2019-07-24

【リリース情報】 Public Possession Chill Pill




ドイツの新進エレクトロニック・レーベル「パブリック・ポセッション」による次世代チルアウト/イージー・リスニングのご提案。


AKSK(アダ・カレ&スザンヌ・クラフト)、トルネード・ウォレス、モザイカ、スイ・チェン、ベル・タワーズ、アンドラスやブリオンらが珠玉のエクスクルーシヴを提供。


アンビエント、エレクトロニカ、環境音楽、ジャズやベッドルーム・ポップの隙間にひたすらヌルくて心地よいリラクゼーション・サウンドを垂れ流し!


V.A.: Public Possession Chill Pill
Public Possession / Wordandsound (RTMCD-1401)

1) RIP Swirl ? Spring Break
2) Tornado Wallace ? Mermaid Beach
3) AKSK ? Special Times and Places
4) Mozaika ? Aloha
5) DJ Cat ? Story 3 (Long Version)
6) Sui Zhen ? Diane
7) Obalski ? Britney
8) Fazer ? Khanda
9) Nice Girl ? Sugar
10) P.O.P. ? Eivissa
11) Aksel & Aino ? Brian By The Sea
12) Bell Towers ? See You At Sandy’s
13) Andras ? Celestine
14) Bullion - Heartrunner




◆ スタイル的な振れ幅は広く、しかしながら揺るぎない一貫した審美眼に基づく個性的なシングルを連続して世界中の早耳リスナーたちを魅了してきたドイツはミュンヘンのショップ&レーベル=パブリック・ポセッションによる待望のCDリリースが完成。


◆ タイトルは「チル・ピル」。その名の通り、パブリック・ポセッション流の新しいチルアウト/イージー・リスニングを打ち出した画期的なコンピレーション。


◆ AKSK(アダ・カレ&スザンヌ・クラフト)、トルネード・ウォレス(アコースティックなメロウ・ダブ)、モザイカ(ノスタルジックなアロハ・ブレイクス?)、スイ・チェン、ベル・タワーズ(「La Isla Bonita」のロボ声オマージュ悶絶っす)、アンドラスやブリオンらが珠玉のエクスクルーシヴを提供。


◆ アンビエント、エレクトロニカ、環境音楽、シンセ、フォーキィ、ダブ、ジャズやベッドルーム・ポップの隙間にひたすらヌルくて心地よいリラクゼーション・サウンドを垂れ流し!


◆ この距離感!湯加減!曖昧さとユルさ!まさにいまが旬の音を満載。




★ 『Higher Frequency』で
⇒ https://higher-frequency.com/news/public-possession-chill-pill

★ 『Resident Advisor』にインタビューが
⇒ https://www.residentadvisor.net/news/44119

★ 『Test Pressing』に
⇒ http://testpressing.org/2019/08/va-chill-pill-public-possession/