2022-11-25

Happy Mondays – Step On (Lyric Video)

 



「Tart Tart」のポール追悼7インチ・レコードに続きまして、ハッピー・マンデーズから「Step On」のリリック・ビデオが届いております。


アルバム『Pills 'N' Thrills And Bellyaches』に収録。ベスト盤CDのオープニングも飾った、彼らの最大のヒット・ナンバーです。


2022-11-24

ビースマンスの『Watergate』ミックス制作秘話

 


Biesmans(ビースマンス)の『Watergate』ミックス制作秘話が<Magnetic Magazine>に。


コラボでいかに新しい道が切り開かれたか、などなど。


作品をより深くお楽しみいただけるようになるのではないかと思います。ぜひご一読いただけましたらと。


2022-11-23

NULL+VOIDのカート・ウエナラ新曲

 



デペッシュ・モードのデイヴ・ガーンをフィーチャーしたカート・ウエナラ(Kap10kurt/NULL+VOID)の新曲「G.O.D.」が公開となりました。


12月なかばにはこの曲を含むEP『Manuscript』がリリースとなるようです。引き続きご注目ください。




2000年代にはキャプテンカート名義で活動。フィーチャリング・シンガーとしてモービーのレコードにも参加。近年はデペッシュモードの楽曲制作にも携わるなど活躍の場を広げておりました。2017年に独hfn musicからNULL+VOID名義で『Cryosleep』をリリースしアルバム・デビュー。

2022-11-22

SUGABABES: Anniversary Remixes

 


デビュー・アルバム『One Touch』を20周年記念で拡大再発したシュガーベイブス。


再発盤ボーナス・トラックのリミックス(エメニケ、ブラッド・オレンジ、メトロノミー&タチアナ、マジェスティック)が12"で『Anniversary Remixes』としてヴァイナル・カットされました。





2022-11-18

Seb Martel - My Best Friend (Official Music Video)

 



セブ・マルテルから新しいビデオが届きました。


ミスター・プレジデントやボンゴ・ホップなどで歌っているシンガー、シンディ・プーチをフィーチャーした「My Best Friend」です。


新作『Saturn 63』の3曲目になります。


ぜひチェックいただけましたらと。


2022-11-17

【リリース情報】 Ghost Riders

 


コンピ『Sky Girl』やジョー・トッシーニの発掘を手掛けたオーストラリアの目利きレーベル「エフィシエント・スペース」による新たな企画盤。


60年代から70年代にかけてのアメリカの若き無名音楽家たちの自主制作ロック、フォークやソウルフル・バラードをコンパイル。


ゴースト・ライダーズ

V.A.: Ghost Riders
Efficient Space (RTMCD-1552)

1. The Mod 4 - A Puppet
2. The Yardleys - Just Remember
3. Decompressed Impossibility - You Can't Ride Away
4. The Living End - Brigitta
5. The Newports - Feelin' Low
6. The Landlords - I'm Through With You
7. The Prisners Dream - Autumn Days
8. The Fortels - She
9. The Bohemians - Say It
10. Tresa Leigh - Until Then
11. WM. Penn & The Quakers - Ghost Of The Monks
12. The Tempters - I Will Go
13. Jerry McGee - Twilight Zone
14. Carroll - The Boy Called Billy Joe
15. The Common People - Here, There & Everywhere
16. Dennis Harte - Summer's Over
17. Toe Head - Goodnight Jackie

2022-11-11

UTO - Row Paddle (Official Music Video)

 



仏InFinéの新人UTO(ユト)


デビュー・アルバム『Touch The Lock』からまた新たなビデオが届きました。




ぜひチェックいただけましたらと。

2022-11-10

【リリース情報】 V.A.: Saigon Supersound Vol. 3



 
ベトナムの秘宝ビンテージ音楽を発掘した人気シリーズの最新第三章


V.A.: Saigon Supersound Vol. 3
Saigon Supersound (SSS07LP)

A - 33 rpm (20:37 min)
01 Thư Tình Cho Em - Mai Lệ Huyền
02 Tuỳ Anh Tuỳ Em - Hùng Cường
03 Anh Đâu Em Đó - Connie Kim
04 Điệu Ru Nước Mắt - Carol Kim
05 Người Hành Hương Trên Ðỉnh Núi - Khánh Ly

B – 33 rpm (20:18 min)
06 Bức Thư Tình Trên Lô Cốt - Ban Sao Băng
07 Cậu Cả Lên Thành - Connie Kim
08 Tình Reo Trên Sóng Lúa Vàng - Thanh Lan
09 Xin Cho Tôi Giấc Mộng Bình Yên - Thanh Tuyền
10 Nắng Chiều - Sơn Ca

