2020-12-05

【リリース情報】 PIGMY: Manifestación

 


2000年代に日本でも人気を博したスペインのギターポップ・バンド<Carrots>のメンバーのVicente Maciáがソロ・プロジェクト<Pigmy>をひっさげカムバック!


イギリスのヴィンテージ・サイケやスペイン特有のトラッド~地中海マナーをミックス、米英のインディロックとは趣を異にしたフレッシュな出音を満載した好盤です!


ピグミー/マニフェスタシオン

PIGMY: Manifestación
Guerssen (RTMCD-1467)

1. Ut Queant Laxis 
2. Almendros En Flor
3. Manifestación
4. El Hombre Menguante
5. Incienso y Bengala
6. Ana 
7. Lo Sagrado En Lo Profano
8. Mi Canción
9. Lachrimae Pavan 
10. Déjame Entrar 
11. Septiembre





◆ 多くの良質なギターポップ・バンドを輩出してきたスペインはバルセロナのインディ・シーン、そのパイオニアとして2000年代にカルト的な人気を博したバンド、Carrotsのシンガー/ソングライター/ギタリストであるVicente Maciáによるソロ・プロジェクト=Pigmy。


◆ その3枚目のスタジオ・アルバム『Manifestación』が完成。


◆ 起伏に富んだドラマティックなバロック・ポップのタイトル・ナンバーM③「Manifestación」、Elkaオルガンのヴィンテージな音色が印象的なM⑧「Mi Canción」ほか、60年代から70年代にかけてのイギリスのサイケデリック・サウンドやクラシカルなエレメント、スペイン特有のトラッド~地中海マナーをミックス、米英のインディロックとは趣を異にしたフレッシュな音世界を作り上げております。国や時代の感覚を揺さぶるユニークな好盤です。


◆ 数々のレア盤ディグを成し遂げてきたスペインの再発レーベル「Guerssen」からのリリース。