2021-01-18

【リリース情報】 NITZER EBB: Basic Pain Procedure

 


DJヘルやリッチー・ホウティン、デリック・メイなど、テクノ以降の世代からもリスペクトされるイギリスのEBMレジェンド<ニッツァー・エブ>がミュートからのデビュー前に残していたで初期のデモとライヴ音源をカップリングした企画盤。


ニッツァー・エブ/ベーシック・ペイン・プロセデュア

NITZER EBB: Basic Pain Procedure
Pylon Records / Wordandsound (RTMCD-1470)

1 Faded Smiles
2 Tradition 
3 The Home
4 Star
5 The Passage
6 The Book
7 Crane
8 Trust Ran In Colours
9 Tradition
10 The Home
11 Star
12 The Book
13 Crane
14 Violent Playground
15 A Whiter Shade Of Pale
16 Smear Body 


◆ レコード会社への売り込みのために作られたデモテープをもとにした1983年の自主リリース作。オリジナル発売時はカセットテープのみ。


◆ M⑨以降はライヴ・テイク。1st後に脱退したデヴィッド・グッデイを含むオリジナル・ラインナップでのライヴを追体験できる唯一の機会。


◆ 「A Whiter Shade of Pale」(青い影)はプロコル・ハルム名曲のカバー。プロコル・ハルムはニッツァー・エブの出身地であるイギリスのエセックスの先輩にあたる。


◆ 電化したポストパンク・サウンドの端々に後のニッツァー・エブ・マナーの片りんが。シンプルなセットが醸し出すDIYムードが逆に今こそフィット。


◆ 再発マスタリングは西海岸ハウスの名士ピーター・ブラック。ピーターが主宰するパイロン・レコードからのリイッシュー。