C – 33 rpm (21:54 min)
11 Đừng Quên Anh Là Lính - Trường Hải
12 Bản nhạc không tên - Ban Nhạc Lê Văn Thiện
13 Mưa Bay Trong Đời - Duy Khánh
14 Hàn Mặc Tử - Trúc Mai
15 Nếu Anh Về Bên Em - Mai Hương

D- 33 rpm (18:34 min)
16 Gửi Người Em Nhỏ - Duy Quang
17 Hình Ảnh Người Em Không Đợi - Thanh Lan
18.Trách Yêu - Hùng Cường & Mai Lệ Huyền
19 Tình Anh Tình Em - Túy Phượng





◆ 南ベトナムのサイゴンは19世紀フランス統治の影響で「東洋のパリ」と呼ばれ独自のコロニアル文化が開花。ミュージシャンたちも20世紀初頭の早くから西洋音階を取り入れ未踏の領域を開拓。やがて60年代になるとポップ・ミュージックの時代が到来。欧米のポップ・マナーを大胆に取り入れたベトナム歌謡が茶の間を席巻。しかしながらその後ベトナム戦争の惨禍の果てにその多くが消失。75年の南北統一後は南で人気を博したポップスは演奏禁止に。


◆ 現在ではほとんど盤が残っていないそんなベトナムの貴重な戦前サウンドの数々を、シャンテルやre:jazz、モップ・モップなどで一世を風靡したクラブジャズの人気レーベル「インフラコム」を主宰していたヤン・ハーゲンコターが発掘し丁寧にレストア&リマスタして、コンピ化。これは労作です!


◆ 西欧からインスピレーションを得たもの、ボレロやチャチャチャなどラテン音楽からの影響を感じさせる曲、現行フロアでもホットなトラック、過去のクラブで人気を集めていたという往年の懐メロ、グルーヴィー、ソウルフル、まったり、沁み沁み、ほぼ演歌、などなど、今回もバラエティに富んだ選曲で、奥深いベトナム音楽の魅力をとことん堪能いただけます。



2022-11-09

ヴォルフガング・ティルマンスのインタビュー

 


ヴォルフガング・ティルマンスのインタビューが ☞ 



現在ニューヨークMoMAにてそのキャリアを総括した展覧会が開催中です。


最初に注目を集めたのは英『i-D』誌のアシッドハウス特集だったんですね。


今年は音楽活動のほうも、初のアルバム『Moon in Earthlight』を発表しまして、また新たなフェイズに入っております。ぜひこちらもチェックいただけますと幸いでございます。

2022-11-08

【リリース情報】 YURIY GURZHY: Richard Wagner & die Klezmerband - Auf der Suche nach dem neuen jüdischen Sound in Deutschland

 


ベルリンのミクスチャー・バンド、ロットフロントのリーダーで、バルカンビートのパイオニア「シャンテル」諸作への参加でも知られるウクライナ人アーティスト、ユーリ・グルジーがセレクトを手掛けた現行クレズマーのコンピレーション。


V.A./ドイツにおけるユダヤの新しいサウンドを求めて

YURIY GURZHY: Richard Wagner & die Klezmerband
 - Auf der Suche nach dem neuen jüdischen Sound in Deutschland
Enjoy Jazz Records (RTMCD-1561)

1. Vivian Kanner – An allem sind (immer noch) die Juden schuld
2. Geoff Berner – Half-German Girlfriend
3. Daniel Kahn & The Painted Bird – Six Million Germans
4. You Shouldn´t Know From It – Tants, Tants
5. Jewrhythmics – Kinder Yoren
6. Paul Brody´s Sadawi – Mighty Max
7. Solomon & Socalled – Alt. Shul Kale Bazetsn
8. Fayvish – Yeder Yesh
9. Jewdyssee – Beltz, mayn shtetele
10. RotFront – Girl from Bayreuth
11. Forshpil – Meydl in di yorn
12. Jewish Monkeys – All the great things
13. KlezCore – Pferdeporno
14. The Disorientalists – Prince of the Orient
15. Andrea Pancur – Isar
16. Yahoodi – Crazy Ass Jew
17. Frank London´s Klezmer Brass Allstars – Oysgemischt
18. Shazalakazoo/Edi Partizani – Hava Nagila

2022-11-07

【リリース情報】 KOUDLAM: Precipice Fantasy

 


ストリングスやダンス・ビートを交えたスケールの大きなシンセポップでジャンルの垣根をまたぎ広い支持を集めてきたフランスのアーティスト<Koudlam>による6年ぶりの新作。


クドラム/プレシピス・ファンタジー

KOUDLAM: Precipice Fantasy
Pan European Recording (RTMCD-1562)

1. Crypto Intro
2. My Church
3. I will Rape the World
4. Precipice Fantasy
5. River
6. Old Feeling
7. Hail to Myself
8. Waterfall Views
9. Am I Paranoid III
10. Cats & Dogs
11. Grave for a Dolphin
12. Un Nouveau Départ

