2019-12-24

【リリース情報】 LES RITA MITSOUKO: Marc & Robert




ロック、ブルース、ラテン、伝統的なシャンソン、ファンクやヒップホップからクラブ・ミュージックまでをミクスチャー、国境なきコスモポリタン・ポップを誰よりも先取りしていたカトリーヌ・ランジェとフレッド・シシャンのふたりからなるレ・リタ・ミツコ。


フランスの至宝ともいうべきグループの、デビュー35年を記念したベストに続き名盤の誉れ高き初期3作が一挙再発に!


レ・リタ・ミツコ/マーク&ロバート

LES RITA MITSOUKO: Marc & Robert
Because Music (RTMCD-1428)

1. Hip Kit (Les Rita Mitsouko & The Sparks)
2. Smog
3. Mandolino City
4. Le Petit Train
5. Perfect Eyes
6. Tongue Dance
7. Singing In The Shower (Les Rita Mitsouko & The Sparks)
8. Petite Fille Princesse
9. Harpie & Harpo
10. Ailleurs
11. Live In Las Vegas (Les Rita Mitsouko & The Sparks)

【リリース情報】 LES RITA MITSOUKO: The No Comprendo




ロック、ブルース、ラテン、伝統的なシャンソン、ファンクやヒップホップからクラブ・ミュージックまでをミクスチャー、国境なきコスモポリタン・ポップを誰よりも先取りしていたカトリーヌ・ランジェとフレッド・シシャンのふたりからなるレ・リタ・ミツコ。


フランスの至宝ともいうべきグループの、デビュー35年を記念したベストに続き名盤の誉れ高き初期3作が一挙再発に!


レ・リタ・ミツコ/ザ・ノー・コンプレンド

LES RITA MITSOUKO: The No Comprendo
Because Music (RTMCD-1427)

1. Les Histoires d'A
2. Andy
3. C'est Comme Ça
4. Vol De Nuit
5. Someone To Love
6. Stupid Anyway
7. Un Soir Un Chien
8. Bad Days
9. Tonite
10. Nuit d'Ivresse

【リリース情報】 LES RITA MITSOUKO: Rita Mitsouko





ロック、ブルース、ラテン、伝統的なシャンソン、ファンクやヒップホップからクラブ・ミュージックまでをミクスチャー、国境なきコスモポリタン・ポップを誰よりも先取りしていたカトリーヌ・ランジェとフレッド・シシャンのふたりからなるレ・リタ・ミツコ。


フランスの至宝ともいうべきグループの、デビュー35年を記念した新規ベストに続いて、名盤の誉れ高き初期3作が一挙再発に!


レ・リタ・ミツコ/リタ・ミツコ

LES RITA MITSOUKO: Rita Mitsouko
Because Music (RTMCD-1426)

1. Restez Avec Moi
2. Jalousie
3. Le Futur N°4
4. La Fille Venue Du Froid
5. Yaktagan
6. In My Tea
7. Marcia Baïla
8. Oum Khalsoum
9. Amnésie
10. Don't Forget The NIte
11. Galoping
12. Dans La Steppe
13. Minuit Dansant
14. Aïe (Kryptonite Miss Spleïn)

2019-12-21

Best of hfn music 2019




トレントモラーやキャスパー・ビヨーケ、ヤコブ・ベレンスらを擁するドイツのHFN Musicの2019年振り返り企画がデジタルでリリースとなっております。


今年アルバムが出た人、もうすぐ出る人、新人、お久しぶりの方、バラエティ豊かなセレクションとなっております。


ぜひチェックいただけましたらと。
 

2019-12-20

Todh Teri Deep In India Vol.6




インドの現行エレクトロニック・アクトを集めた独ゲット・フィジカル・レーベルのコンピ『India Gets Physical』の監修を手掛けたTodh Teriのエディット集、夏の第5弾に続きまして早くも第6弾が到着。


http://www.wordandsound.de/article/117973 


『iDJ』誌にTodh氏のインタビューも掲載。


https://www.internationaldjmag.com/todh-teri.html


「パキスタンのカラチやスリランカのコロンボにも健全なエレクトロニック音楽のシーンがある」とのこと。


興味深いですね。ぜひご一読ください。

 

