2020-04-02

【リリース情報】 LES LAMES DU VENT: Déjeuner sur l’herbe




ジュネーヴ民族学博物館の世界音楽アーカイヴ・シリーズでもおなじみのスイスの老舗レーベル「VDE Gallo」からの新録新作。


オルケストル・トゥ・ピュイサン・マルセル・デュシャンなどでも活躍するスイス人パーカッション奏者のアイーダ・ディオップとジャズ・ミュージシャンのジョエル・ムジーのデュオ・ユニットによるコラボ・アルバム。


マリンバとサックスのみのシンプルな編成ながらもオーガニックで涼し気で、奥行きのあるカラフルな音世界を構築しております。


レ・ラム・デュ・ヴァン/デジュネ・シュール・エルブ

LES LAMES DU VENT: Déjeuner sur l’herbe
VDE-Gallo / ritmo calentito (RTMCD-1433)

1. Srpska Igra
2. Déjeuner sur l’herbe
3. The Tambourine Man
4. La danse des Mocassins
5. Barge 3.6.11.17h
6. Rain Forest
7. Pieces of wood
8. Le dos du do
9. Zinoudenuit
10. Nature Boy




◆ Aïda DiopとJoël Musyのふたりによるデュオ・プロジェクト=LES LAMES DU VENT(レ・ラム・デュ・ヴァン)がアルバム・デビュー。


◆ Aïda Diopはスイスを代表するインディ/トロピカル・バンドのひとつ、Orchestre Tout Puissant Marcel Duchamp(オルケストル・トゥ・ピュイサン・マルセル・デュシャン)のメンバーとしても活動しているパーカッション奏者。本プロジェクトではマリンバを担当。Joël Musyは90年代からジャズを中心にさまざまなプロジェクトに名を連ねてきたベテランのサックス奏者。


◆ ローカル・シーンで長く活躍してきた実力派ミュージシャンふたりが手を組み、No Formatレーベルあたりにも通じそうな、ジャズ、ポスト・クラシカルや世界音楽の垣根を越えた新たなチャレンジをスタート。


◆ M⑩「Nature Boy」はナット・キング・コールのバージョンでもおなじみのクラシックス。マリンバとサックスのみのシンプルな編成ながらもオーガニックで涼し気で、奥行きのあるカラフルな音世界を作り上げております。


◆ 発売元のVDE Galloはジュネーヴ民族学博物館のアーカイヴ・シリーズでもおなじみ、世界音楽愛好家の間ではオコラやフォークウェイズと並び支持を集める老舗レーベルです。


https://vdegallo.com/fr/produit/dejeuner-sur-lherbe-les-lames-du-vent-joel-musy/