2022-11-02

『Mikiki』にフィアー・レイシオ

 


The Fear Ratioの新作をタワーレコードのオンライン・メディア『Mikiki』で紹介いただきました。




店頭で配布中の『bounce』誌にも掲載されております。お店に行かれましたらぜひ誌面もチェックいただけますと。


イギリスのエレクトロニック界を代表するふたりのプロデューサー、マーク・ブルームとジェイムズ・ラスキンのコラボレーション・プロジェクトです。


前作は復活したスカムからのリリースでしたが、今回はベルリンの名門トレゾアから。


IDMの往時をほうふつとさせるエクスペリメンタルなサウンドを満載しております。

2022-11-01

コミュナーズのインタビューが『Retro Pop』に

 


英語になりますが『Retro Pop』誌のリチャード・コールズのインタビューもしよろしければ…。


ジミーのスター性に当時はちょっと嫉妬めいた気持ちもあったようですね。


コミュナーズのセカンド・アルバム『Red』が35周年を記念してボーナス・トラックを多数追加収録して2枚組で拡大再発。リリースとなっております。ご注目ください。




2022-10-31

【リリース情報】 Watergate 20 Years

 


ベルリンのクラブ/レーベル「ウォーターゲート」の20周年記念コンピレーション。20曲の新曲・未発表曲、すべてこの企画のためのエクスクルーシヴ。ヘンリク・シュワルツからスタートし、おなじみのミックス・シリーズの最新章に登場したビースマンスがラストを飾っております。ヴァイナル3枚組、ダウンロード・コードとクラブのエントランス・チケット封入、500枚限定。


V.A.: Watergate 20 Years
Watergate Records (wgvinyl95)

Tracklisting 3LP:

A1) Henrik Schwarz - You Need Attitude
A2) Ede & Max Joni - Weine nicht Kind
A3) DJEFF - Cloud 7
B1) Adana Twins - Nacht
B2) Kollektiv Turmstrasse - Raw
B3) JOPLYN - Lima
C1) Sasha - Wolf Cider
C2) Mia Mendi - Astromech
C3) Stephan Jolk - Better Together
D1) Gorje Hewek & Joseph Ashworth - Noa
D2) Jos & Eli - Place 2 High
D3) Kid Simius - Fabrica de Baile
E1) Extrawelt - Rover
E2) Anja Schneider - Can’t You See Me No More?
E3) Kristin Velvet - Wanted Competition 
F1) Matthias Meyer & Ryan Davis - Genki
F2) Hyenah - Going in Circles
F3) Biesmans - Basic Bro



2022-10-26

【リリース情報】 DREXCIYA: Harnessed The Storm



 
デトロイト・エレクトロの伝説ドレクシアのカタログが独「Tresor」から続々と再発。『Neptune‘s Lair』に続いてラスト・アルバムの『Harnessed The Storm』が登場。


ドレクシア/ハーネスト・ザ・ストーム

DREXCIYA: Harnessed The Storm
Tresor (RTMCD-1560)

1. Under Sea Disturbances
2. Digital Tsunami
3. Soul Of The Sea
4. Song Of The Green Whale
5. Dr. Blowfins’ Black Storm Stabilizing Spheres
6. The Plankton Organization
7. Mission To Ociya Syndor And Back
8. Aquatic Cataclysm
9. Lake Haze
10. Birth Of New Life

2022-10-20

O'o(オーオー)のライヴの模様が

 



InFinéから今年アルバム・デビューしたバルセロナ拠点のフレンチ・デュオO'o(オーオー)


先週のライヴの模様が公開されておりました。


ライヴ配信サービスARTEの企画で、JB DUNCKELやAlan Braxe & DJ Falconも出演していたようです。


ぜひご覧ください。




2022-10-19

WhoMadeWho & Rampa - Everyday (Jennifer Cardini Remix)

 



デンマークのダンス・ユニットWhomadewho最新アルバム『UUUU』から、Rampaとのコラボ「Everyday」の、Jennifer Cardiniによるリミックスが公開。ぜひ!


 

2022-10-18

Bronkski Beat - Why? - Mark Broom Edit


 


今年はジェイムズ・ラスキンとのコラボ・プロジェクト「The Fear Ratio」でもアルバムを届けてくれたイギリスのエレクトロニック・プロデューサー、マーク・ブルームがブロンスキ・ビートの名曲「Why?」をエディット。


この曲を含むブロンスキ・ビートのデビュー・アルバム『The Age Of Consent』は1984年の10月15日リリース。「Why?」や「Smaalltown Boy」、「I Feel Love」のカバーなどいまも色あせぬクラシックスを満載。
 

2022-10-17

モノリンクがバーニングマンに

 