2019-12-19

リタ・ミツコの名曲「Andy」をフォラモアがリミックス




リタ・ミツコさんデビュー35周年の祝砲まだまだ続きます。新規ベスト、カタログ再発に続いてフランスの新進アクトFolamour(フォラモア)による名曲「Andy」のリミックスがEd Bangerからリリースに。


https://lesritamitsouko.lnk.to/AndyFolamourRmx








2019-12-18

Nicola Cruz @ Iguazú Falls for Cercle




Nicola Cruzがイグアスの滝でライヴ…


絶景ですがなぜここで…
 

2019-12-17

JACOB BELLENS - Swim Lesson




デンマークのシンガー/ソングライター、ヤコブ・ベレンスの新しい2曲入りシングル『Swim Lesson』がリリースとなっております。


https://hfn.lnk.to/hfnx007


意外なオートチューン使い。


「アルバムとは違うことにトライしたくて」とのこと。


Trail Of Intuition』に続く新作も制作途上のようです。


ご期待ください。
 

2019-12-16

【来日情報】 FERNANDO KABUSACKI JAPAN TOUR 2020




アルゼンチンのギター奏者フェルナンド・カブサッキが2年半ぶりに来日し各地をツアーで廻ります。


キング・クリムゾンのロバート・フリップやフィル・マンザネラとも活動を共にするアルゼンチン音楽界の至宝です。


セッションを中心に組み立てられたライヴは毎回のように新しい世界が生まれ驚きの連続です。一度たりとも同じステージはありません。


彼を迎える日本サイドの共演者の皆様も個性的なメンバーが勢ぞろい。豪華なラインナップとなっております。


1月なかばから2月なかばまでの間に20公演以上!今回もたくさんやります。お近くの会場へ、ぜひ足をお運びいただけましたらと!


1/17 (金) 大阪 鰻谷・CONPASS
Kabusacki & Y x Y x Y x Y x
フェルナンド・カブサッキ(guitar)
YoshimiO (Vo, synth & dr)
Yo2ro Tatekawa (dr)
Yoshitake EXPE (g)
YAMA (DJ)

19:00開場/19:30開演
前売り¥2500+1drink / 当日¥3000+1drink
問:06-6243-1666/mailticket@conpass.jp


1/18(土)京都 西木屋町・ミングル
「フェルナンド・カブサッキ ソロ公演」
フェルナンド・カブサッキ(guitar)
19:00開場/19:30開演
¥2000+1drink
問:minglekyoto@gmail.com


1/19 (日) 神戸 塩屋・旧グッゲンハイム邸
フェルナンド・カブサッキ(guitar)
カメイナホコ (keyboards)
稲田誠 (bass)
松尾哲治 (drums)
森本アリ(toys ,sampler)
HACO (voice ,electronics)

19:00開場/19:30開演
前売り¥2500 / 当日¥2800


1/20 (月)尾道・浄泉寺
フェルナンド・カブサッキ(guitar)
Yoshitake EXPE (g)

19:00開場/19:30開演
前売り¥2500 / 当日¥3000


1/21 (火)岡山・Padang Padang
フェルナンド・カブサッキ(guitar)
Yoshitake EXPE (g)

19:00開場/20:00開演
前売り¥3000 / 当日¥3500


1/22 (月)大阪 京町堀・CHOVE CHUVA
~フェルナンド・カブサッキ 山本精一
       ギター・デュオ LIVE~
フェルナンド・カブサッキ(guitar)山本精一 (g)

19:00開場/19:30開演
予約¥2500 / 当日¥3000
西区京町堀1-13-2 藤原ビル2F
問:06-6225-3003(ショヴィ・シュヴァ)


1月24日(金)
池袋 B-Gallery
カブサッキの奥様 Monica Peralta の個展のオープ二ングでのミニライブ 
フェルナンド・カブサッキ(guitar) 勝井祐二(violin) 18:00
東京都豊島区西池袋2-31-6 Tel 03-3989-8608


1月25日(土) TBA


1月26日(日)元住吉 POWERS 2
フェルナンド・カブサッキ(guitar)原田郁子(vo , key, etc) 角銅真じつ(perc , etc) 勝井祐二(violin)
開場 18:00 開演 19:00 前売り ¥3000 当日¥3500
川崎市中原区木月住吉町21-5 Tel 044-455-0007




1月28日(火)千駄木 バーイッシー 
フェルナンド・カブサッキ(guitar) 内橋和久(guitar)
開場 19:30 開演 20:00
投げ銭制(別途チャージ500円+1drink)
文京区千駄木3-36-11


1月29日(水)千駄木 バーイッシー 
フェルナンド・カブサッキ(guitar)勝井祐二(violin)
開場 19:30 開演 20:00
投げ銭制(別途チャージ500円+1drink)
文京区千駄木3-36-11


1月30日(木) 荻窪 Velvet Sun
フェルナンド・カブサッキ(guitar)芳垣安洋(drums)、高良久美子(vib,perc)、大友良英(guitar 2ndセットに出演)
料金3000円 開演 20:00


