・ジャンボ・アーケストラ

LOS MAMBO JAMBO: Los Mambo Jambo Arkestra
Buenritmo / Guerssen (RTMCD-1453)

1. El Timo
2. Gallo De Pelea
3. La Caza
4. Blue Iguana
5. Experiment In Honk
6. Promenade
7. Lago Salado
8. Los Ases Del Baile
9. Carrera De Ratas
10. G String Murders
11. Poderosa
12. La Maldición De Los Rockers

2020-07-05

【リリース情報】 ATENEA CARTER & THE MIGHTY MIGHT: Together And Free




モータウン直結のヴィンテージ・スタイルで10年代の初頭から半ば頃にかけて旋風を巻き起こし日本やヨーロッパのソウル好きを魅了したスペインのバンド、ペッパー・ポッツ。


そのメンバーたちによるペッパー・ポッツ休止後の幻のプロジェクトのレアな唯一作をディグ!


アテネア・カルテル&ザ・マイティ・マイト/トゥゲザー・アンド・フリー

ATENEA CARTER & THE MIGHTY MIGHT: Together And Free
Buenritmo / Guerssen (RTMCD-1452)

1 Use Me Up
2 I'm a Mess
3 You and I Are Done
4 Revenge
5 Lottery Ticket
6 Nobody Second Choice
7 I Live in You
8 I Want You Faster
9 No Means No
10 I Wanna Be Free

2020-07-04

2020-07-03

【リリース情報】 FUNDACIÓN TONY MANERO: Disco Para Adultos




バルセロナのローカル・シーンで生音のディスコやファンク、アシッドジャズなどのミクスチャに取り組み90年代から長く支持を集めていたベテラン・バンド「フンダシオン・トニー・マネーロ」の2020年最新アルバム。


セクシーなメロウ・グルーヴやイマドキのディスコ&ブギーにスペイン語詞独特のセンティミエントを注入、バラエティに富んだまさに「大人のためのディスコ」をお楽しみいただける快心作!


ジョエル・サラクラやシマフンクもゲスト参加。


フンダシオン・トニー・マネーロ/ディスコ・パラ・アドゥルトス

FUNDACIÓN TONY MANERO: Disco Para Adultos
Buenritmo / Guerssen (RTMCD-1450)

1 Femme Fatale
2 Muñeco Analógico
3 Break Romántico
4 Nos Une el Boogie
5 Se Acabó Lo Que Se Daba
6 Words
7 No Hemos Cambiado Tanto
8 Momentos
9 Presentimiento
10 Musicofilia

2020-07-02

『Cologne Curiosities』がバンドキャンプのクラウトロック特集に




バンドキャンプのクラウトロックのレア盤特集


Mental Experienceレーベルが再発したCozmic Corridorsとコンピ『Cologne Curiosities』も取り上げられております。


ぜひいまいちど!


https://daily.bandcamp.com/lists/krautrock-rarities-list


2020-06-26

【リリース情報】 BOMIS PRENDIN: Clear Memory




実験音楽発掘専科「メンタル・エクスペリエンス」がナース・ウィズ・ウーンドの「リスト」にも名を連ねたアヴァンギャルド裏レジェンドの80年代カセット音源をCD化。


レジデンツを思わせるシンセとノイズ、初期アリエル・ピンク的なDIYマナー、でもどこか脱力ホッコリ得も言われぬ絶妙なムードがユニークで病みつきになる!


ボミス・プレンディン/クリア・メモリー

BOMIS PRENDIN: Clear Memory
Mental Experience (RTMCD-1447)

01. First Light
02. French Passport
03. Respect The Road
04. Street Without Lunch
05. Why Blondes Eat
06. I Don't Want
07. Hell's Little Ransom
08. Forced Delight / Debris Factory
09. Jumpstart
10. Robop
11. Keep The Letters
12. Busy
13. I Walk The Lawn
14. The Big Horizon
15. Integers
16. Endocircumventual

2020-06-25

Deena AbdelwahedやArnaud Rebotiniのライヴ映像が




Deena Abdelwahedのライヴいかがでしょうか。


長い映像ですが2時間半くらいのところからになります。


次のArnaud Rebotiniもシンセに贅沢に囲まれながらいい感じです。
 

2020-06-24

Erkin Koray - Öksürük




6月24日はエルキン・コライさんバースデーだったようです。


Uzelli Psychedelic Anadolu』コンピも引き続きよろしくお願い致します。

 

2020-06-21

エル・ブオが『ビルボード』の記事に




エル・ブオのことが『ビルボード』に取り上げられております。


https://www.billboard.com/articles/columns/latin/9401633/first-stream-latin-chocquibtown-myke-towers-paty-cantu