新作『Under Darkening Skies』を引っ提げUSツアー中のモノリンクがバーニングマン・フェスに出演。そのときの模様がYoutubeにアップされておりました。


ぜひご覧ください。




2022-10-14

【リリース情報】 Vanessa Wagner: Mirrored

 


フランスのピアニスト、ヴァネッサ・ワグナーの最新ソロ・ピアノ・コレクション。フィリップ・グラス、坂本龍一、ムーンドッグやレオ・フェレらをカバー。


Vanessa Wagner: Mirrored
iF1077 (InFiné)

1 Philip Glass - The Poet Acts
2 Moondog - Sea Horses
3 Ryuichi Sakamoto - Solitude
4 Philip Glass - Etude 4
5 Philip Glass - Etude 2
6 Nico Mulhy - Quiet Music
7 Camille Pépin - Number 1
8 Léo Ferré - Opus X
9 Melaine Dalibert - Six + Six
10 Sylvain Chauveau - Mineral





◆ クラシックとポピュラー音楽の垣根を越え活躍するフランス人ピアニスト、ヴァネッサ・ワグナーの最新作品集。


◆ 90年代末にフランスの最高音楽賞ヴィクトワールを受賞し当代を代表するクラシックの演奏家として躍進、しかしながら00年代以降はポップスやダンス・ミュージックのシーンとも積極的に関わりを持ちユニークなポジションを築き上げてきたワグナー。ここ数年はコンスタントにカバー企画をリリースしまた新たな境地を切り開いておりましたが、そのカバー集の最新章が完成。


◆ フィリップ・グラス、坂本龍一、ムーンドッグ、ニコ・ミューリー、レオ・フェレやシルヴァン・ショヴォらの曲をピアノ独演で再構築。新旧さまざまな名曲やレア曲をフレッシュなアレンジで、聞かせてくれます。


◆ かつてはフランチェスコ・トリスターノを発掘、近年はエレクトロニック・ポップや世界音楽クロスオーバー系の良質なリリースが続くフランス屈指の目利きレーベルInFinéからのリリース。



2022-10-12

『TURN』『ele-king』でイオゴンご紹介いただきました

 


『TURN』と『ele-king』でイオゴンをご紹介いただきました。


どうもありがとうございます!


どちらも熱のこもったテキストです。ぜひご一読ください。


こんな音の人ですが実はNewJeansのトラックを作っていたりとか、振れ幅の広い面白い人です。アルバム『ppong』引き続きご注目いただけますと…

2022-10-11

【リリース情報】 EMMANUELLE PARRENIN: Pérélandra

 


ヨーロピアン・フォーク名盤『Maison Rose』で知られるエマニュエル・パルナンの、『Maison Rose』と同時期に録音されていた未発表音源を集めたファン感涙のコレクションがCD化。


アルゼンチンの巨匠フアン・ホセ・モサリーニやゴングのディディエ・マレルブもゲスト参加。


エマニュエル・パルナン/ペルランドラ

EMMANUELLE PARRENIN: Pérélandra
SouffleContinu / Guerssen (RTMCD-1558)

1 / Pérélandra
2 / Sur Tes Lèvres
3 / Nomade
4 / Après L'Ondée
5 / Jacques
6 / Phosphène
7 / Parasomnie
8 / Céleste Et Les Nuages
9 / Mouche
10 / Le Sablier
11 / Halil Djérène

【リリース情報】 EMMANUELLE PARRENIN: Maison Rose



 
フランス産アシッド・フォークの古典的名盤としておなじみのエマニュエル・パルナン『Maison Rose』が2曲のボーナス・トラックを加え再発。


優雅でデリケートかつプログレッシヴ、伝統と実験のパーフェクトなマリアージュを体現した奇跡の一枚。ジャン=クロード・ヴァニエもゲスト参加。


エマニュエル・パルナン/メゾン・ローズ

EMMANUELLE PARRENIN: Maison Rose
SouffleContinu / Guerssen (RTMCD-1557)

1 / Ce matin à Frémontel...
2 / Plume blanche, plume noire
3 / Liturgie
4 / Thibault et l'arbre d'or
5 / Ritournelle
6 / L'écharpe de soie
7 / Topaze
8 / Belle Virginie
9 / Ballade avec Neptune
10 / Maison rose
11 / Après l'ondée
12 / Le rêve
13 / 17 Décembre * Bonus Track
14 / La Forêt Bleue * Bonus Track

2022-10-07

【リリース情報】 LOOM & THREAD: Island Grammer



 
人力ダンス・バンド KUF のメンバーでもあるトム・シュナイダーらによるドイツの即興トリオがシュテファン・ゴルトマンのレーベルからアルバム・デビュー。


三者の張り詰めたインプロヴィゼーション・パフォーマンスに電子やノイズがさりげなく絡み混沌と調和の入り乱れためくるめく音世界を展開。


ダイナミックかつカオティックなアヴァン・ジャズの希少種。


ルーム&スレッド/アイランド・グラマー

LOOM & THREAD: Island Grammer
Macro (RTMCD-1556)