1月31日(金)2月1日(土)下北沢440 2Days
1月31日(金)
フェルナンド・カブサッキ(guitar)沼澤尚(drums) 鬼怒無月(guitar) 勝井祐二(violin)
2月1日(土)
フェルナンド・カブサッキ(guitar)中村弘二(guitar , electrinics) ermhoi (electronics, vocal)、勝井祐二(violin)
開場 19:00 開演 19:30 前売り¥3000 当日¥3500 (+1order)2Days 共通チケット¥5000
Tel 03-3422-9440(16:00~)



2月2日(日)取手 Atelier ju-tou
Takashi Numazawa presents "Sunday Evening Concert Series” vol.45
フェルナンド・カブサッキ(guitar) 沼澤尚(drums) 勝井祐二(violin) 内田直之(mix)+VJ TONTON
開場 15:15 開演 16:00
茨城県取手市井野1-7-10-1F
予約 4000円 当日 4500円 +1drink
info@ju-tou.jp Tel0297-72-1238



2月5日(水) 千駄木バーイッシー 
フェルナンド・カブサッキ(guitar)with TUMO 竹下勇馬(bass)+石原雄治(drums)
開場 19:30 開演 20:00
投げ銭制(別途チャージ500円+1drink)
文京区千駄木3-36-11



2月8日(土)甲府桜座
バッファロー・ドーター with フェルナンド・カブサッキ + Ei Nonaka + pan pot 5 o’clock
開場18:00 開演18:30
前売3800円 当日4300円 +1drink
Tel 090-6155-9628




2/10 (月)静岡・騒弦
~フェルナンド・カブサッキ 静岡公演~
フェルナンド・カブサッキ(guitar)
伊藤大樹 (gut guitar)
もよぽん (bass)
西村比呂行 (dr)

19:00開場/19:30開演
予約 ¥2500+1drink / 当日¥3000+1drink


2/11 (火)名古屋・TOKUZO
「フェルナンド・カブサッキ名古屋公演」
~フェルナンド・カブサッキ 山本精一
  ギターDUO ライヴ~
フェルナンド・カブサッキ(guitar)
山本精一 (g)

18:30開場/19:30開演
前売り¥2500 / 当日¥3000
問:052-733-3709(TOKUZO)


2/12 (水)本町・Amane
Acoustic guitar trio
フェルナンド・カブサッキ(guitar)
+ Shinkuro Matsuura (g)
and Fumihito Hatano (g)

18:00開場/19:00開演
入場料¥3000


2/13 (木)近江八幡・酒游舘
「フェルナンド・カブサッキSHIGA sessions」
フェルナンド・カブサッキ(guitar)
marron (g)
Yoshitake EXPE (g)

18:30開場/19:00開演
前売り¥3000 / 当日¥3500
問:0748-32-2054(酒游舘)


2/14 (金)難波・ベアーズ
カブサッキ & 山本精一
フェルナンド・カブサッキ(guitar)
山本精一 (g)

19:00開場/19:30開演
前売り¥2500 / 当日¥3000
問:06-6649-5564(ベアーズ)


2/15 (土)木屋町・UrBANGUILD
「フェルナンド・カブサッキ 京都公演」
~ KYOTO sessions ~
フェルナンド・カブサッキ(guitar)
山本精一 (g)
YoshimiO (Vo)
IEGUTI (syn.key)
宮田あずみ (contrabass)
渡辺智之 (dr)

18:30開場/19:00開演
前売り¥2500 +1drink / 当日¥3000+1drink






2019-12-15

【余談】 JOEY NEGRO'S 2019 ESSENTIALS



UKクラブ・シーンの生き証人ジョーイ・ネグロの2019年最新仕事をパッケージ化。タミコ・ジョーンズやダブル・エクスポージャーなどのクラシックスのリミックス、自身の懐かしいフロア・ヒットの新たなリミックス、未発表などなど全19曲。うち18曲がCD初収録。


https://zrecords.lnk.to/JN2019PS

2019-12-14

Pássaro - Pássaro encantado




バリオ・リンドとエル・ブオのレーベル「Shika Shika」からのニュー・リリース。


Voodoohopのクルーの一員でもあるYgor Marotta AKA VJ SUAVEと、バイーア在住のプロデューサーのBela Amado AKA Irû、さらにはサンパウロのベーシストTomás Xavierからなるトリオ=PássaroのデビューEPになります。


トロピカルでサイケデリック。緩やかながらも持続的なグルーヴがあり心地よく酔えます。


https://shikashika.bandcamp.com/album/p-ssaro-encantado


Shika Shikaは2019年、バリオ・リンドとエル・ブオという主宰のふたりに加えて、00年代エレクトロニカ期からのベテラン、アンディ・オットーのアルバム・リリースもありました。エル・ブオの指揮で現在企画が進行中の絶滅危惧種の鳥たちへのトリビュート・コンピ『A Guide to the Birds of South America』も次作はShika Shikaからのリリースになるとのこと。来年は他にもいくつかフル・アルバムの企画が控えているようです。2020年も引き続きShika Shikaレーベルにご注目いただけましたらと。