Wonderwheelレーベルから出るチャンチャ・ビア・シルクイートとのコラボEPの話です。


https://wonderwheelrecordings.bandcamp.com/album/pleamar


エル・ブオはバリオ・リンドとの共作アルバムも予定されております。


https://historyofcolour.bandcamp.com/album/antumbra


デジタルは発売中、アナログとCDは7月予定です。


こちらもぜひご注目いただけましたらと。

2020-06-20

【リリース情報】 BOILLAT THÉRACE QUINTET: My Greatest Love




福井良の再発で注目を浴びたWe Release Jazzレーベルがスイスのローカル・シーンの至宝ボワイヤ・テラース・カンテトの70年代レア盤2作を同時リイシュー。


こちらはクラーク・ボラン・ビッグ・バンドにも名を連ねた名士ベニー・ベイリーをフィーチャリング。フレディ・ハバード「Gibraltar」やケニー・ドーハム「Blue Bossa」ほかカバーのチョイスもキラー。


とにかく極上の内容ながらこれがまさかの初復刻。ヨーロピアン・ジャズが最も輝いていた時代の名演をとくとご堪能あれ!


ボワイヤ・テラース・カンテト/マイ・グレイテスト・ラヴ

BOILLAT THÉRACE QUINTET: My Greatest Love
We Release Jazz (RTMCD-1449)

01. Prompt
02. Gibraltar
03. Blue Bossa
04. Le Colin
05. My Greatest Love
06. Gemini

2020-06-19

【リリース情報】 BOILLAT THÉRACE QUINTET: Boillat Thérace Quintet




福井良の再発で注目を浴びたWe Release Jazzレーベルがスイスのローカル・シーンの至宝ボワイヤ・テラース・カンテトの70年代レア盤2作を同時リイシュー。


ローランド・カークやフレディ・ハバードのカバーもグルーヴィーで最高、オリジナルもスリリングで悶絶、とにかく極上の内容ながらこれがまさかの初復刻。


ヨーロピアン・ジャズが最も輝いていた時代の名演をとくとご堪能あれ!


ボワイヤ・テラース・カンテト/ボワイヤ・テラース・カンテト


BOILLAT THÉRACE QUINTET: Boillat Thérace Quintet
We Release Jazz (RTMCD-1448)

01. 1224
02. Sweet Fire
03. Rahsaan Rahsaan
04. Cenovis
05. In Your Quiet Place
06. Straight Life
07. Dolphin Dance
08. Adam’s Apple
09. 5th of July, Dulong Street

2020-06-17

【リリース情報】 History of Colour: Antumbra




エル・ブオ X バリオ・リンド = ヒストリー・オブ・カラー


エレクトロニックや世界音楽の垣根を超えた真にボーダーレスなリリースで躍進を続ける「Shika Shika」レーベルの主宰者ふたりによる夢のジョイント・プロジェクト=ヒストリー・オブ・カラーの初アルバムが完成。


バリオ・リンドの南米フォルクローレとエル・ブオの夢見チルアウト、両者のセンスが見事に融合し内省的であるのに多幸感あふれた、見たことのない新しい音の景色を作り出すことに成功。


ヒストリー・オブ・カラー/アンタンブラ
History of Colour: Antumbra
Shika Shika (CLTCD-2092)

1. Cerro Abajo
2. Nachtwanderung (feat. M.RUX)
3. Viva la Convolución!
4. Sugarcane
5. Taifu
6. Trip Trup
7. Cinco y Cuatro (feat. MaguPi)
8. Apu Punchau
9. Cinder ***
10. In the Hold (History of Colour Remix) ***

*** 日本盤CDボーナストラック

2020-06-12

【VIDEO】 JODI - Altered Termites in my Room




パラグアイのサイケデリック・バンド「JODI」の未発表発掘企画『Pop Espontaneo』より。
 

2020-06-10

BBCのリストにダニエル・エイヴリー




英BBCのリスト「30 tracks that shaped dance music」にダニエル・エイヴリーも。


https://www.bbc.co.uk/programmes/articles/5ZF19S8FTX9WJcnr5j9JF3x/30-tracks-that-shaped-dance-music


ダンス・ミュージックをかたちづくった30曲。


ア・ガイ・コールド・ジェラルドの「Voodoo Ray」からはじまり、名だたるクラシックスばかりが並ぶ中に。


Drone Logic』いまいちどご注目いただけますと幸いでございます。

 

2020-06-09

Waak Waak Djungi 1998 Japanese Tour Documentary




オーストラリアの先住民アボリジニーのシンガーと同国の電子音楽パイオニアのコラボ・プロジェクト=Waak Waak Djungi。


日本ツアーの貴重な映像が。


90年代のアルバムが一昨年シドニーのオブスキュア再発レーベル「Efficient Space」から復刻されております。作品もぜひチェックいただけましたらと。
 

2020-06-08

Kasper Bjørke - Nothing Gold Can Stay Remixes (Part B)



デンマークのエレクトロニック・プロデューサーKasper Bjørke(キャスパー・ビヨーケ)の昨秋の新作『Nothing Gold Can Stay』のリミックスEP


第一弾に続きまして第二弾が早くも到着。


Panthera Krause、Kasper Marrot、Cooper Saver、PerelにBawrut。


それぞれに趣向を凝らしたナイスな再構築仕事をご堪能いただけます。


https://kasperbjorke.lnk.to/NGCSremixesB
 

2020-06-06

Noid Recordingsがバンドキャンプに




イジャット・ボーイズ主宰<Noid Recordings>がバンドキャンプに登場!