1.Island Grammar
2.Copy & Praise
3.Entropie
4.O**ne*
5.New&&&
6.Thistles
7.Fureur et Capitel
8.P#
9.M(((
10.Causal Ambiguity
11.Structure et Repetition

2022-10-06

【リリース情報】 FRUM: For The Blue Sky

 


北欧の秘境フェローからすい星のごとく現れた新人FRUMがアルバム・デビュー。メランコリックでエモーショナルで歌心にあふれた正統派の北欧シンセポップを満載。


フルム/フォー・ザ・ブルー・スカイ

FRUM: For The Blue Sky
HFN MUSIC (RTMCD-1554)

01. Awake
02. In This
03. Universe
04. I Had To
05. Run
06. Thought It Was
10. I Am Never
11. Giving
12. Up
13. For The Blue Sky

JB・ダンケルのインタビューが『POP MATTERS』に


 

『POP MATTERS』にJB・ダンケルのインタビューが。『Summer of 85』サントラに続く最新作『Carbon』について、いろいろと語ってくれています。




2022-09-30

【リリース情報】 EZÉCHIEL PAILHÈS: Mélopée

 


フランスを代表するエレクトロニック・アクトNôzeの片割れエゼキエル・パイウのソロ新作。


シンセとポストクラシカルと緩めのダンス・ビートとフランス語の歌をミックスした不思議な余韻のある箱庭ポップ。


圧倒的にオリジナルなパイウのワンダーランドがまたも炸裂。


エゼキエル・パイウ/メロペ

EZÉCHIEL PAILHÈS: Mélopée
Circus Company (RTMCD-1550)

01. Dors-tu ?
02. Regard en arrière
03. Mélopée
04. L’attente
05. Elégie
06. Prélude
07. La fille de la nuit
08. Ni toi, ni moi
09. Le beau jour
10. Opaline
11. Tant que mes yeux

2022-09-28

『NME』にハッピー・マンデーズ

 


マンチェスター・シーンの金字塔となったハッピー・マンデーズの『Pills ’N’ Thrills And Bellyaches』にまつわるはなしが『NME』に。


このレコードはポール・オークンフォールドのプロデューサーとしての出世作でもありました。ぜひご一読ください。




2022-09-16

【リリース情報】 Watergate 28 - Biesmans

 


ベルリンのクラブ<Watergate>のミックス・シリーズにベルギーの新鋭ビースマンスが登場。


マシュー・ジョンソンやアダナ・ツインズらとのコラボを含め全曲を自らのトラックで構成。


幸感ダダモレ、ハイエナジーでドラッギーで、北欧とフレンチのイイトコどり的な極上のエレクトロニック・ディスコを満載!


Watergate 28 - Biesmans
Watergate Records (RTMCD-1555)

01. Biesmans & Vandesande - Away
02. Biesmans & Shubostar - Across the Universe
03. Biesmans & Kasper Bjørke - Holiday ft. Jacob Bellens
04. Biesmans & Alex Medina - Hola y Bienvenido
05. Biesmans & Zombies in Miami - Smooth Monday
06. Biesmans - March for Peace
07. Biesmans & Kid Simius - Me Gusta Acid
08. Biesmans - Macrodosing
09. Biesmans & Johannes Albert - Luft
10. Biesmans - Hipster Paradise
11. Biesmans - All Day, Every Day
12. Biesmans & Dusky - Back in the Daze
13. Biesmans & Mala Ika - Crème Brûlée
14. Biesmans & Mathew Jonson - Quantum Computing
15. Biesmans & TomTheBomb - Shock Therapy
16. Biesmans & Adana Twins - Hounds Of Hell
17. Biesmans & Joy Adegoke - Vanishing Flowers

2022-09-14

【リリース情報】 THE COMMUNARDS: Red (35th Anniversary Edition)

 


ブロンスキ・ビートのジミー・ソマーヴィルとリチャード・コールズのユニット、コミュナーズのセカンド・アルバムの35周年記念再発盤。


ヒット・シングル「Never Can Say Goodbye」をはじめ名曲の数々がリマスターでよみがえる。


シェップ・ペティボーンやC+C ミュージック・ファクトリーのリミックス、トゥー・ベアーズによる2022年最新リミックス、アルバム未収のシングル曲、デモやライヴ音源を追加収録。


コミュナーズ/レッド(35周年記念盤)

THE COMMUNARDS: Red (35th Anniversary Edition)
London Records (RTMCD-1551)