 

2019-12-06

Botanas: me​:​mo




バリオ・リンドとエル・ブオのレーベル「Shika Shika」がスタートした当時から続けてきた「Botanas」のシリーズに初めての中国人プロデューサーが登場。


2000年代の初頭から北京で活動しているme:mo AKA Zhai Ruixinによる新曲2トラック。


これはいいですね。


かつてスパイラルがやっていたFarloveレーベルとか、あるいはPublic Possessionのコンピ『Chill Pill』あたりにも通じるものが。


バリオ・リンドは2019年のツアーでCalmさんともステージを共にしました。


そのときのチル・セットも素晴らしいものでした。


レーベルもバリオ・リンド自身も、また少しずつ新しい表情が見え隠れ…


2020年も期待したいです。
 

2019-12-05

【リリース情報】 MIM SULEIMAN: Si Bure




レッド・ツェッペリンのロバート・プラントやデーモン・アルバーンともコラボするなどジャンルの垣根を越え世界中の音楽ファンを魅了してきたタンザニアのシンガー、ミム・スレイマンの最新アルバム。


スワヒリ語やフラニ語のヒプノティックな響きとモダンなダンス・ビート、シンセやエレクトロニクスをミックスして唯一無二の世界を創り出す「現代のママ・アフリカ」、その魅力のすべてが炸裂したキャリア史上最高傑作!


ミム・スレイマン/シ・ブレ

MIM SULEIMAN: Si Bure
Running Back / Bubble Tease Communications (RTMCD-1425)

1. Shukuru Intro
2. Aruka
3. Shukuru Part 2
4. Usiogope
5. Na Mia
6. Uutu
7. Shukuru Part 3
8. Kuemenora
9. Haki
10. Ama Kweli
11. Shukuru Part 4
12. Were
13. Patosha
14. Shukuru

2019-12-04

【リリース情報】 ARANDEL: InBach




テリー・ライリーのトリビュート企画で浮上したフランス人アーティスト、ARANDELが今度はバッハを電化リメイク。


パリの音楽博物館に眠る秘蔵ヴィンテージ楽器を使い倒しながらウェンディ・カルロスも真っ青な大胆再解釈で18世紀とチャネリング。


フランチェスコ・トリスターノでおなじみのInFinéレーベルからの最新リリース。


ARANDEL: InBach
InFiné / Wordandsound (RTMCD1424)

1 ‘All Men Must Die’
2 ‘Prelude No. 2 in C Minor’ (based on Prelude and Fugue in C Minor, BWV 847) Feat. Petra Haden
3 ‘Bodyline’ (based on Canon super Fa Mi, BWV 1078) Feat. Ben Shemie
4 ‘Passacaglia’ (based on Passacaglia in C minor, BWV 582)
5 ‘Invention 2’
6 ‘Bluette’ (based on Ich Ruf Zu Dir, Herr Jesus Christ, BWV 639) Feat. Barbara Carlotti
7 ‘Aux Vaisseaux’ (based on 14 Canons On the Goldberg Ground, BWV 1087) feat. Emmanuelle Parrenin
8 ‘Hysope’ (based on Erbarm’ Dich Main, O Herre Gott, BWV 721)
9 ‘Crab Canon’ (based on Musikalisches Opfer, Canon à 2 Cancrizans, BWV 1079)
10 ‘Homage to J.S. Bach’
11 ‘Sonatina’ (based on Gottes Zeit ist die allerbeste Zeit Actus Tragicus, Sonatina, BWV 106) Feat. Vanessa Wagner & Wilhem Latchoumia
12 ‘Invention 4’
13 ‘Ces Mains-Là’ (based on Adagio, BWV 564) Feat. Areski
14 ‘Conclusio’ (based on Adagio BWV 564)

2019-12-02

【リリース情報】 TASE: Tase




R&S/ApolloやHonest Jon'sなどにも作品を残している独ベルリン拠点のエレクトロニック・プロデューサー、Sven Rieger a.k.a. SVNがTase名義で残したレアな初期音源が、GrandbrothersやBrainwaltzeraなどで知られるドイツの新興レーベル「FILM」から蔵出し。


無機質だけれどもアナログでウォームなエクスペリメンタル・テクノを満載。


TASE: Tase
FILM / Wordandsound (RTMCD-1423)

1 silence
2 new light
3 paradise
4 new jacket
5 the dog
6 skateboard
7 slide
8 assistent