2020-06-05

The Garifuna Collective - Black Catbird




Shika Shikaの次のリリースは中米やカリブ地域の絶滅危惧種の鳥類チャリティ企画『A Guide to the Birdsong of Mexico, Central America & the Caribbean』(6月26日デジタル発売/国内盤CD化の予定はいまのところございません)

https://shikashika.bandcamp.com/album/a-guide-to-the-birdsong-of-mexico-central-america-the-caribbean

The Garifuna Collectiveによるファースト・シングルのビデオが完成しました。

エル・ブオの声掛けで10組のアーティストが鳥たちの鳴き声やフィールド録音をサンプリングしたりモチーフにしたりしながら楽曲を制作。


収益はBirds CaribbeanLa Asociación Ornitológica de Costa RicaFundación Ornitológica Txoriといった団体に寄付されるとのことです。

2015年の南米編『A Guide to the Birdsong of South America』に続く第二弾リリース。

2020-06-04

【リリース情報】 BON VOYAGE ORGANISATION: La Course




フランスの新進ディスコ・バンド、ボン・ボヤージュ・オルガニザシオン待望のセカンド・アルバム。


前作のストレートなディスコ・マナーから一転、アジムスを思わせるメロウネスやグルーヴとクラウトロック的な浮世離れしたメディテーション・ムードを兼ね備えたユニークなフュージョン路線へとドラスティックに舵を切った新機軸作に。


ボン・ボヤージュ・オルガニザシオン/ラ・コルス

BON VOYAGE ORGANISATION: La Course
L'Invitation Musicale (RTMCD-1437)

1 Nocturne 305
2 La Course
3 Chanson
4 Le Chant des Radars
5 Un Américain à Tanger
6 Un Américain en Danger
7 Prière pour le Voyageur Partie I
8 Prière pour le Voyageur Partie II

2020-06-02

【VIDEO】 Federico Estévez / Agujeros Blancos




フェデリコ・エステベスから新しいビデオが届きました。


この春リリースしたデビュー・アルバム『De aqui hasta aqui』からの一曲。


チャンチャ・ビア・シルクイートのライヴ・バンドのパーカッション奏者で、ニコラ・クルースの新作『Siku』にもゲスト参加しているアルゼンチンの新鋭です。


引き続きご注目ください。
 

2020-06-01

Shakarchi & Stranéus - Musiqaa International 031 EP2



スウェーデンのエレクトロニック・デュオ Shakarchi & Stranéus の世界音楽ミックスいかがでしょうか。


ストックホルムの『Tukio』というネット・ラジオに寄せたものだそうです。

2020-05-27

Music Activists 2020 (From Home)




InFinéレーベルの34曲入りデジタル・コンピ『Music Activists 2020 (From Home)』リリースとなっております。


新作出たばかりのAārpやRone、ArandelDeena AbdelwahedLabelleVanessa Wagner


KaitoさんやCarl Craigも。

 

2020-05-23

Kasper Bjørke - Nothing Gold Can Stay Remixes (Part A)




デンマークのエレクトロニック・プロデューサーKasper Bjørke(キャスパー・ビヨーケ)の昨秋の新作『Nothing Gold Can Stay』のリミックスEP第一弾。


Tensnake、Justin Strauss & Max Pask、Marcello Giordani、Bostro Pesopeoが参加。


「Seabird」はA&Mレーベルに多くのAOR名作を残した兄弟デュオ「アレッシー」のカバー。


Tensnakeが、Kasperの軽やかなシンセ・バージョンとはガラリと趣を異にしたフロア直結のディスコ・モードへとリコンストラクト。


https://kasperbjorke.lnk.to/NGCSremixesA


2020-05-20

英『Songlines』誌の「Top Of The World」に『Uzelli Elektro Saz』が




イギリスのワールドミュージック専門誌『Songlines』5月の「Top Of The World」に『Uzelli Elektro Saz』が。


ババズーラのメンバーが選曲したトルコのエレキサズ使いヴィンテージ音源の発掘コンピです。


https://www.songlines.co.uk/explore/guides-and-lists/top-of-the-world/top-of-the-world-may-2020