CD1

1. Tomorrow
2. T.M.T. T.B.M.G. 
3. Matter Of Opinion 
4. Victims 
5. For A Friend 
6. Never Can Say Goodbye 
7. Lovers and Friends 
8. Hold On Tight 
9. If I Could Tell You 
10. C Minor
11. I Just Want To Let You Know
12. Scat
13. '77 The Great Escape
14. I Do It All For You
15. Romanze For Violin, Piano and Hedgehog
16. Zing Went The Strings Of My Heart
17. When The Boy In Your Heart Is The Boy In Your Arms
18. Never Can Say Goodbye (Spanish Vocal)
19. Piece of Saxophone

CD2

1. Never Can Say Goodbye (The 2 Bears Remix) 
2. There’s More to Love (Jalapeño Mix) 
3. Tomorrow (Overnight Mix) 
4. For A Friend (Remix) 
5. Never Can Say Goodbye (Shep Pettibone Extended Mix)
6. C Minor (Live) 
7. Victims (Storm Paris) 
8. Hold On Tight (Storm Paris) 
9. There’s More To Love (Percapella) 
10. Tomorrow (demo) 
11. Never Can Say Goodbye (rough mix) 
12. For A Friend (Rough Mix) 
13. Hold on Tight (demo) 

2022-09-13

ジェイムズ・ライトンの記事が英『Clash』に

 


"Think Prince transported from Paisley Park to North London."


ジェイムズ・ライトンの記事が『クラッシュ』に。


現在はアバのバンド・メンバーとしても活動する元クラクソンズのフロント・パーソン。アバのベニー・アンデションもゲスト参加した2枚目のソロ・アルバム『Jim, I'm Still Here』引き続きご注目いただけますと。




2022-09-11

NOVA TUNES 4.3

 


フランスのラジオ局『Radio Nova』企画のコンピレーション。Charlotte Adigery & Bolis Pupulも参加。ラジオ映えしそうなダンサブルなウタモノ中心でアフリカ~カリブな曲もちょいちょい、フランスのドメスティック・シーンのいまを感じられるステキなセレクションです。

2022-09-09

【リリース情報】 BLANCMANGE: Private View



 
モービー、ハニー・ディジョン、ジョン・グラントやロマン・フリューゲルほか、後継アーティストたちにも大きな影響を与えた80年代UKのシンセポップ・バンド、ブラマンジェが古巣のロンドン・レコードに復帰し新作をリリース。


ブラマンジェ/プライベート・ビュー

BLANCMANGE: Private View
London Records / Wordandsound (RTMCD-1538)

1. What’s Your Name 
4. Here We Go Go 
5. Chairs 
6. Who Am I 
7. Everything is Connected 
8. I Tried To Be You 
9. Private View 
10. Take Me

2022-09-08

【リリース情報】 SEB MARTEL: Saturn 63

 


フェミ・クティ、トニー・アレン、シャルロット・ゲンズブールやブラッカリシャスなど、多くの著名アーティストの作品に参加してきたフランスの気鋭ギタリスト、セブ・マルテルのソロ新作。


ギターとうたと隙間を駆使したジャンル不定のエクスペリメンタル作品。


マチュー・シェディッド(-M-)、チョコレート・ジーニアス、カミーユやヴァンサン・セガールらがゲスト参加。


セブ・マルテル/サターン・63

SEB MARTEL: Saturn 63
InFiné (RTMCD-1544)

1 Tortuga
2 Blue Suede Shoes
3 My Best Friend Feat Cindy Pooch
4 Arpog
5 Seventy Feat. Sabrina Bellaouel & Martin Gamet
6 Albert Premier
7 Balulalow
8 Youngë Child Feat Camille
9 Macorina Feat. Vincent Ségal & Nicolas Martel
10 Soul Kiss Feat Vic Moan & Vincent Ségal
11 Friction
12 Future Talk Feat Cindy Pooch
13 The Wind Is Weak Feat Marc Anthony Thompson (aka Chocolate Genius)
14 MattjAm Feat Matthieu Chedid (aka M) & Mathieu Boogaerts

2022-09-05

Trentemøller: Into The Silence feat. DíSA

 



Memoria』も出たばかりですが、トレントモラー、アルバム未収の新曲が届きました。ツアーに参加しているボーカリストDíSAとの初コラボだそうです。ぜひ!



2022-09-01

『ミュージック・マガジン』のプレイリストに250(イオゴン)が

 


『ミュージック・マガジン』誌のプレイリストに250(イオゴン)が。新しい号が明日20日発売になります。誌面もぜひチェックいただけますと。




8月20日発売号のクロスレビューでも取り上げていただいております。誌面もぜひご覧ください。

2022-08-20

Orbital - Belfast (David Holmes Remix)

 



オービタル30周年記念盤『30 Something』より、「Belfast」のデヴィッド・ホルムズによるリミックス・バージョンのビジュアライザーが公開となりました。


この曲のタイトルにまつわるエピソードなど、CD/LP付属のブックレットは情報満載です。ぜひそちらも参照いただけますと…



2022-08-19

34 Great Records You May Have Missed: Spring/Summer 2022 (Pitchfork)

 


『ピッチフォーク』の「34 Great Records You May Have Missed: Spring/Summer 2022」(あなたが聞き逃しているかもしれない34の素晴らしい作品:2022年春夏編)という記事にブレインワルツェラ新作も選ばれておりました。




「エイフェックスの覆面プロジェクト」あるいは「90年代リフレックスの未発表」などという憶測も駆け巡ったミステリアスなプロデューサーです。その2017年の『Poly-ana』に続く5年ぶりの第2作。


未チェックのみなさま、ぜひこの機会に。

2022-08-17

【リリース情報】 DOMINIQUE DROIN: Wave On

 


のちにジプシー・キングス諸作にも名を連ねるキーボード奏者/シンガー/ソングライターのドミニク・ドロワンがキャリア最初期に残した幻のファースト・アルバムが初再発。


軽やかでレトロで浮世離れした、ドノヴァンやニック・ドレイクを思わせるようなフォーキィ・サウンドを満載。


ドミニク・ドロワン/ウェイヴ・オン

DOMINIQUE DROIN: Wave On
Sommor (RTMCD-1553)

1 Your Tears
2 My Only Love
3 Farewell
4 The Capricorn And The Libra
5 Wave On
6 Little Mary
7 Caterpillar
8 Three Aces of Heart
9 Tonight Will Be Fine
10 Hommage To Renbourn
11 Wanna Lay You Down
12 The Capricorn and The Libra (2021 version) 

2022-08-16

【リリース情報】 Public Possession Chill Pill IV

 


独パブリック・ポセッション・レーベルによる次世代チルアウトのコンピ企画第4弾。


レーベルの所属アクト、地元ミュンヘンの秘密兵器、スウェーデン、ベルギー、イタリア、アメリカや韓国などの仲間たちが飛び切りのキラーを提供。「サボール・ア・ミ」のなんだかにくめない絶妙なカバーも。


ダンス、電子、ニューエイジやダブなどがいい具合に混ざり合ったフレッシュなリラクゼーション・サウンドがまたも続出。


V.A./パブリック・ポセッション・チル・ピル IV

V.A.: Public Possession Chill Pill IV
Public Possession

1 DJ City – Race Point
2 Movulango – Beautiful Mess
3 Nalan feat. Walter p99 arkestra
4 Simone De Kunovich - W³
5 Nice Girl – Apartment Above Café
6 Eden Burns – Quokka Rock
7 Sofie & Speckman – Cheerleader (Club Mix)
8 DJ Chrysalis & Babyxxan – Do You Remember The Name Of This Song
9 Salamanda – Truffles Sprinkles
10 Bella Boo – Boo’s Mood
11 DJ Gigola – I Dream
12 Ciutat – Sabor A Mi
13 La Copine De Flipper – Dèjá Vécu
14 Sha Mò – Bowery
15 Stiltz/Rowley – Addicted To Losing
16 RIP Swirl – Velvet
17 Kean Farrar – Out Of My Head
18 Aroma Pitch – Cosmo Dub
19 Popp – Pingo (Air Mix)

2022-08-09

【リリース情報】 DREXCIYA: Neptune‘s Lair

 


ドイツを代表する名門テクノ・レーベル「Tresor」がデトロイト・エレクトロの伝説ドレクシアの再発シリーズをスタート。まずは記念すべきファースト『Neptune‘s Lair』のアートワーク新装盤が登場。


ドレクシア/ネプチューンズ・ライアー

DREXCIYA: Neptune‘s Lair
Tresor (RTMCD-1548)

1. Temple Of Dos De Agua
2. Species Of The Pod
3. Andreaen Sand Dunes
4. Running Out Of Space
5. Habitat ‘O’ Negative
6. Universal Element
7. Drifting Into A Time Of No Future
8. Polymono Plexusgel
9. Surface Terrestrial Colonization
10. Funk Release Valve
11. Organic Hydropoly Spores
12. Draining Of The Tanks
13. Devil Ray Cove
14. Fusion Flats
15. Triangular Hydrogen Strain
16. Oxyplasmic Gyration Beam
17. Quantum Hydrodynamics
18. Lost Vessel
19. Bottom Feeders
20. Jazzy Fluids
21. C To The Power Of X+C To The Power Of X=MM=Unknown

2022-08-08

【リリース情報】 SHAKESPEARS SISTER: Hormonally Yours - 30th Anniversary

 


元バナナラマのシボーン・ファーイとエリック・クラプトンとも活動を共にしていたアメリカのシンガー/ソングライター、マーセラ・デトロイトのユニット、シェイクスピアズ・シスターの、全英ナンバーワン・ヒット「Stay」を含むセカンド・アルバムがリマスター再発。


ライブやビデオ・クリップ、アルバムの貴重なメイキング映像を収めたDVD付き。


SHAKESPEARS SISTER: Hormonally Yours - 30th Anniversary
London Records (LMS5521725)

CD Hormonally Yours

1 Goodbye Cruel World
2 I Don’t Care
3 My 16th Apology
4 Are We in Love Yet
5 Emotional Thing
6 Stay
7 Black Sky
8 The Trouble with Andre
9 Moonchild
10 Catwoman
11 Let Me Entertain You
12 Hello (Turn Your Radio On)

+ Bonus Tracks

13 Cat Worship
14 Out to Groove [Demo]
15 The End [Demo]

DVD Tracklisting

Brighton Live footage - Hormonally Yours

1 Goodbye Cruel World
2 My 16th Apology
3 The Trouble with Andre
4 Emotional Thing
5 Black Sky
6 Stay
7 Are We in Love Yet
8 I Don Don’t Care
9 Catwoman
10 Hello (Turn Your Radio On)

Restored and Remastered Videos

1 Goodbye Cruel World
2 Stay
3 I Don’t Care
4 Hello (Turn Your Radio On)
5 My 16th Apology
6 Catwoman [Live]
7 Goodbye Cruel World (2022 Version)

Making of / Behind the Scenes Hormonally Yours - Behind The Scenes (Unseen Archive Footage)

1 Behind The Scenes (Unseen Archive Footage)

2022-08-05

【リリース情報】 THE LIMINANAS: Electrified (Best Of 2009-2022)

 


ロラン・ガルニエやパスカル・コムラードとの共作でも知られるフランスのガレージロック・デュオ、リミニャナスのキャリアを総括した初のベスト盤。


ピーター・フックやアントン・ニューコムとのコラボや話題のドラマ曲、レアな蔵出しナンバーもあり、全35曲、2枚組。


ザ・リミニャナス/エレクトリファイド(ベスト・オブ・ザ・リミニャナス 2009 - 2022)

THE LIMINANAS: Electrified (Best Of 2009-2022)
Because Music (RTMCD-1546)

CD 1

1. Migas 2000
2. I'm Dead
3. Je ne suis pas très drogue
4. Down Underground
5. Je suis une Gogo Girl
6. La fille de la ligne 15
7. Je m'en vais
8. Salvation
9. Votre côté yeye m'emmerde
10. Cold Was the Ground
11. My Black Sabbath
12. Carnival of Souls (feat. Pascal Comelade)
13. El Beach
14. Prisunic
15. Dahlia rouge
16. Garden of Love (feat. Peter Hook)
17. Istanbul Is Sleepy (feat. Anton Newcombe)
18. The Gift (feat. Peter Hook)

CD 2

1. Shadow People
2. Dimanche (feat. Bertrand Belin)
3. One Blood Circle Circle (feat. Etienne Daho)
4. Calentita
5. Saul (feat. Laurent Garnier)
6. Hey I'm Going Down
7. She's on My Track
8. A Dream That Slips
9. Electrified
10. You Got My Soul
11. Drown
12. Belladelic
13. USA Motorbike (feat. David Menke)
14. La musique (feat. Areski Belkacem)
15. Les Hommes et les ombres
16. Domino (feat. Golden Bug)
17. Pulsing (feat. David Menke)

2022-08-03

デンゲ・デンゲ・デンゲ楽曲提供ゲームがリリースに

 



南米はペルーのエレクトロニック・デュオ、デンゲ・デンゲ・デンゲが『Cartel Tycoon』に楽曲提供。


麻薬王を目指しカルテルを育て上げていく、というシミュレーション・ゲームだそうです。




ゲームの正式発売にあわせてサントラもストリーミング解禁。ほかの曲もいい感じです。ぜひチェックいただけますと。


 

2022-08-01

【リリース情報】 THE FEAR RATIO: Slinky

 


エレクトロニック界を代表するトップ・プロデューサー、マーク・ブルームとジェイムズ・ラスキンのコラボレーション・プロジェクト、ザ・フィアー・レイシオの新作がドイツの名門テクノ・レーベル「Tresor」から登場。


エクスペリメンタルなエッジの鋭さはSkamからの前作にまったく引けを取らぬどころかさらにパワーアップ、ドープでありながらも美しくアーティスティックなサウンドスケープに圧倒されます。


ザ・フィアー・レイシオ/スリンキー

THE FEAR RATIO: Slinky
Tresor (RTMCD-1547)

01 L10
02 Death Switch (feat. King Kashmere)
03 Appi
04 STMS
05 BS2
06 Lacovset (feat. Ella Fleur)
07 Spinning Globe (feat. King Kashmere)
08 LFIVE
09 Slinky
10 NB AP
11 Effem
12 KZAP